代替プロテイン

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

 

このニュースのポイント

 

●スウェーデンHookedが新たに約6200万円を調達

2021年春にスウェーデン市場に投入予定

2021年後半には海外展開へ

●ツナ(マグロ)「Toona」とサーモン「Salmoon」の2製品を開発

 

 

↓音声ラジオはこちら↓(ワンクリック・登録なしで聴ける)

 

スウェーデンで植物ベースの代替魚を開発するHooked Foodsが、500万クローナ(約6200万円)を調達した。

Hookedは2019年にストックホルムに設立された水産物に特化したフードテックスタートアップ。

「Toona」「Salmoon」の2製品を開発中で、2021年春をめどにスウェーデンのレストランでToonaを販売する予定を明らかにした。

さらに、2021年後半に海外展開する計画も公表された。

出典:Hooked

今回の資金調達ラウンドには、オスロを拠点に海洋の持続可能なソリューションに取り組むアクセラレーターKatapult Ocean、ベルリンを拠点とするインキュベーターProVeg、アーリーステージのスタートアップを支援する北欧ベンチャーキャピタルWave Ventures、スウェーデンの投資会社PlusCapが出資した。

インキュベーターとは、起業間もないスタートアップ企業が持つアイディアを成熟させ、ビジネスとなりうる状態になるよう支援する組織を言う。インキュベーターが関与するスタートアップはごく初期の段階であることが多い。

アクセラレーターはすでに形になっているビジネスアイディアを商品として世に出すプロセスの加速を支援する。アクセラレーターが関与するスタートアップは、初期ではあるものの、ある程度形ができあがっている段階であることが多い。

参考:『スタートアップ投資ガイドブック』

2021年春にスウェーデンで市販化

出典:Hooked

Hookedは10月にもKatapult Oceanより約1800万円の出資を受けていた。

Hookedは今回の資金を、2021年春に予定しているスウェーデンの主要レストランに向けた代替ツナ「Toona」の販売に充てるとしている。

Toonaは大豆由来のプロテインを使い、本物に似た匂いを再現するために、DHAやEPAが豊富な藻油(algae oil)も使っている。口当たりは湿式押出成形(wet extrusion)という手法で再現している。最終製品の形状はスプレッドタイプで細長く刻まれている。

Hookedのもう1つの商品サケ「Salmoon」は、植物由来食品のフードテック企業を支援するインキュベーターProVegで開発に取り組んでおり、今年初頭に開発の最終段階であることを明らかにしていた。

Hookedはまずスウェーデン市場に参入してから、水産物消費の多い欧州市場のメジャープレーヤーになることを目指している

代替魚は植物性タンパク質全体の1%

代替肉市場と比べると、代替魚のシェアはまだ小さく、植物性タンパク質全体のわずか1%に過ぎないが、これは関心の薄さではない。

Changing Tastesのレポートによると、アメリカ人の5人に1人は、肉の代わりに魚を食べたいと考えているという。

GFIのレポートでは代替魚市場には「空白」があるされ、これは、新規プレーヤーが入り込む余地が十分あることを示している。

マイクロプラスチックによって汚染された魚が人間にもたらす影響が懸念される中、クリーンで栄養のある、安全な代替魚がこれまで以上に求められている。

欧州では水産食品の中でサケとツナの消費量は特に多く、過剰漁獲により、2048年までに魚はいなくなるともいわれている

過剰漁獲と海洋生態系への影響をなくすのがHookedの願いだ。

代替魚に取り組む主なプレーヤー

代替魚に取り組むプレーヤーは代替肉に比べて少ないものの、増えてきている。

Hookedが欧州市場へ参入するにあたり、最大のライバルとなるのが米国発のGood Catch Foodsだろう。

同社は植物性代替魚の代表的プレーヤーで、8月に約4000㎡の新しい生産施設を建設している。今月にはスペインとオランダのスーパーで販売を開始した。11月には自社のDtoCサイトを開設している。

ネスレは8月に植物性ツナをスイスに導入することを発表している。

Hookedと同じ欧州発のプレーヤーにはオーストリアの学生が立ち上げたLegendary Vishがある。3Dプリンタでサケを開発する同社は、味、匂い、見た目もそっくりに再現した代替サケを、2022年までに欧州でリリースするのを目指している。

Hooked創業者のTom JohanssanとEmil Wasteson 出典:Hooked

地元のレストランで、本物の魚のようにおいしくて栄養のある代替魚を、当たり前の選択として食べられるようになれば、誰もが、海洋生態系を守るアクションを起こせるようになる。

その「当たり前」をHookedは実現しようとしている。

 

参考記事

Hooked Foods Raises US$600K To Fuel Plant-Based Tuna Launch Across Sweden

Hooked Foods Secures $600K for Plant-Based Tuna

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Hooked

 

関連記事

  1. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…
  2. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  3. チーズ大手のBelグループ、米Superbrewed Foodと…
  4. 細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが…
  5. Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内の…
  6. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  7. 米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目…
  8. Mycorena、マイコプロテイン由来のバター試作品を発表

おすすめ記事

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

DAIZが海外進出を本格化、タイの植物肉企業へミラクルミートの提供を開始

熊本を拠点とする植物肉スタートアップのDAIZが海外進出を本格化する。D…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

Novameatが約7億円を調達、独自3Dプリント技術による代替ステーキ肉製造の更なるスケール化へ

独自の3Dプリント技術を使い植物性の代替ステーキ肉を製造するバルセロナのスタート…

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/30 19:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(09/30 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/01 05:30時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/30 15:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP