おいしい水分補給の実現を目指すCirkulが約32億円を調達

 

美味しい水分補給の実現を目指すCirkulが、シリーズBラウンドで3000万ドル(約32億円)を調達した。このラウンドはAF Venturesが主導し、SC.HoldingsSiddhi Capitalなどが参加した。

Cirkulは水にフレーバーを追加することで、美味しく、楽しい水分補給の実現を目指している。

商品は、専用ボトルとセットで使用するフレーバーカートリッジから構成される。専用ボトルに「Sip」と呼ばれるカートリッジを挿入すると、ユーザーは飲料中に追加されるフレーバーを調整することができる。

出典:Cirkul

アメリカ人の75%が慢性的な脱水状態にあると言われ、水にフレーバーを加えることで、美味しい水分補給の実現を目指している。

フレーバーは、ココナッツ、ブルーベリー、レモン、スイカなど40種類以上あり、すべて天然由来で無糖・カロリーゼロ。人工着色料は使用していない。

甘味はスクラロース(FDAによって安全と認められたカロリーフリーな甘味料)、ステビア、純粋なフレーバーエッセンスのいずれかによるもの。

ボトルに水を入れて、カートリッジをセットし、ダイヤルを回してフレーバーの量を調整するだけで、自分オリジナルのドリンクができあがる

出典:Cirkul

水分補給が美味しくなれば、多くの水を摂取できるようになる。1つのSipでボトル6杯分のドリンクを作ることができる。

Cirkulはさまざまなフレーバーの水分補給を提供するほか、ドリンクに使用される材料、輸送にかかるコスト削減も目指している。

Cirkulによると、専用ボトルを使うことで、プラスチックの使用量を84%減らし、輸送による二酸化炭素排出量を99%減らすことができる。ボトルはプラスチックタイプとステンレスタイプの2種類あり、洗浄して繰り返し使える。

出典:Cirkul

販売モデルは、1回限りの購入と、定期購入プランの2プランが用意されている。

プラスチックボトルは12ドルから、ステンレスボトルは24ドルから。定期購入プランでは、最低購入カートリッジ数は8本、27ドル(約3000円)からで、専用ボトルが無料でついてくる。

Cirkulは調達した資金で成長計画を加速し、商品のイノベーションを図る。

Cirkulは2015年に設立されたフロリダを拠点とするスタートアップで、これまでの調達総額は4160万ドル(約45億円)となる。

 

参考記事

Beverage Tech Company Cirkul Raises $30M in Series B Funding

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:Cirkul

 

関連記事

  1. 自動殺菌機能付きウォーターボトルのLARQが約10億円を資金調達…

おすすめ記事

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を1kgあたり3ドルへ

培養肉を開発する韓国企業Seawithが、新たな目標を発表した。同社はこ…

The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

精密発酵により卵白タンパク質を製造販売する米The Every Companyは…

【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等なアニマルフリー卵タンパク質を発表

微生物発酵を活用して卵タンパク質を開発するクララフーズが社名変更を発表した。…

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP