「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホールカットのタラを発表した。既に製品化している海藻を用いたカツやバーガーはアイルランドの50か所で販売されている。IndieBioで代替…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タンパク質の生産に成功

小麦胚芽由来の低コスト成長因子を開発する名大発スタートアップNUProteinの挑戦

動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が開発

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の試運転をスタート

培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段階にはいる

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛、豚、魚などの細胞を動物の体の外で培養して開発された、本物と同じ肉のことをいう。【重要】2022年3…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

おすすめ記事

  1. 世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発
  2. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に
  3. Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携
  4. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表
  5. 精密発酵で母乳タンパク質を開発するHelainaがシリーズAで約22億円を調達
  6. 培養ウナギ肉の開発に取り組む北里大学・池田大介准教授にインタビュー

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP