3Dプリンター

培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最初の商品の販売へ

 

細胞培養でステーキを開発するイスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、シリーズBラウンドで1億500万ドル(約116億円)を調達した

このラウンドは、L CattertonのグロースファンドとDisruptADが主導し、Skyviews Life Scienceタイ・ユニオンBRFCJ CheilJedangが参加した。

既存投資家である、カーギルStrauss GroupVisVires New ProteinPeregrine VenturesCPT Capitalも参加した。

この調達により、アレフ・ファームズの調達総額は1億1800万ドルとなる。

2022年に最初の商品をリリース

アレフ・ファームズは、バイオ3Dプリンターを活用して培養ステーキ肉を開発する注目の培養肉企業の1つ。

培養ステーキを大量生産するための、特許取得済みの5つの技術が集結した独自のプラットフォームを構築している。

昨年、シンガポールで開催されたAgri-Food Innovation Summitでは、同社の培養肉プロトタイプが初めて発表された

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…
  2. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  3. パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、…
  4. イスラエルのMeaTechが新たに培養豚肉の開発始動を発表
  5. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  6. Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアッ…
  7. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…
  8. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…

おすすめ記事

フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juiceが約8.8億円を調達

天然ジュースの砂糖を減らす技術を開発するイスラエル企業Better Juiceが…

培養魚企業ブルーナル、回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフード&ライフカンパニーズと提携

写真はイメージ画像(ロゴは各社より引用)クロマグロ、ブリなどさまざまな培…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用化を支援

味の素は9日、コーポレートベンチャーキャピタルを通じて培養肉の開発・製造を手掛け…

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP