代替プロテイン

香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ

 

香港グリーンマンデーがイギリスに進出する。

同社の代替ポーク『オムニポーク』が今月、イギリスのレストランに登場する。

オムニポークがイギリスのレストランに導入されるのは今回が初めて

オムニポークは、遺伝子組換え材料、コレステロール、ホルモン剤、抗生物質を含まず、

大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主な原材料とする。

 

このほど、グリーンマンデーはイギリスの9のレストランと提携し、植物ベースの豚ひき肉を提供することを発表

今月、これらのレストランは、Veganuaryキャンペーンの一環で顧客にオムニポークを使った料理を提供する。

 

Veganuaryキャンペーンとは1ヵ月間ヴィーガンになろうと呼びかける運動で、イギリスから始まった。キャンペーンが始まってから、100万人が参加するほどの規模になっている。

 

レストランでのメニュー追加はグリーンマンデーにとって限定的なイギリス進出だ。

今年中に同社は、イギリス全土の小売・外食産業で正式に商品をリリース、本格的なイギリス進出を果たす予定。

これにより、同社が進出した国は10カ国以上になる

アジア発の植物肉代表格グリーンマンデー

出典:Green Monday

グリーンマンデーはアジアですでに知名度を持つフードテック企業で、中国、日本、シンガポール、マカオ、タイなどに進出している。

2020年の躍進は目覚ましく、次の動きがあった。

香港・マカオのマクドナルドと提携

9月にはアジア最大規模となる7000万ドル(約73億円)を調達

香港のセブンイレブンで販売を開始

ヴィーガンカフェGreenCommonを上海にオープン、実店舗で中国本格進出

2025年までに欧州の代替食品は9500億円規模に

イギリスでは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、食の安全、健康、持続可能性に対する意識が高まっている。

green queenの報道記事によると、イギリスのプラントベース市場は、3年以内に11億ポンド(1550億円)規模に達すると予想される。

ING Researchから引用、追記

欧州全体については、ING Researchが、2025年までに欧州の代替肉・代替乳製品の売上が75億ユーロ(約9500億円)になると予想している。

大手フードデリバリーサービスDeliverooによる報告でも、イギリスでは2019年11月以降、ヴィーガン食品の注文数が2.15倍になっており、人々の食の安全・持続可能な食生活に対する意識の高まりを表している。

グリーンマンデーのオムニポークはイギリスの次のレストランで提供される。

Plant Hustler

Eat Chay

Erpingham House

Black Cat Café

Park Chinois

Rasa Sayang

Alta Foods

Viet Vegan

Kay Kay Foods

 

グリーンマンデーは2012年に設立された植物性代替肉を開発する香港のスタートアップ。

傘下のフードテクノロジー企業オムニフーズ(OmniFoods)が開発したオムニポークは植物由来100%の代替豚肉で、2020年5月に日本に上陸。

東京の有名なヴィーガンレストラン『菜道』などでメニューに導入されている。

 

参考記事

OmniPork Lands Across U.K. Restaurants Ahead Of Retail Expansion

Green Monday Brings Its Plant-Based Pork to U.K. Restaurants for the First Time

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Green Monday

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Food…
  2. 牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが…
  3. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  4. 韓国の培養肉スタートアップSpace Fらが政府から助成金を獲得…
  5. グリーンマンデーのインスタント食品、香港のセブンイレブン全店で販…
  6. 米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開…
  7. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…
  8. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…

おすすめ記事

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission Barnsがシ…

「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億円を調達

植物ベースのチキンナゲットを開発するSIMULATEがシリーズBラウンドで500…

韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の量産とコストダウンを目指す

韓国の培養肉企業CellMEATがプレシリーズAで450万ドル(約4億7千万円)…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP