デリバリー

Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登場!食料品デリバリーを開始

Starshipの宅配ロボットが、アメリカのスーパーSave Martに初登場する。

同社ロボットがアメリカのスーパーマーケットに導入されるのは今回が初めて。

提携を発表したのはアメリカのスーパーSave Mart。カリフォルニア州モデストのSave Martに導入される。

Starshipのロボットは約9kgの荷物、または買い物袋3つまで運んでくれる。対応可能な範囲は約6キロ。

デリバリーロボットを使いたい場合は、Starshipのアプリから予約する。Save MartにはStarshipのロボット30台が使用されており、距離によって料金は異なるという。

出典:Starship

キャンパスロボットから食料品宅配ロボットへ

Starshipのロボットはこれまで大学キャンパスの宅配に使われてきた。ジョージ・メイソン大学、ピッツバーグ大学、ウィスコンシン大学マディソン校などの大学に導入されている。

しかし、コロナウイルスのパンデミックによる教育のオンライン移行に伴い、キャンパスでのデリバリー需要は減退した。そこで、同社が考えたのが、コロナウイルスによって需要が急上昇した、人を介さない、コンタクトレスな食料品デリバリーだ。

Starshipの食料品デリバリーは、アメリカに先駆けてイギリスですでに開始している。人々がStarshipのアプリで配達先の住所・注文を入力すれば、1時間ほどでロボットが配達にやってくる。

出典:Starship

ロボットには9個のカメラ、8個の超音波センサー、4個のレーダーに加え、GPSやさまざまなモーションセンサーが搭載されている。

ロボットは歩道を進むため、Googleマップなどは使わずに独自マップを開発した。

出典:Starship 歩道、車道、交差点を可視化した予備マップ

Starshipはサンフランシスコを拠点とするロボットメーカー。

スカイプ開発者であるAhti Heinlaとヤヌス・フリスによって2014年に設立された。

コロナウイルスによるパンデミックは依然として続いている。Starshipと提携するスーパーが増えていくことを期待したい。

 

参考記事:

Save Mart Cos. First U.S. Grocer to Launch Starship Delivery Robots

Starship Robots Now Delivering Groceries for Save Mart in Modesto, CA

How Starship Delivery Robots know where they are going

 

関連記事

  1. ピザ組み立てロボットを開発するPicnicが約17億円を調達
  2. 食料品配達のパーソナライズ化を実現するHungryrootが約4…
  3. Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート
  4. 食品ECスタートアップFarmsteadが小売業にGrocery…
  5. ホームメイド料理をデリバリーするShefが約22億円を調達
  6. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  7. パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資…
  8. SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストラ…

おすすめ記事

オランダ政府が細胞農業に約82億円の出資を発表、国の成長計画として培養肉産業を支援

オランダ政府は、国家成長基金(National Growth Fund)の一環と…

MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUmami Meatsと協業

バイオ3Dプリンターで培養肉を開発するイスラエルのMeaTechは、3Dプリンタ…

Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携、培養魚の生産コスト90%削減を発表

Avant Meatsは培養タンパク質の生産コストを90%削減することに成功した…

「代替タンパク質大国」を目指すイスラエルの今をクローズアップ-2022年2月-|市場動向・新規スタートアップ企業・研究者・政府の動き

イスラエルの代替タンパク質企業は100社以上に上り、うち40%がブレイクスルー技…

Evigence Sensorsが約23億円を調達、食品鮮度をリアルタイムに測定するセンサーシールの商用化を拡大

イスラエル・アメリカを拠点に、リアルタイムの食品鮮度検知センサーを開発するEvi…

機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億2400万円を調達

フードロス削減に取り組むFloWasteがシードラウンドで110万ドル(約1億2…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP