代替プロテイン

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

 

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。

同社の代替ポーク『オムニポーク』が今月、イギリスのレストランに登場する。

オムニポークがイギリスのレストランに導入されるのは今回が初めて

オムニポークは、遺伝子組換え材料、コレステロール、ホルモン剤、抗生物質を含まず、

大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主な原材料とする。

 

このほど、グリーンマンデーはイギリスの9のレストランと提携し、植物ベースの豚ひき肉を提供することを発表

今月、これらのレストランは、Veganuaryキャンペーンの一環で顧客にオムニポークを使った料理を提供する。

 

Veganuaryキャンペーンとは1ヵ月間ヴィーガンになろうと呼びかける運動で、イギリスから始まった。キャンペーンが始まってから、100万人が参加するほどの規模になっている。

 

レストランでのメニュー追加はグリーンマンデーにとって限定的なイギリス進出だ。

今年中に同社は、イギリス全土の小売・外食産業で正式に商品をリリース、本格的なイギリス進出を果たす予定。

これにより、同社が進出した国は10カ国以上になる

アジア発の植物肉代表格グリーンマンデー

出典:Green Monday

グリーンマンデーはアジアですでに知名度を持つフードテック企業で、中国、日本、シンガポール、マカオ、タイなどに進出している。

2020年の躍進は目覚ましく、次の動きがあった。

香港・マカオのマクドナルドと提携

9月にはアジア最大規模となる7000万ドル(約73億円)を調達

香港のセブンイレブンで販売を開始

ヴィーガンカフェGreenCommonを上海にオープン、実店舗で中国本格進出

2025年までに欧州の代替食品は9500億円規模に

イギリスでは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、食の安全、健康、持続可能性に対する意識が高まっている。

green queenの報道記事によると、イギリスのプラントベース市場は、3年以内に11億ポンド(1550億円)規模に達すると予想される。

ING Researchから引用、追記

欧州全体については、ING Researchが、2025年までに欧州の代替肉・代替乳製品の売上が75億ユーロ(約9500億円)になると予想している。

大手フードデリバリーサービスDeliverooによる報告でも、イギリスでは2019年11月以降、ヴィーガン食品の注文数が2.15倍になっており、人々の食の安全・持続可能な食生活に対する意識の高まりを表している。

グリーンマンデーのオムニポークはイギリスの次のレストランで提供される。

Plant Hustler

Eat Chay

Erpingham House

Black Cat Café

Park Chinois

Rasa Sayang

Alta Foods

Viet Vegan

Kay Kay Foods

 

グリーンマンデーは2012年に設立された植物性代替肉を開発する香港のスタートアップ。

傘下のフードテクノロジー企業オムニフーズ(OmniFoods)が開発したオムニポークは植物由来100%の代替豚肉で、2020年5月に日本に上陸。

東京の有名なヴィーガンレストラン『菜道』などでメニューに導入されている。

 

参考記事

OmniPork Lands Across U.K. Restaurants Ahead Of Retail Expansion

Green Monday Brings Its Plant-Based Pork to U.K. Restaurants for the First Time

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Green Monday

 

関連記事

  1. 代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2…
  2. イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUS…
  3. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…
  4. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  5. 培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロ…
  6. プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDI…
  7. Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを…
  8. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…

おすすめ記事

Nowadaysが約9億円を調達、健康的な植物性チキンナゲットの展開を加速

「普段買い物をする消費者は、『動物福祉や持続可能性などについて関心を持っている』…

イスラエルのWilk、研究室でヒトラクトフェリンの生産に成功

イスラエルのスタートアップ企業Wilk(旧称Bio Milk)は今月、ヒトラクト…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約57億円を調達

植物ベースのビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryがシリーズ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP