3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9000万円を調達

3Dプリンターで植物性サーモンを開発するRevo Foodsが150万ユーロ(約1億9000万円)を調達した。これは同社にとって初の資金調達となる。Revo Foodsはオーストリアのスタートアップ企業。…

世界初!イート・ジャストが培養肉料理のデリバリーをシンガポールで開始

DouxMatokが砂糖の使用量を半分に減らしたIncredo Spreadsの販売を開始

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat Just)がシンガポールで培養肉の販売承認を取得●これは世界で初めて販売承認を取得した培養肉●シンガポールのレストランでチ…

Impact Snacksが世界初のカーボンポジティブな植物性スナックバーを開発、包装材料も分解可能

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社

この記事では、代替タンパク質の開発に取り組む企業を、原料別にまとめている。代替タンパク質に取り組む企業すべてをとりあげていないが、現在の代替タンパク質開発において、✅どんな材料が使われていて…

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2021…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020…

ピックアップ記事

注目記事

おすすめ記事

  1. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル導入で提携
  2. 蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達
  3. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始
  4. 料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue
  5. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功
  6. シンガポールのSophie’s Bionutrientsは微細藻類を原料にした代替パテ肉を発表

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

PAGE TOP