【自販機3.0】世界の次世代自販機・最前線レポート2021

 

新型コロナウイルスの感染拡大による非接触、非対面のニーズの高まり、ロックダウンによるレストラン閉鎖により、海外では新しい自動販売機が活躍しています。

日本に普及する自販機の約6割は清涼飲料水、牛乳、コーヒー、酒類などです。

一方、海外では、ただ物やドリンクを売る自販機ではなく、ユーザーが味やトッピングをカスタマイズできるタイプや、レストラン機能も備えた新しい自販機が登場しています。

これらのほとんどがこの数年以内に設立されたスタートアップ企業であり、コロナ禍で売上を伸ばしているものから、コロナが逆風になり操業停止に追い込まれた自販機などさまざまです。

本レポートでは、海外の自販機市場を取り巻く状況について、企業別の事例を紹介することに焦点をあてました。

感染が拡大するなか、次世代自販機プレーヤーがどのように戦略を立案し、ビジネスモデルを変更しているのか

新事業参入にあたっては、市場動向の分析ももちろん大切ですが、現在進行中の企業事例にこそヒントがあると考えました。

本レポートは、海外スタートアップの最新事例を知り、日本企業がwithコロナ社会において今後の戦略を考える上で、是非知っておきたい必読レポートです。

本レポートのポイント

新興市場である次世代自販機市場(自販機3.0)における、海外スタートアップ企業の取り組みを紹介します。

本レポートの概要

  • 調査目的:本レポートは、海外における次世代自動販売機に取り組むスタートアップ企業を調査することで、日本企業が海外で新興している自販機トレンドを把握し、新規ビジネスチャンスを逃さないように情報提供することを目的としております。
  • 調査対象商品:次世代自動販売機

※飲料、食品を販売する従来の自動販売機ではなく、書籍『フードテック革命』で「自販機3.0」や「移動型レストラン」と称された、

これまでと違う新しい自販機(本レポートでは次世代自販機と呼んでおります)特化して調査しました。

 

  • 調査対象先:海外企業25社
  • 調査方法:公式サイト、海外メディア記事、メールによる直接取材
  • 調査期間:2021年1月~2021年5月

本レポートをご購入するメリット

●国内にはない海外の次世代自販機に関する最新情報を入手できる

●自販機事業で他社と差別化できる

自販機に参入していない企業が自販機×新事業で他社と差別化できる

●大企業だけでなく中小企業、飲食店経営者にとって新業態の参考となる

 

現在、次世代自販機に関する情報は国内にはほぼありません。

Foovoではメディア立ち上げ直後から、次世代自販機がwithコロナ社会において新たなビジネスチャンスとなると見込み、独自に調査を開始しました。

その結果、海外と日本では自販機に対する取り組みに大きな開きがあることに気づきました。

本レポートには、これまでの常識を裏切る自販機が登場します。

このなかには、コロナウイルスで操業停止を余儀なくされた企業もあれば、コロナウイルスが猛威をふるう中登場し、成功している自販機などさまざまです。

つまり、海外で現在進行中で起きている、新興市場の成功事例、失敗事例を知ることができます。

本レポートをお読みになれば、できたものをただ販売する形態はすでに時代遅れであり、食品、ドリンクを自分の好みにカスタマイズしたり、ロボットと組み合わせたり、デリバリーなど追加サービスを拡充したり、あるいは、これまでは考えられなかった商品でも自販機ビジネスを展開できることがわかります。

ほとんどがブランド力のないスタートアップの事例を取り上げておりますので、無名の企業がどのように市場に参入していくのか、マーケティング戦略の参考になるはずです。

大企業が参考にすれば、すでに構築している販売網やマーケティング力で新規ビジネスを早期に立ち上げることも可能になるでしょう。

注目すべきは、海外ではコロナウイルスの感染拡大に伴い、これらの新しい自販機ビジネスの立ち上がりが加速していることです。

この流れは日本にも決して無関係ではありません。

本レポートで取り上げる企業

  • Alberts(ベルギー)
  • API Tech(フランス)
  • Basil Street(アメリカ)
  • Blendid(アメリカ)
  • Bobacino(アメリカ)
  • Costa Coffee BaristaBot(アメリカ)
  • Byte Foods(アメリカ)
  • CafeX(アメリカ)
  • Chowbotics(アメリカ)
  • Farmer’s Fridge(アメリカ)
  • Fresh Bowl(アメリカ)
  • FRESHSTORE(韓国)
  • Le Bread Xpress(アメリカ)
  • Le Casier Francais(フランス)
  • Macco Robotics(スペイン)
  • Numilk Kiosk(アメリカ)
  • Nutrimeals(カナダ)
  • PanPacific International(アメリカ)
  • Piestro(アメリカ)
  • PizzaForno(カナダ)
  • Reis&IRVY’s(アメリカ)
  • The Milk Churn(イギリス)
  • TrueBird(アメリカ)
  • VEAT(スウェーデン)
  • Yo-Kai Express(アメリカ)

アルファベット順に掲載しております。

定期的にアップデートする予定です。購入された方には、アップデートの度に更新版をご提供いたします。

本レポートの価格

  • 定価 150,000円(税込)
  • 体裁 A4/100ぺージ

本レポートはPDFでのご提供となります。印刷可能です。

本レポートはコーポレート版で、企業内で共有いただけます

本レポートの購入特典(残り3社)

本レポートをご覧になり、特定の企業事例について追加で知りたいことがありましたら、無料で追加調査を実施します。

条件

  • 先着5社様まで
  • 追加調査できる対象企業は2社まで
  • 質問は4つまで箇条書きでお書きください。
  • こちらで英語に翻訳し、該当企業に問い合わせます。
  • 返信は100%保証できるものではありません。
  • 10日以内に回答が得られた場合は、回答内容をご連絡いたします。
  • 10日以内に企業から回答を得られない場合は、インターネット上で追加調査し、回答させていただきます(情報を入手できない可能性もあります。あらかじめご了承ください)。

 

本レポートのご注文について

支払方法は、銀行振込またはクレジットカードによる決済とさせていただきます。

銀行振り込みの場合は入金を確認後、クレジットカードの場合は決済完了後にPDFをご提供いたします。

本レポートのお申込みはこちらから

下記フォームにご記入のうえ、お申込みをお願いいたします。

3日以内にメールで決済方法をご連絡いたします。

【注意】

 フォームから送信直後、登録いただいたメールアドレスに確認メールが届きますが、このメールへは返信できません

 決済方法は、3日以内に改めてご連絡いたします

 

    PAGE TOP