Foovoセレクト

大平シェフのベジ料理・通販「366vivi」を食べてみた正直な感想【口コミ・評判】

 

野菜をたっぷり使っているのに、美味しくて満足できる!という

口コミが気になって、366viviを試してみました。

Foovo あゆみ
Foovo あゆみ

野菜たっぷりで低カロリーなのに美味しいってホント?

 

実際に食べてみたら、予想外においしかったです。

366vivi、実は動物性食品を一切使っていないヴィーガン対応レトルトです。

でも、ヴィーガンでない私も満足できる、レトルトとは思えないレトルト食品でした。

先に366vivi公式サイトを見てみる

366viviを食べてみた感想【予想を裏切られる】

出典:366vivi

結論からお伝えすると、

・レトルトだとは思えない!

・予想以上においしくてびっくりした

・野菜ベースだとは思えない

 

スーパーで買うレトルトパスタやカレーとは

ちょっと違うのですよね。

 

ソース主体なのですが、

食後に満足感はしっかりあるし、

適度な食感もあり、

肉無しで作っているとは信じがたい出来でした。

 

低カロリーなのに、腹持ちよいのにも驚き。

ヴィーガン=お腹すくというイメージが勝手にありましたが

全然そんなことはありませんでした。

366vivi|届いたものは

注文して2日くらいで366viviが届きました。

私が買ったのは【初回限定5点セット

4980円とやや高いですが(1食996円なので)、試してみる価値はありですよ。

 

作ってみた料理も、公式サイトにある写真のとおり。

出典:366vivi

食べてみたら、ベジタリアンなのにヘルシーでこんなに美味しいのか?

と、ほんとにびっくりしました。

5点セットには、

  • カレー2つ
  • パスタ3つ

が入っています。

 

味は次のとおり。

●マッシュルームキーマカレー
●ココナッツミルクカレー
●根菜のボロネーゼソース
●4種類のキノコのペペロンチーノ
●キャベツのカルボナーラ風

 

カロリーも1食100~200kcalくらいでダイエットしている方にも嬉しいです。

マッシュルームキーマカレー

肉無しだとは思えない仕上がり。

この1食分に玉ねぎが2個も使われているんですよ。おいしいわけです。

カロリーは131kcal。

 

ココナッツミルクカレー

適度な辛味でリピートしたくなりました。

 

根菜のボロネーゼソース

7種の野菜で作ったトマトソース。

120gのうち野菜が60g含まれています。

 

366vivi|ちょっと高いけど、間違いなくおいしい

366viviはベジタブル料理の大平哲雄シェフが作られたものなのですよね。

大平哲雄シェフ 出典:366vivi

「ベジタリアン料理は体にいいけど味気ない」というイメージを払拭した、

ヘルシーなのに、しっかりおいしい」がコンセプトとなっています。

 

ヴィーガン料理は、コンセプトを強調されがちで、

「一部の人のための料理」という側面がありませんか?

そこで、366viviはヴィーガンでない一般の人も楽しめる商品として開発されました。

 

私は食べる前、

物足りなさそう…

満腹にならなそう…

Foovo あゆみ
Foovo あゆみ

と思っていました。

 

しかし食べてみたら、

野菜だけで作られているとは信じがたい味

 

たまには動物性原料を一切使用していない料理で

体をデトックスさせてあげるのもいいなと思いました。

(肉好きなので肉はやめられません)。

 

366viviはやや高めですが、

大平シェフが産地へ行き、おいしさを確かめた野菜だけを使用しています。

 

手間ひまをかけた分が価格に上乗せされているわけですが、

この美味しさなら納得ですし、保存食として常備しておくのにもぴったりです。

366vivi公式サイト

366vivi|食べた人の口コミまとめ

出典:366vivi

良い口コミ

レトルトでベジタリアン対応とは思えない

賞味期限が長い

・夜遅くに食べても胃もたれが軽い

・大平シェフの味を自宅で手軽に食べられる

・(ココナッツミルク)ナンプラーなしなのに謎のオリエンタルテイスト

・肉なしなのにコクがある

肉好きをも満足させる充実した美味しさ

 

 

悪い口コミ

・塩味がやや強い

・食べ応えは物足りない

 

 リリースされてまだ間もないせいか、悪い口コミはほとんどありませんでした。

悪い口コミにある「塩味」は私は感じませんでした。

良い口コミの最後にある、

肉好きをも満足させる充実した美味しさ」には同感です。

 

ヴィーガンの人にとっては、作る手間がかからず、

大平シェフの味を自宅で楽しめるのがメリットでしょうか?

 

地味なポイントとして賞味期限が長いのもいいですね。

箱から出してパウチだけで保存しておけば、かさばりません。

366vivi|ヴィーガンでない方にこそおすすめ

出典:366vivi

366viviを食べてみて、

ヴィーガンでない人にこそおすすめしたい

と思いました。

 

Foovo あゆみ
Foovo あゆみ

366viviの公式サイトからも、

ヴィーガンでない人をメインターゲットにしていることがうかがえます。

 

ヴィーガン料理は、体への負担が少なく、おいしいだけでなく、

食べた後の重さがありません。

 

ですので、

人間ドッグで要注意が出始めた方や、

ダイエットしたい方にも幅広くおすすめできます。

 

私のように、日頃から肉料理を好む方には特に感動が大きいと思います。

今すぐ366viviで健康な食生活を始めてみる

366viviは高い?長期的には高くない理由

出典:366vivi

366viviはレトルト1食分が1000円するので、決して安くはありません。

スーパーで入手できるカレーレトルトは300~400円くらいであることを考えると、

価格は約2倍

でも、長い目でみれば、

野菜をたっぷり摂ることができる366viviのデトックス効果により、健康増進を期待できます。

 

動物肉中心や偏った食生活の人は、

週に2回、月に8回からベジデトックスをお試ししてみてもいいと思います。

 

1ヶ月で約8000円になりますが、外食費も減るのでほぼトントンですし、

より健康な食生活に簡単にシフトできます。

 

偏った食生活で病気になり、医療費がかかる潜在リスクを考えれば、あまり高くないですよね。

366viviで簡単ベジライフを始めてみよう

注文は簡単です。

公式サイトへアクセスし、「メニュー」をクリックします。

商品一覧のページに移動しますので、「5食セット」「10食セット」や「単品」を注文します。

わたしのおすすめは5食セット

Foovo あゆみ
Foovo あゆみ

すべての味をお試しできるのでおすすめです。

今すぐ366viviで健康な食生活を始めてみる

 

野菜愛を感じるパッケージも気に入りました。

 

こちらの記事もおすすめ

 

関連記事

  1. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  2. 酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600…
  3. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…
  4. 【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社
  5. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  6. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  7. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  8. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…

おすすめ記事

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foodsが約13億円を調達

微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するソーラーフーズ(Solar Foo…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円を調達、2022年に商品の販売へ

菌糸体からブロック肉を開発する米Meati Foodsが、シリーズBで5000万…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP