代替プロテイン

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

代替プロテインに取り組む起業家を支援するための新しいファンドが登場した。

Wild EarthのCEOライアン・ベザンコート、元Finless FoodsのMariliis Holmは、サステイナブル・フード・ベンチャー(Sustainable Food Ventures:SFV)を立ち上げたことを発表した。SFVはAngelList初のRolling fund(ローリングファンド)で、細胞由来、植物由来、遺伝子組み換えなどの分野に取り組む企業を支援する。

ローリングファンド(Rolling Funds)とは、AngelListがはじめた新しい仕組みで、一括投資ではなく、四半期ごとに投資するサブスクリプション型のファンド。投資家に柔軟性をもたせる仕組みになっており、1万ドル(約10万円)など少額から始めることが可能となる。四半期ごとのミニマム投資額は5千ドル(約5万円)。

これまでに本四半期だけで150万ドル(約1億5千万円)のコミット額に達しており、翌年は約6億円~約10億円を目標としている。各企業に500万円~1500万円を投資予定。

ローリングファンドにすでに参加している投資家には、シンガポールShiok Meatsの共同創業者であるSandhya Sriram氏がいる。

サステイナブル・フード・ベンチャー(SFV)は畜産農業に関与する企業には投資しないことを公式サイトで明記している。細胞由来、植物由来、遺伝子組み換えなどの分野で、サステイナブルで地球にやさしい食品の生産に取り組む企業に特化して投資するのが目的だ。

もう1つの狙いとしては、女性、マイノリティ、年齢や地理的に通常のスタートアップ起業家の枠にあてはまらない「低く評価された」創業者たちを支援したいと考えている。

SFVを立ち上げた2人は、いずれもフードテック業界で長い業績を持つ。

ライアン・ベザンコートは、植物由来のペットフードを手掛けるWild EarthのCEO。過去6年間で、Memphis Meats、Geltor、The NotCo、Shiok Meatsなど120社を超える初期スタートアップを支援している。

Mariliis Holmは、前Finless Foods食品化学部門の責任者。代替プロテインのNonfoodの共同創業者でもある。

 

参考記事

Sustainable Food Ventures, a Rolling Fund for Alt-Protein, Launches on AngelList

Sustainable Food Ventures: First Rolling Fund For Alt Protein Debuts On AngelList

angellist-pioneers-rolling-vc-funds-in-pivot-to-saas/

アイキャッチ画像の出典:Sustainable Food Ventures

 

関連記事

  1. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…
  2. 菌糸体からステーキ肉を開発するMeati Foodsが約55億円…
  3. 動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億…
  4. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  5. 代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販…
  6. アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で…
  7. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  8. マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了

おすすめ記事

Redefine Meatが3Dプリント肉を2021年前半に販売、イスラエルの食肉販売会社と提携

3Dプリンターを使って植物ベースの代替肉を開発するイスラエル企業Redefine…

高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Tech Webinar Fall 2021参加レポート

株式会社アドライト社が代替タンパク質の可能性にフォーカスしたセミナー「Food-…

フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン!

フランスを拠点とする食品スタートアップのPazziが、フランス、パリにピザロボッ…

【世界初】Shiok Meatsが試食会で培養カニ肉料理を発表

培養シーフードを開発するシンガポール企業Shiok Meatsが、培養カニ肉の試…

乳業大手フォンテラとDSMが精密発酵スタートアップ設立を発表

ニュージーランドの大手乳業メーカー・フォンテラ(Fonterra)とオランダ大手…

ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFuture Fields

安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsは、これまで技術の詳細…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP