Foovo Deep

Fresh Insetが開発した食品鮮度保持技術Vidre+Complex、ポストハーベスト業界を超えた包装革命に期待|セミナーレポート

 

食品ロスの多くは、野菜や果物が収穫されてから消費されるまでの、保管、輸送、販売、家庭内のいずれかのタイミングで生じると言われている。このため、野菜や果物など青果物の鮮度を延長するソリューションが期待されている。

2018年設立のポーランド企業Fresh Insetが開発したのは、青果物の出荷、流通、販売で使用されるあらゆる基材に適用できるソリューションVidre+Complexだ。

今月23日、同社共同創業者兼COO(最高執行責任者)のKrzysztof Czaplicki氏がFoovoのセミナーに登壇した。同社ソリューションの革新性はどこにあるのか。セミナーの内容を伝える。

ポストハーベスト市場を超えたソリューション

Krzysztof Czaplicki氏 出典:Fresh Inset

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

ウェビナー動画はこちら▼

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Fresh Inset

 

関連記事

  1. イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Fr…
  2. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  3. 独Nosh Biofoodsが赤身肉のようなマイコプロテインの開…
  4. モサミートがEUから助成金を授与、Nutrecoと共同で培地コス…
  5. Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の…
  6. Wilkが細胞培養による乳脂肪を使用したヨーグルト開発に成功
  7. ホールカットの植物サーモンを開発するOshi、年内にアメリカで発…
  8. コンタクトレスなデリバリーロッカーMinnowがSKS2020で…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試作品を発表

イスラエルの培養魚企業Forsea Foodsが培養うなぎの開発に成功し、初とな…

豆を使わずに細胞培養コーヒーを開発するフランス企業STEM

昨今、細胞培養による代替肉、代替乳製品、代替魚、代替コラーゲン、代替チョコレート…

カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの小型3Dプリンターを開発

フード3Dプリンターという言葉を聞いたことある人は少なくないだろう。工業…

米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出

アメリカ大手のビール会社であるモルソン・クアーズ(Molson Coors)は、…

スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミニヨンステーキを開発

スロベニアのスタートアップ企業Juicy Marblesは100%植物原料ででき…

フランスのピザロボットレストランPazziが操業停止

フランス、パリに設置されていたピザロボットレストランPazziが操業を停止した。…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP