キッチンOS

中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRobotic Coffee Masterを発表、コーヒーを皮切りに飲食全体を狙う

中国Cheetah Mobileのロボット部門であるOrionStar(中国語:猎户星空)は、コーヒーをいれるバリスタロボットRobotic Coffee Master(中国語名:智咖大师)を発表した。

北京で行った発表イベントは、中国の老舗漢方製薬メーカー同仁堂の小売店・同仁堂知嘛健康とのコラボという新旧の組み合わせで行われた。

Robotic Coffee Masterは6軸ロボットで、コーヒーをいれる複雑なテクニックをAIで組み込まれている。

出典:OrionStar

コーヒードリッパーに円を描くようにお湯を注ぎ、コーヒードリッパーを裏返して付着した粉を少量のお湯で洗い流して、元の場所に置くー。コーヒーをいれる時間は3分だ。

ぜひ動画をみてほしい。人間のようにきめ細やかな動作は驚きだ。

Robotic Coffee Masterがコーヒー1杯1杯を正確に用意してくれるおかげで、バリスタは新しいドリンクを考えたり、顧客へのアドバイスにつとめたりできる。

バリスタロボットを展開するのはOrionStarだけではない。

次のように、すでに他社がコーヒーロボットを展開している。

Café X 空港の無人カフェ
Truebird キオスクのような無人カフェ
Briggo キオスクのような無人カフェ
Rozum Café オープンタイプのバリスタカフェ
MontyCafe オープンタイプのバリスタカフェ
FIBBEE キオスクのような無人カフェ
Crown Coffee オープンタイプのバリスタカフェ

 

しかし、これまでのコーヒーロボットとRobotic Coffee Masterが大きく異なるのは、

・オープンな環境で活躍できること

・エンタメ要素が強いこと

この2つだ。

これまでのバリスタロボットは、キオスクタイプの閉鎖されたボックスで働くものや、ロボットアームがコーヒーメーカーにコップを設置し、注がれたカップを顧客に提供するものが多い。

出典:Cown Coffee

出典:Truebird

Robotic Coffee Masterはより”バリスタに近い”コーヒーロボットだ。

コーヒードリップを使い、お湯を注ぐ動作からコーヒーをいれるプロセス全てをロボットが再現している。

バリスタの動作すべてをロボットが再現しているのだ。

Robotic Coffee Masterがコーヒーをいれる様子を顧客に見えるようにすれば、レストランやカフェのエンタメ要素になり、集客にもつながるだろう。

 

このほか、バリスタロボットには

・休みなしに働ける

・人を介さないコンタクトレスなサービスが可能

というメリットがある。

アフターコロナによる新しい生活習慣にまさに合致するサービスとなることは間違いない。

出典:36Kr 同仁堂とコラボして行われた発表イベント

 

狙うのは飲食全体

Robotic Coffee Masterは始まりにすぎない。

OrionStarはコーヒーのほかに、お茶、料理、野菜を切る、麺を炒めるなど、さまざまな領域での応用を考えている。

実際に、Robotic Coffee Masterと同時並行でお茶をいれるRobotic Tea Master(中国語名:智茶师傅 ※英語名は未定)を開発している。近い将来にリリースされる予定だという。

出典:OrionStar Robotic Coffee Master(左)とRobotic Tea Master(右 名前は仮)

インターネットサービスを展開するCheetah Mobileは2010年に設立され、2016年にOrionStarを設立した。同社のターゲット市場はアジアだ。

Robotic Coffee Masterの価格は約5万ドル(約520万円)で、すでに200台が販売されている。

 

参考記事

OrionStar Launched a New Coffee Robot in China

Robotic Coffee Master from OrionStar and Cheetah Mobile begins serving customers

智咖大师正式发布,联手同仁堂知嘛健康打造中国新国礼

Old and new worlds collide with robot-brewed TCM coffee

 

関連記事

  1. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  2. インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Food…
  3. 料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するス…
  4. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  5. ピザ自販機のBasil Streetが操業停止
  6. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  7. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  8. 未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に…

おすすめ記事

中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国販売へ

世界的にバイオマス発酵、精密発酵による代替タンパク質の開発が進む中、中国でも最初…

Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内の培養肉市販化を目指してスケールアップを加速

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイド・フーズ)がシリーズC…

精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワークスと提携

サステイナブルな食用色素を開発するイスラエル企業Phytolonが、バイオテクノ…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が米国FDAよりGRAS認証を取得

微生物発酵により代替タンパク質を開発するNature’s Fyndが、米国の食品…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/30 19:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(09/30 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/01 05:30時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/30 15:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP