米Apeel Sciencesがアボカドの熟度を即座に把握する新たなスキャンサービスを開始

野菜や果物の鮮度を延長する植物スプレーを開発した米Apeel Sciencesは昨年、アボカドを傷つけることなくアボカドの熟度を即座に判断できる新しいソリューションを発表した。高度な画像処理技術と機械学習を組み合…

モサミート、牛脂肪細胞を培養する無血清培地に関する論文を発表

細胞農業(細胞培養・精密発酵)で代替母乳を開発するスタートアップ企業9社

Kikka Sushiが米ホールフーズで植物性のビーガン寿司を発売

AIエンジンで代替タンパク質を開発するThe Live Green Coが精密発酵に参入

Evigence Sensorsが約23億円を調達、食品鮮度をリアルタイムに測定するセンサーシールの商用化を拡大

英Multus Biotechnologyが約12億円を調達、増殖培地工場の建設へ

GOOD Meatが培養肉生産に無血清培地を使用する認可をシンガポール当局から取得

イスラエルの精密発酵企業Remilk、アメリカで上市を実現

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

Steakholder FoodsとUmami Meatsが培養シーフード製品開発のための助成金を獲得

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社を紹介する。代替魚は2つのカテゴリーに分類される。●魚の細胞を増殖させる「培養肉」…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年4月に稼働を開始

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

分子農業(Molecular Farming)とは、植物を「バイオリアクター」「ミニ工場」とし、植物に遺伝子を導入して効率的に目的のタンパク質など物質を生産する手法をいう。培養肉では細胞の分化、増殖を促進する成長…

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

おすすめ記事

  1. MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩「MicroSalt®」を開発
  2. 植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約155億円を調達
  3. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン
  4. イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUST Eggで高級鶏卵と同等価格を実現
  5. 米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発
  6. Motif FoodworksがSolar Biotechとの提携を拡大、精密発酵タンパク質の「AWS」が加速

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営会社(Foovo佐藤あゆみ)▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP