アグテック(AgTech)

二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億9000万円を資金調達、ゼロエミッションへ

二酸化炭素から作ったタンパク質で動物飼料を生産するDeep Branchが220万ユーロ(約2億6000万円)の資金調達に成功した。

Deep Branchの主力技術は、単細胞タンパク質(single-cell protein)

単細胞タンパク質とは、酵母や細菌など単細胞微生物のタンパク質のこと。原料に糖類、デンプン、メタンなどを使い、微生物を培養して増殖させた細胞を、飼料として利用する。

Deep Branchの単細胞タンパク質Protonは、原料にメタンや糖類ではなく、二酸化炭素を使う。

簡単にいうと、「空気」から作ったタンパク質だ。

出典:Deep Branch

二酸化炭素から作るタンパク質は良いこと尽くしだ。

原料が産業排出された二酸化炭素であるため、投入コストをかなり抑えることができる。また、同社Protonから作られる動物飼料は、魚粉飼料に匹敵する栄養があり、カーボンフットプリントを90%以上節約できるという。

しかも、産業排出される二酸化炭素を原料とするため年間を通じて原料調達が可能だ。つまり、季節的な価格変動や供給変動がない

出典:Deep Branch

Deep Branchは調達した資金を、オランダを拠点とするBrightlands Chemelot Campusの生産施設建設に使う予定。2021年第二四半期までに稼働を開始したいという。

今回の資金調達の3ヶ月前には、総額2400万ユーロ(約29億円)の出資を受ける9のプロジェクトをイギリスが発表していた。これはゼロエミッション農業とイギリスの食産業を支援するもので、このプロジェクトの1つにREACT-FIRSTがある。

REACT-FIRST は2020年7月に始まったDeep Branchが主導するプロジェクトで、10のコンソーシアムが参加。

Protonのコスト、栄養価、カーボンフットプリント、消化性に関するデータを収集し、気候危機に取り組み、Net Zero(温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすること)の達成を目指す。

「ヨーロッパでは、家禽や養殖魚には魚粉と大豆を飼料としていますが、これらは主に南アメリカから輸入され、環境に与える影響が小さくありません。当社は二酸化炭素排出量を90%以上削減できる、新しい、サステイナブルな動物飼料を開発しています」

とDeep BranchのCEO Peter Roweが語るように、魚粉代替飼料原料の開発が求められている

主な理由は、

●魚粉生産量が減少していること

●世界最大の魚粉輸出国ペルーが資源保護と価格安定のために漁獲調整しており、魚粉の増産は期待できないこと

●魚粉が1トンあたり1200~1500ドルと高価であることなどがある。

Deep Branchは2018年創業の、イギリス・ノッティンガムを拠点とするスタートアップ。今回の出資者はEuropean Innovation Council

イギリスで制定された2050年までに二酸化炭素排出をゼロにする法律の実現に大きく貢献する技術になるだろう。

 

参考記事

Deep Branch Secures €2.5M to Scale Up Production of Novel Protein Using CO2 Inputs

Animal feed made from recycled carbon secures £2.2 million funding

レポート|養魚飼料原料の多様化が創出する新たな事業機会と課題

養魚飼料原料の多様化が創出する新たな事業機会と課題

アイキャッチ画像の出典:Deep Branch

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  2. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  3. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  4. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  5. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  6. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  7. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  8. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…

おすすめ記事

培養肉企業モサミートがシリーズBを約89億円でクローズ

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミート(Mosa Meat)が新たに100…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP