代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は肉より魚を食べる国民だし、もともと大豆料理が多いんだから、代替肉はいらないと思う。 日本人はそもそも代替肉を必要としていないでしょ?…

ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの小型3Dプリンターを開発

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフリーな「骨付きラムチョップ」の開発も視野に

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、InnerTomatoは攻撃により発光する。出典:InnerPlant)カリフォルニアのInnerPlantは、植物…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億円を調達
  2. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ
  3. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始
  4. 植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約5億円の資金調達に成功
  5. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表
  6. 未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

PAGE TOP