代替プロテイン

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

 

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバーや代替肉を開発している。

最初にスピルリナ由来のスナックバー4pm Barを発売後、現在は第2の製品となる代替肉の開発に取り組んでいる。

Naka Foodsを設立した元エンジニアのKushal Aradhya氏は、インド企業の従業員の70%が心疾患や生活習慣病になりやすく、主な原因は貧しい食生活にあることを知り、この問題に取り組むために事業を立ち上げた。

出典:Naka Foods

最初に取り組んだプラントベース食品は、アーモンドベースのドリンクだった。

数年の研究を経て、スピルリナをベースとした食品が持つ可能性の探索を開始する。

スピルリナは藍藻類の1つで、くるくるとねじれた形をしていることから、「らせん」を意味するラテン語の「スピルリナ」の名前がつけられたと言われる。

ビタミン、ミネラル、タンハク質、食物繊維、抗酸化作用を示す植物性色素など、 60 種類以上の栄養素をバランス良く含んでおり、スーパーフードとして注目を集めている。

血糖値を下げる作用や、抗アレルギー作用なども報告されている

出典:Naka Foods

Naka Foodsは、インド、ベンガルールにあるSnaxmartと提携し、スピルリナをベースとしたスナックバー4pm Barを開発した。

1本のスナックバーで、お皿一杯分の野菜・果物に相当する栄養を摂ることができる。

4pm Barはこれまでに、インドのIT企業70社でテストされており、D2Cサイトで販売されている(味は3種類)。

Naka Foodsは現在、代替肉市場にも目を向けている。

開発中の植物肉は、スピルリナ、ジャックフルーツ、ひよこ豆をベースにする。ジャックフルーツは東南アジアで豊富に入手できるフルーツで、現地調達することで輸入する原材料を減らし、インド人農家の生計を支援する狙いもある。

公式サイトによると、代替魚の開発にも取り組んでいる。

インド人に植物肉を購入する可能性を調査した報告によると、インド人の62.8%が植物肉を購入する可能性が非常に高く、31.7%はいくぶん可能性がある、5.5%は全く可能性がないという結果となっている。

世界の植物肉市場は2019年の16億ドル規模から、2025年には33億ドル規模に成長すると予測されており、市場拡大とともに、インドでもプラントベースへ移行する人口は増えていくと予想される。

Naka Foodsは現在、ProVegのインキュベータープログラムに参加している。

出典:Naka Foods

スピルリナ由来の代替肉はまだ開発段階にあるが、Naka Foodsは代替肉を発売し、事業を発展させ、投資家とつながるための戦略を年内に構築したいと考えている。

藻類は、光合成を行う生物のうち、地上に生息するコケ植物、シダ植物、種子植物をのぞいた総称となり、その範囲は広い。

藻類をベースに代替肉を開発する企業にはNaka Foodsのほかに、微細藻類をベースに代替パテ肉を開発するシンガポールのSophie’s Bionutrientsがいる。

アメリカのTrophicは海藻の1つである紅藻を原料にした代替肉の開発に取り組んでいる。

国内では、大豆ベースの代替肉で急速に国内外に展開するネクストミーツが微細藻類による代替肉の研究開発をスタートさせている。

Naka Foodsが開発したスナックバー4pm Barのコンセプトは、日本企業ベースフードに似ている。ベースフードは、忙しい人や食材を十分に買う余裕がない人でも栄養が十分にとれる主食(パン、パスタ)を販売している

国内ではタベルモがスピルリナがもつタンパク質源としての生産性の高さに注目、スピルリナを使ったドリンクやフローズンデザート、フレークタイプの商品を開発している。

 

参考記事

After Algae Energy Bars, Naka Foods Develops Plant-Based Chicken To Change The Way Indians Consume Meat

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Naka Foods

 

関連記事

  1. 杏子の種から植物ミルクを開発するKern Tecが約19億円を調…
  2. 培養肉企業フューチャーミートが約394億円を調達、生産コストを1…
  3. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  4. 代替卵のイート・ジャストがアフリカ市場へ進出
  5. 精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す…
  6. Daisy Labがシード資金を調達、今年半ばに精密発酵プロトタ…
  7. Back of the Yards Algae Sciences…
  8. MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUma…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by the Seaが約5700万円を調達、ビーガンツナなどの販売へ

オランダのビーガンシーフード企業であるMonkeys by the Seaが、プ…

香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を資金調達、2021年の市販化を目指す

このニュースのポイント 香港培養肉企業Avan…

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

スペイン乳業メーカー、代替乳製品開発に向けた「Mylkcubator」第2コホートを発表

Mylkcubatorの新しいコホートが発表された。新コホートには、代替乳製品開…

GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設

食品・飲料・製薬業界向けの世界大手システムサプライヤーであるドイツ企業GEAは今…

南アフリカの培養肉企業Mzansi Meatが来月、アフリカ発の培養肉バーガーを発表

南アフリカ、ケープタウンを拠点とする培養肉企業Mzansi Meatは2年の研究…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP