デリバリー

Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登場!食料品デリバリーを開始

Starshipの宅配ロボットが、アメリカのスーパーSave Martに初登場する。

同社ロボットがアメリカのスーパーマーケットに導入されるのは今回が初めて。

提携を発表したのはアメリカのスーパーSave Mart。カリフォルニア州モデストのSave Martに導入される。

Starshipのロボットは約9kgの荷物、または買い物袋3つまで運んでくれる。対応可能な範囲は約6キロ。

デリバリーロボットを使いたい場合は、Starshipのアプリから予約する。Save MartにはStarshipのロボット30台が使用されており、距離によって料金は異なるという。

出典:Starship

キャンパスロボットから食料品宅配ロボットへ

Starshipのロボットはこれまで大学キャンパスの宅配に使われてきた。ジョージ・メイソン大学、ピッツバーグ大学、ウィスコンシン大学マディソン校などの大学に導入されている。

しかし、コロナウイルスのパンデミックによる教育のオンライン移行に伴い、キャンパスでのデリバリー需要は減退した。そこで、同社が考えたのが、コロナウイルスによって需要が急上昇した、人を介さない、コンタクトレスな食料品デリバリーだ。

Starshipの食料品デリバリーは、アメリカに先駆けてイギリスですでに開始している。人々がStarshipのアプリで配達先の住所・注文を入力すれば、1時間ほどでロボットが配達にやってくる。

出典:Starship

ロボットには9個のカメラ、8個の超音波センサー、4個のレーダーに加え、GPSやさまざまなモーションセンサーが搭載されている。

ロボットは歩道を進むため、Googleマップなどは使わずに独自マップを開発した。

出典:Starship 歩道、車道、交差点を可視化した予備マップ

Starshipはサンフランシスコを拠点とするロボットメーカー。

スカイプ開発者であるAhti Heinlaとヤヌス・フリスによって2014年に設立された。

コロナウイルスによるパンデミックは依然として続いている。Starshipと提携するスーパーが増えていくことを期待したい。

 

参考記事:

Save Mart Cos. First U.S. Grocer to Launch Starship Delivery Robots

Starship Robots Now Delivering Groceries for Save Mart in Modesto, CA

How Starship Delivery Robots know where they are going

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に…
  2. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  3. サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThing…
  4. インドのデリバリーZomatoが約54億円を追加調達
  5. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  6. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  7. ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソ…
  8. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始

おすすめ記事

ニューヨーク発・シェフと消費者をつなぐCookUnity|パーソナライズされた定期デリバリー

コロナウイルスの発生で、外食の機会が減り、ウーバーイーツなどデリバリーを取る機会…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコストダウンに成功、2022年に市販化へ

イスラエルの代替肉企業Future Meatは、自社の培養鶏肉の生産コストを1/…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートと…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP