農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達

サンフランシスコを拠点として農業用ソフトを開発するArableが、シリーズBラウンドで2000万ドル(約20億円)を調達した。2014年に設立された同社は、天候、温度、湿度といった農作物の収穫・品質に影響を与えるデータを収集し、農家…

穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資金調達

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

Apeelが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉でアジア進出を加速

インポッシブルフーズが開発中の代替ミルクを発表、2021年に研究チーム倍増へ

Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を発表

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功した。Twitterの共同創業者であるビズ・ストーンのフューチャー・ポジティブ、ベンチャーキャピタルのゼネラル・カタリスト主導の資金調達ラウンドで約89…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  2. Apeelが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援
  3. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も
  4. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速
  5. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

運営者情報

最新記事

アーカイブ

PAGE TOP