代替プロテイン

AngelList初のローリングファンド、Sustainable Food Venturesが設立|代替プロテイン企業を支援

>> <<

代替プロテインに取り組む起業家を支援するための新しいファンドが登場した。

Wild EarthのCEOライアン・ベザンコート、元Finless FoodsのMariliis Holmは、サステイナブル・フード・ベンチャー(Sustainable Food Ventures:SFV)を立ち上げたことを発表した。SFVはAngelList初のRolling fund(ローリングファンド)で、細胞由来、植物由来、遺伝子組み換えなどの分野に取り組む企業を支援する。

ローリングファンド(Rolling Funds)とは、AngelListがはじめた新しい仕組みで、一括投資ではなく、四半期ごとに投資するサブスクリプション型のファンド。投資家に柔軟性をもたせる仕組みになっており、1万ドル(約10万円)など少額から始めることが可能となる。四半期ごとのミニマム投資額は5千ドル(約5万円)。

これまでに本四半期だけで150万ドル(約1億5千万円)のコミット額に達しており、翌年は約6億円~約10億円を目標としている。各企業に500万円~1500万円を投資予定。

ローリングファンドにすでに参加している投資家には、シンガポールShiok Meatsの共同創業者であるSandhya Sriram氏がいる。

サステイナブル・フード・ベンチャー(SFV)は畜産農業に関与する企業には投資しないことを公式サイトで明記している。細胞由来、植物由来、遺伝子組み換えなどの分野で、サステイナブルで地球にやさしい食品の生産に取り組む企業に特化して投資するのが目的だ。

もう1つの狙いとしては、女性、マイノリティ、年齢や地理的に通常のスタートアップ起業家の枠にあてはまらない「低く評価された」創業者たちを支援したいと考えている。

SFVを立ち上げた2人は、いずれもフードテック業界で長い業績を持つ。

ライアン・ベザンコートは、植物由来のペットフードを手掛けるWild EarthのCEO。過去6年間で、Memphis Meats、Geltor、The NotCo、Shiok Meatsなど120社を超える初期スタートアップを支援している。

Mariliis Holmは、前Finless Foods食品化学部門の責任者。代替プロテインのNonfoodの共同創業者でもある。

 

参考記事

Sustainable Food Ventures, a Rolling Fund for Alt-Protein, Launches on AngelList

Sustainable Food Ventures: First Rolling Fund For Alt Protein Debuts On AngelList

angellist-pioneers-rolling-vc-funds-in-pivot-to-saas/

アイキャッチ画像の出典:Sustainable Food Ventures

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  2. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  3. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  4. 【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【…
  5. コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達
  6. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  7. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  8. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…

おすすめ記事

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶円のシード資金を調達

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発するChange Foodsが、シードラウ…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

パルシステムを1年使った感想|注文が面倒だけど野菜がおいしい!【口コミ・評判】

今回のブログ記事では、パルシステムで気に入っているところ面倒…

食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約44億円を調達|AIで買い物を予測

AIを活用してパーソナライズ化された食料品デリバリーを提供するHungryroo…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/30 13:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/31 07:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(07/30 18:09時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(07/31 07:57時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP