代替乳製品・代替卵

細胞農業で脱カカオを進めるフィンランドのチョコレートメーカーFazer

 

フィンランドのチョコレートメーカーFazerは、持続可能なカカオ生産に向けて細胞農業の可能性を調査している

Fazerはフィンランドの政府系機関Business Finlandから資金提供を受け、フィンランドの国営研究機関・フィンランド技術研究センター(VTT)と共同で、細胞培養カカオの研究開発を行っている。

細胞農業は、細胞を使って必要なものだけを作るボトムアップ式のものづくりをいう。

「生産に必要だった土地や天然資源の使用を最小限に抑えて、農業ではなくバイオテクノロジーを活用した生産」となる。動物の体の外で細胞を増やして肉とする培養肉や、酵母など微生物をミニ工場として特定成分を生産する精密発酵は、いずれも細胞農業だ。

細胞培養によるカカオでは、生産の場は「条件が管理されたバイオリアクター」となる。

Fazer、VTTと共同で持続可能な代替カカオの開発へ

出典:Fazer

Fazerは、エクアドルと西アフリカからカカオを調達している。Fazerの最優先事項は、持続可能なカカオを使用し、収益性の高い農業を保証し、カカオコミュニティの福利を向上させることだ。

しかし、赤道付近のカカオ生産地は気候変動の脅威にさらされており、長期的にはカカオ栽培は困難になっていく。そこでFazerは、持続可能な代替カカオ供給源として、カカオ生産から土地利用を切り離せる可能性を秘めた細胞農業の活用を模索し始めた。

VTTとの共同研究では、細胞培養カカオで良好な成果がすでに得られているが、製品化までの道のりは長いことをFazer ConfectioneryのシニアマネージャーAnnika Porr氏は想定している。

「細胞培養カカオが市販されるまでには何年もかかるでしょう。これは将来を見据えた長期のプロジェクトです。伝統的なカカオを持続可能な方法で管理することはFazerにとって最優先事項ですが、将来に向けて調査し、イノベーションを図りたいと考えています。

細胞培養カカオが食卓に並ぶにはまだ先のことですが、公正で透明なバリューチェーンにおける持続可能なカカオ調達という課題に取り組むための新しいアプローチとなります」(Fazer ConfectioneryのシニアマネージャーAnnika Porr氏)

持続可能なチョコレートの開発が加速

California Culturedの細胞培養チョコレート 出典:California Cultured インスタグラム

チョコレート生産による環境負荷も無視できない。

食品サプライチェーンにおいてチョコレートは、5番目に温室効果ガスを排出する食品とされる。1キログラムのチョコレート生産には17,000リットルの水が必要とされ、牛肉の15,415リットルより多い。

こうした環境負荷から、持続可能なチョコレート生産に取り組むスタートアップは徐々に増えている。

その1つが、明治ホールディングスが出資するアメリカのCalifornia Culturedだ。2020年に設立された同社は細胞培養によるカカオを開発しており、これまでに400万ドル(約5億7000万円)を調達している。

ドイツのPlanet A Foods(旧称QOA)は精密発酵による代替カカオを開発している。目下のターゲットはカカオとチョコレートだが、長期的にはパーム油、ココナッツオイルの代替も視野に入れているという。

チームを率いるHeiko Rischer氏 出典:VTT

チョコレートメーカーであるFazerの細胞農業への参入は、業界全体にとって追い風となるが、消費者が手に取れるようになるまでは時間がかかりそうだ。VTTの研究チームを率いるHeiko Rischer氏は、「細胞培養カカオは欧州では新規食品になりますので、EFSA(欧州食品安全機関)のプロセスに則って承認される必要があります」とコメントしている。

Rischer氏はカカオのほか、コーヒー豆を使わない細胞培養によるコーヒー生産でもVTTの研究プロジェクトを主導しており、フィンランドで細胞農業による代替食の開発が活発化していくことが予想される。

 

参考記事

Fazer explores cell-cultured cocoa as an option for the future of chocolate

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  2. 牛を使わずにモッツアレラチーズを開発する米New Culture…
  3. 「食品発酵業界のボトルネック解消」を目指すplanetaryが約…
  4. TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2…
  5. 細胞培養により牛乳を開発するBrown Foodsが約3.2億円…
  6. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  7. 分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4…
  8. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出

おすすめ記事

The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

精密発酵により卵白タンパク質を製造販売する米The Every Companyは…

培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表

培養魚を開発する米ブルーナル(BlueNalu)は、大量生産に向けた運用コスト・…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

二酸化炭素からタンパク質を作る英ディープ・ブランチ、アイスランド国営電力会社と提携

二酸化炭素を原料に持続可能で高品質な食品・飼料用タンパク質を開発するイギリス企業…

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

ベルギーのフードテック企業Paleoはシードラウンドで200万ユーロ(約2億57…

培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最初の商品の販売へ

細胞培養でステーキを開発するイスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、シリーズ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP