フードロス

  1. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

    アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃棄されており、これは1610億ドルの食品に相当するとされる。非営利団体のReFedも2019年にアメリカでは食品の35%が廃棄されていること…

  2. 「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

    インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

  3. 食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

    食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

  4. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

    アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

  5. まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

    アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

  6. 食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

  7. 廃棄パンからクラフトビールを作る香港企業Breer、4名の香港大学生が創業

  8. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

  9. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

  10. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

最新記事

PAGE TOP