自動殺菌機能付きウォーターボトルのLARQが約10億円を資金調達

自動殺菌機能付きウォーターボトルを製造するLARQは、シリーズAラウンドで1000万ドル(約10億円)を調達したことを発表した。

ラウンドはベンチャーキャピタルのSeventureが主導、DCMも参加した。

LARQは今回調達した資金を、海外展開と新商品展開に使う予定。

LARQは2018年に設立されたスタートアップ。世界の誰もがきれいな水にアクセスできて、使い捨てのプラスチック製品を減らすのが同社の理念だ。

LARQの自動殺菌機能付きウォーターボトルには次の特徴がある。

  • UV-Cライトを内蔵
  • ボタンを押すとライトが60秒点灯
  • 60秒間で99.9999%の細菌やウイルスを除去できる
  • 内側には光学薄膜が施され、光を最大限に反射できる
  • UVライトには水銀は含まれない

キャンプやハイキングで川の水を簡単に洗浄できるほか、コロナウイルスの感染防止にも役立つことは間違いない。

1本95ドル(約1万円)という価格にも関わらず、2019年だけで7万5000本販売されている。

クラウドファンディングでは目標額の13倍以上を達成

LARQは2020年9月に家庭・オフィスで使えるLAQR ピッチャーのクラウドファンディングを開始した。

出典:LARQ

このピッチャーは、UVライトに加えて、植物由来のカーボンフィルターを搭載している。ほかのウォーターピッチャーよりもプラスチックの使用量を75%減らしているのが特徴だ。

出典:LARQ

50000ドル(約528万円)の目標に対して、すでに13倍以上の7264万円を集めている。

 

海洋プラスチック問題解決を目指すLARQ

LARQは100万本のペットボトルを海から除去すためにPlastic Bankとパートナーシップを締結している。

ペットボトルの使用をやめてLARQのボトルに切り替えると、1年間で1460本のペットボトルが海に廃棄されずにすむという。

LARQのボトルはアメリカのノードストローム(全米の大型百貨店)、ブルーミングデールズ(全米の百貨店)などで販売されるほか、オンラインでも購入可能だ。

海洋プラスチック問題に加え、コロナウイルスのパンデミックにより使い捨て商品が増加する中、LARQのボトルとピッチャーは、非常にタイムリーに登場したといえる。

 

 

参考記事:

LARQ Raises $10M for its UV-Light, Germ-Killing Re-Useabale Water Vessels

Larq secures $10m in Series A funding round

A million-bottle start with Plastic Bank

関連記事

  1. おいしい水分補給の実現を目指すCirkulが約32億円を調達

おすすめ記事

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会議から助成金を獲得

菌糸体を使って代替肉を開発するドイツ企業Mushlabsは先月、スタートアップの…

牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022…

酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Food Group

イギリスを拠点とするClean Food Groupは、パーム油に代わる酵母由来…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP