アグテック(AgTech)

コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、約1億3千万円を調達

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

このニュースのポイント

 

●コーヒーの副産物を有効活用するKaffe Buenoが約1億3千万円を調達

●2021年~2022年に新素材リリースへ

●コーヒー粕から化粧品、機能性食品、機能性飲料を開発

●Kaffe Buenoはコロンビアの起業家3名が立ち上げたデンマークのスタートアップ

 

コーヒーの副産物を有効利用するKaffe Buenoがシードラウンドで130万ドル(約1億3千万円)を資金調達した。

Kaffe Buenoはコーヒーかすのアップサイクルに取り組むデンマークのスタートアップ

アップサイクルとは、単なるリサイクルではなく、古くなったもの・廃棄されるものに新たな付加価値を持たせ、価値の高い、別のモノに生まれ変わらせること。

 

同社はコーヒーかすなどのコーヒー副産物から化粧品、機能性食品、機能性飲料を開発している。

同社の理念は、コーヒーに対する人々の認識を変えること。コーヒーを単なるカフェイン飲料から、サステイナブルで健康に良い「万能品」に変革させたいと考えている

出典:Kaffe Bueno

Kaffe Buenoの主力製品は次の3つ。

Kaffe Bueno Oil コーヒー副産物由来の化粧品原料。アンチエイジング、紫外線対策、保湿といったスキンケアのほか、食品・飲料の香料、保存料として活用できる。
Kafflour 使用済みコーヒーかす由来のグルテンフリー粉末パン、菓子、ピザ、パスタなどに活用できる。
Kaffibre コーヒー副産物由来の化粧品原料スクラブ、マスク、洗顔料、メイク落としとして活用できる。

KAFFLOURで作ったピザ 出典:Kaffe Bueno

今回調達した資金は、既存商品の量産化、新商品の開発、チーム拡充、知的財産権の保護に使われる予定。

Kaffe Buenoによると、コーヒーの健康に良い部分がコーヒーとして飲まれる割合はわずか1%未満。残りはごみ処分場で分解され、温室効果が二酸化炭素の25-86倍あるメタンを排出する。

コーヒーの副産物をアップサイクルできれば、コーヒーの健康に良い部分をより活用できるだけでなく、コーヒー廃棄物とメタン排出量の削減につながる。

2020年6月、Kaffe Buenoはスイスを拠点とする世界最大の香料メーカー・ジボダン(Givaudan)と提携。Kaffe Buenoのコア商品Kaffe Bueno Oilを、「Koffee’Up」というブランドで商用化した。

同社ブログによると今後は、食品・健康食品・化粧品用の新しい素材を2021年~2022年にリリースする予定

 

コーヒーを有効活用する他社の取り組み

コーヒーの副産物を活用する取り組みはほかにもある。

フォードとマクドナルドは、コーヒーのかすを車の部品に活用。ベルリンを拠点とするKaffeeformは、コーヒーかすからコーヒーカップを製造している。

Groundedは、使用済みのコーヒーかすを自宅で再利用できるキットを開発。使用したコーヒーかすとキットに付属されたきのこの「種」を使って、きのこを栽培できる。

コロンビア出身の創業メンバー 左からCamilo Fernandez、Alejandro Franco、Juan Medina 出典:Kaffe Bueno

今回のラウンドには、フィンランドのPauligVaekstfondenThe Yield Labが参加した。

コーヒーが単なるドリンクではなく、サステイナブルで、地球に優しいものとして今以上に活用されれば、農家はより多くの恩恵を受けられるようになる。

コロンビア出身の3名の起業家の今後の取り組みに期待したい。

 

参考記事

Kaffe Bueno Closes €1.1 Million Seed Round to Unlock Coffee’s Health Potential

Kaffe Bueno Raises $1.3M to Turn Upcycled Coffee Product Into Functional Food

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが…
  2. 誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラ…
  3. 量子ドットを活用して温室フィルムを開発するUbiQD、電気を使わ…
  4. 廃棄パンからクラフトビールを作る香港企業Breer、4名の香港大…
  5. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  6. 農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達…
  7. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  8. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

おすすめ記事

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

農作物の残り物を有用成分にアップサイクルするComet Bioが約24億円を調達

農業廃棄物をアップサイクルしてさまざまな成分に変えるComet Bioがシリーズ…

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリー…

ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボットRotimatic

コロナウイルスの影響によりレストランの閉鎖を経験した今、デリバリー、家庭用フード…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/26 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP