代替プロテイン

Meatable、初の試食会開催に続き、培養肉の生産期間短縮を発表

 

オランダの培養肉企業Meatableは、低コストでスケール可能な独自の分化プロセスにより、わずか8日で培養豚肉を作製したことを発表した。同社はまた、シンガポールで初めて試食会を実施したことも発表した。

過去1年にわたり、Meatableは脂肪と筋肉組織の量と質を向上させながら、プロセスの効率化に取り組んできた。その成果として、適切なレベルの繊維構造、脂肪、タンパク質、主要な肉の風味を備えた培養肉をわずか8日間で作製できるようになった。以前はこのプロセスに3週間かかっていたという。

生産期間を3週間から8日間に短縮

出典:Meatable

Meatableは独自のOpti-ox技術と多能性幹細胞を使用して、培養肉を作製している。

同社によると、多能性幹細胞は培養肉業界で一般的に使用される不死化細胞株よりも、変化することなく無限に増殖できるというメリットがあるが、幹細胞を筋肉細胞など特定の細胞に変化させるには難しさを伴う。同社のOpti-ox技術により、この課題が克服され、完全に分化した筋肉細胞・脂肪細胞をわずか数日で生成できるようになった。

Meatableは、連続灌流プロセスにより、1ミリリットルあたり約8000万個の細胞密度での連続サイクルを実現している。これにより、生産性の向上、プロセスの拡張が容易になるとしている。

同社共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のKrijn de Nood氏は、今回の成果について、「私たちは、従来の低価格の食肉に匹敵する製品を作るために必要な、世界で最も効率的なプロセスを有していることを実証しました」とコメントしている。

同社共同創業者兼CTO(最高技術責任者)のDaan Luining氏は、「昨年は細胞を分化させるのに3週間かかっていましたが、現在はわずか数日に短縮されました。今後もさらなる短縮を予想しています。その上、私たちは豚肉特有の感覚体験をもたらす上で不可欠なタンパク質と長鎖脂肪酸を備えた最高品質の製品を作成しました」とコメントしている。

シンガポールで初の試食会

出典:Meatable

Meatableは今月、シンガポールで同社初の培養肉試食会を実施した。シンガポールで培養肉の試食会を実施するには、シンガポール食品庁(SFA)の要件を満たす必要がある。

試食会実施の認可を受けて、小売パートナーとシンガポール経済開発庁(EDB)が、培養豚肉ソーセージの試食会に招待された。Meatableはこれらのパートナーと協力して、2024年にレストラン、スーパーマーケットで培養肉を販売する予定だ。

シンガポールで上市した後は、アメリカでの発売を目指している。今後数カ月で、シンガポールや海外で試食会を実施することを計画している。

試食会には、GOOD Meatの培養肉を年初から提供している高級精肉店Huber’s Butcheryでエグゼクティブディレクターを務めるAndre Huber氏も参加した。

Huber氏は、「培養肉はおそらく、未来の肉だと思います。私たちは数世紀にわたって従来の伝統的な肉を食べてきましたが、ありがたいことに今、地球、未来の世代を助けるために、肉を作る新しい方法を見つけました。Meatableのソーセージを試しましたが、気に入りました。肉らしい食感があり、植物性タンパク質にはない肉の風味がはっきりと感じられます」とコメントしている。

 

参考記事

https://meatable.com/news-room/

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Meatable

 

関連記事

  1. MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プ…
  2. ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPo、2026年の上…
  3. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…
  4. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  5. 機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple…
  6. イスラエル企業Remilk、アメリカで精密発酵乳タンパク質の認可…
  7. パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリ…
  8. ダノンが細胞培養母乳を開発するイスラエル企業Wilkに出資

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プラットフォームの海外展開を加速

菌糸体で食品業界の課題解決に挑むアメリカ、コロラドを拠点とするMycoTechn…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Cultureが約28億円を調達

アニマルフリーなモッツアレラチーズを開発する米New CultureはシリーズA…

極限環境微生物で代替パーム油を開発するシンガポール企業Biteback Biotechnology|創業者インタビュー

微生物を活用した代替パーム油の開発が活発化している。今年3月には、油脂酵…

米New Cultureが精密発酵カゼインのスケールアップに成功、1回のプロセスでピザ25,000枚分のチーズを生産可能に

精密発酵によるカゼインタンパク質を開発する米New Cultureは今月、1回あ…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/19 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/19 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/20 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/19 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/19 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/19 21:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP