自動殺菌機能付きウォーターボトルのLARQが約10億円を資金調達

スポンサーリンク

自動殺菌機能付きウォーターボトルを製造するLARQは、シリーズAラウンドで1000万ドル(約10億円)を調達したことを発表した。

ラウンドはベンチャーキャピタルのSeventureが主導、DCMも参加した。

LARQは今回調達した資金を、海外展開と新商品展開に使う予定。

LARQは2018年に設立されたスタートアップ。世界の誰もがきれいな水にアクセスできて、使い捨てのプラスチック製品を減らすのが同社の理念だ。

LARQの自動殺菌機能付きウォーターボトルには次の特徴がある。

  • UV-Cライトを内蔵
  • ボタンを押すとライトが60秒点灯
  • 60秒間で99.9999%の細菌やウイルスを除去できる
  • 内側には光学薄膜が施され、光を最大限に反射できる
  • UVライトには水銀は含まれない

キャンプやハイキングで川の水を簡単に洗浄できるほか、コロナウイルスの感染防止にも役立つことは間違いない。

1本95ドル(約1万円)という価格にも関わらず、2019年だけで7万5000本販売されている。

クラウドファンディングでは目標額の13倍以上を達成

LARQは2020年9月に家庭・オフィスで使えるLAQR ピッチャーのクラウドファンディングを開始した。

出典:LARQ

このピッチャーは、UVライトに加えて、植物由来のカーボンフィルターを搭載している。ほかのウォーターピッチャーよりもプラスチックの使用量を75%減らしているのが特徴だ。

出典:LARQ

50000ドル(約528万円)の目標に対して、すでに13倍以上の7264万円を集めている。

 

海洋プラスチック問題解決を目指すLARQ

LARQは100万本のペットボトルを海から除去すためにPlastic Bankとパートナーシップを締結している。

ペットボトルの使用をやめてLARQのボトルに切り替えると、1年間で1460本のペットボトルが海に廃棄されずにすむという。

LARQのボトルはアメリカのノードストローム(全米の大型百貨店)、ブルーミングデールズ(全米の百貨店)などで販売されるほか、オンラインでも購入可能だ。

海洋プラスチック問題に加え、コロナウイルスのパンデミックにより使い捨て商品が増加する中、LARQのボトルとピッチャーは、非常にタイムリーに登場したといえる。

 

 

参考記事:

LARQ Raises $10M for its UV-Light, Germ-Killing Re-Useabale Water Vessels

Larq secures $10m in Series A funding round

A million-bottle start with Plastic Bank

スポンサーリンク

おすすめ記事

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートとのコラボが始まった。…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP