代替プロテイン

フランスの培養肉企業Vital Meat、シンガポール当局へ承認申請書類の提出を発表

 

フランスの培養肉企業Vital Meatがシンガポール食品庁(SFA)に新規食品(Novel Food)の申請書類を提出したことを発表した

Vital Meatは気候変動へ対応するという使命のもと、Frederick Grimaud氏Etienne Duthoit氏により2018年に設立された。

公式サイトによると、現在の開発対象は培養鶏肉だが、長期的には細胞培養により豚肉や白身魚の開発も視野にいれている。培養鶏肉は9種の必須アミノ酸、ビタミンB12、鉄分など栄養を含んだものとなる。

同社は最近、スケールアップに向けて欧州の大手培地メーカーであるBiowestと戦略的パートナーシップを締結した

インポッシブル・フーズに以前勤めていた同社COO(最高執行責任者)のは、Biowestとの提携は、培地の品質とトレーサビリティを保証し、培養鶏肉のスケールアップに通じるものだと述べている

培養肉先進国シンガポールにおける申請状況

イメージ画像

フランス議会が最近、フランス国内での培養肉の製造・販売を禁止する法案を国会に提出するなど、国内での逆風に見舞われる中、Vital Meatは培養鶏肉の上市に向けてSFAへの承認申請を行った。

欧州を拠点とするVital Meatが最初の申請先にシンガポールを選んだ背景には、2030年までに食料自給率を30%に引き上げる「30 By 30」というシンガポールの国をあげた取り組みと、欧州の新規食品規制が複雑で時間がかかり、承認された企業がいまだないことが関係している。

シンガポールでは、これまでに米GOOD Meat(イート・ジャストの培養肉部門)の培養肉が販売を認められている。GOOD Meatは2020年末2021年末にそれぞれ培養鶏肉製品で販売認可を取得した。

イート・ジャスト共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のジョシュ・テトリック氏が以前、培養肉を海外生産するうえで「シンガポールはハブ」になると述べた通り、シンガポールでの培養肉販売を狙う企業は増える一方だ。

これまでにシンガポール進出を目指していることが判明している国は、オーストラリアのVow、オランダのMeatableモサミート、イスラエルのアレフ・ファームズ、中国のCellX、ドイツのBLUU Seafoodなど多数確認されており、欧州企業を含め各国の企業が進出を目指してる。

シンガポール企業ではUmami Bioworksが年内に承認申請するとFoovoによるインタビューで回答していた。

アレフ・ファームズVowは今年中にシンガポールで発売を見込んでいた。本記事を作成時点で承認は確認されていないが、二社がSFAに申請済みである可能性は高い。

このほかシンガポールで培養肉製造許可を取得しているEsco Asterと提携している韓国のSeawithも、シンガポール進出を考えているとみて間違いないだろう。

Vital Meatの培養鶏肉製品がSFAに承認されると、同社がシンガポールで認可を取得した欧州初の企業になる可能性がある。Vital Meatは今後数ヵ月以内にSFAから承認を得られると見込んでいるようだ。

フランスで細胞培養によるタンパク質開発に取り組む企業ではVital Meatのほかに、フォアグラを開発するGourmey、母乳を開発するNūmiが確認されている。

 

参考記事

Vital Meat LinkedIn

France’s Vital Meat Submits Pre-Market Dossier to Launch Cultivated Chicken in Singapore

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Vital Meat

 

関連記事

  1. Juicy Marblesが植物由来の骨付きリブ肉の開発に成功、…
  2. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  3. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  4. フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功
  5. ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイ…
  6. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  7. Mirai Foodsが厚さ1.5cm以上の培養テンダーロインス…
  8. ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達

ベルギーのフードテック企業Paleoはシードラウンドで200万ユーロ(約2億57…

Meatable、シンガポールへ培養豚肉餃子の導入を目指してESCO Asterと提携

オランダの培養肉Meatableは、世界で最初に培養肉製造認可を取得したシンガポ…

トマトで代替マグロを開発するスペイン企業Mimic Seafoodとは

スペインのフードテック企業Mimic Seafoodはユニークな原料を使って代替…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP