アグテック(AgTech)

コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、約1億3千万円を調達

 

このニュースのポイント

 

●コーヒーの副産物を有効活用するKaffe Buenoが約1億3千万円を調達

●2021年~2022年に新素材リリースへ

●コーヒー粕から化粧品、機能性食品、機能性飲料を開発

●Kaffe Buenoはコロンビアの起業家3名が立ち上げたデンマークのスタートアップ

 

コーヒーの副産物を有効利用するKaffe Buenoがシードラウンドで130万ドル(約1億3千万円)を資金調達した。

Kaffe Buenoはコーヒーかすのアップサイクルに取り組むデンマークのスタートアップ

アップサイクルとは、単なるリサイクルではなく、古くなったもの・廃棄されるものに新たな付加価値を持たせ、価値の高い、別のモノに生まれ変わらせること。

 

同社はコーヒーかすなどのコーヒー副産物から化粧品、機能性食品、機能性飲料を開発している。

同社の理念は、コーヒーに対する人々の認識を変えること。コーヒーを単なるカフェイン飲料から、サステイナブルで健康に良い「万能品」に変革させたいと考えている

出典:Kaffe Bueno

Kaffe Buenoの主力製品は次の3つ。

Kaffe Bueno Oil コーヒー副産物由来の化粧品原料。アンチエイジング、紫外線対策、保湿といったスキンケアのほか、食品・飲料の香料、保存料として活用できる。
Kafflour 使用済みコーヒーかす由来のグルテンフリー粉末パン、菓子、ピザ、パスタなどに活用できる。
Kaffibre コーヒー副産物由来の化粧品原料スクラブ、マスク、洗顔料、メイク落としとして活用できる。

KAFFLOURで作ったピザ 出典:Kaffe Bueno

今回調達した資金は、既存商品の量産化、新商品の開発、チーム拡充、知的財産権の保護に使われる予定。

Kaffe Buenoによると、コーヒーの健康に良い部分がコーヒーとして飲まれる割合はわずか1%未満。残りはごみ処分場で分解され、温室効果が二酸化炭素の25-86倍あるメタンを排出する。

コーヒーの副産物をアップサイクルできれば、コーヒーの健康に良い部分をより活用できるだけでなく、コーヒー廃棄物とメタン排出量の削減につながる。

2020年6月、Kaffe Buenoはスイスを拠点とする世界最大の香料メーカー・ジボダン(Givaudan)と提携。Kaffe Buenoのコア商品Kaffe Bueno Oilを、「Koffee’Up」というブランドで商用化した。

同社ブログによると今後は、食品・健康食品・化粧品用の新しい素材を2021年~2022年にリリースする予定

 

コーヒーを有効活用する他社の取り組み

コーヒーの副産物を活用する取り組みはほかにもある。

フォードとマクドナルドは、コーヒーのかすを車の部品に活用。ベルリンを拠点とするKaffeeformは、コーヒーかすからコーヒーカップを製造している。

Groundedは、使用済みのコーヒーかすを自宅で再利用できるキットを開発。使用したコーヒーかすとキットに付属されたきのこの「種」を使って、きのこを栽培できる。

コロンビア出身の創業メンバー 左からCamilo Fernandez、Alejandro Franco、Juan Medina 出典:Kaffe Bueno

今回のラウンドには、フィンランドのPauligVaekstfondenThe Yield Labが参加した。

コーヒーが単なるドリンクではなく、サステイナブルで、地球に優しいものとして今以上に活用されれば、農家はより多くの恩恵を受けられるようになる。

コロンビア出身の3名の起業家の今後の取り組みに期待したい。

 

参考記事

Kaffe Bueno Closes €1.1 Million Seed Round to Unlock Coffee’s Health Potential

Kaffe Bueno Raises $1.3M to Turn Upcycled Coffee Product Into Functional Food

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  2. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  3. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  4. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  5. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  6. マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNord…
  7. アボカドの芽の凍結保存に初めて成功|オーストラリアのクイーンズラ…
  8. コーヒー豆の品質評価を自動化するDemetriaが約3億2千万円…

おすすめ記事

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP