デリバリー

Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登場!食料品デリバリーを開始

Starshipの宅配ロボットが、アメリカのスーパーSave Martに初登場する。

同社ロボットがアメリカのスーパーマーケットに導入されるのは今回が初めて。

提携を発表したのはアメリカのスーパーSave Mart。カリフォルニア州モデストのSave Martに導入される。

Starshipのロボットは約9kgの荷物、または買い物袋3つまで運んでくれる。対応可能な範囲は約6キロ。

デリバリーロボットを使いたい場合は、Starshipのアプリから予約する。Save MartにはStarshipのロボット30台が使用されており、距離によって料金は異なるという。

出典:Starship

キャンパスロボットから食料品宅配ロボットへ

Starshipのロボットはこれまで大学キャンパスの宅配に使われてきた。ジョージ・メイソン大学、ピッツバーグ大学、ウィスコンシン大学マディソン校などの大学に導入されている。

しかし、コロナウイルスのパンデミックによる教育のオンライン移行に伴い、キャンパスでのデリバリー需要は減退した。そこで、同社が考えたのが、コロナウイルスによって需要が急上昇した、人を介さない、コンタクトレスな食料品デリバリーだ。

Starshipの食料品デリバリーは、アメリカに先駆けてイギリスですでに開始している。人々がStarshipのアプリで配達先の住所・注文を入力すれば、1時間ほどでロボットが配達にやってくる。

出典:Starship

ロボットには9個のカメラ、8個の超音波センサー、4個のレーダーに加え、GPSやさまざまなモーションセンサーが搭載されている。

ロボットは歩道を進むため、Googleマップなどは使わずに独自マップを開発した。

出典:Starship 歩道、車道、交差点を可視化した予備マップ

Starshipはサンフランシスコを拠点とするロボットメーカー。

スカイプ開発者であるAhti Heinlaとヤヌス・フリスによって2014年に設立された。

コロナウイルスによるパンデミックは依然として続いている。Starshipと提携するスーパーが増えていくことを期待したい。

 

参考記事:

Save Mart Cos. First U.S. Grocer to Launch Starship Delivery Robots

Starship Robots Now Delivering Groceries for Save Mart in Modesto, CA

How Starship Delivery Robots know where they are going

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第…
  2. Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBar…
  3. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  4. イスラエルのピザハットがドローンによる試験配達を6月から開始
  5. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  6. デリバリー専門のスウェーデンVemblaが約7300万円を資金調…
  7. パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資…
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

過去にはピザの自販機やサラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的な…

「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約10億円を調達

スイス、ジュネーブを拠点とするスタートアップ企業planetary(プラネタリー…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/19 17:57時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/19 11:49時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/19 23:06時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP