Foovo Deep

コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、約1億3千万円を調達

 

このニュースのポイント

 

●コーヒーの副産物を有効活用するKaffe Buenoが約1億3千万円を調達

●2021年~2022年に新素材リリースへ

●コーヒー粕から化粧品、機能性食品、機能性飲料を開発

●Kaffe Buenoはコロンビアの起業家3名が立ち上げたデンマークのスタートアップ

 

コーヒーの副産物を有効利用するKaffe Buenoがシードラウンドで130万ドル(約1億3千万円)を資金調達した。

Kaffe Buenoはコーヒーかすのアップサイクルに取り組むデンマークのスタートアップ

アップサイクルとは、単なるリサイクルではなく、古くなったもの・廃棄されるものに新たな付加価値を持たせ、価値の高い、別のモノに生まれ変わらせること。

 

同社はコーヒーかすなどのコーヒー副産物から化粧品、機能性食品、機能性飲料を開発している。

同社の理念は、コーヒーに対する人々の認識を変えること。コーヒーを単なるカフェイン飲料から、サステイナブルで健康に良い「万能品」に変革させたいと考えている

出典:Kaffe Bueno

Kaffe Buenoの主力製品は次の3つ。

Kaffe Bueno Oil コーヒー副産物由来の化粧品原料。アンチエイジング、紫外線対策、保湿といったスキンケアのほか、食品・飲料の香料、保存料として活用できる。
Kafflour 使用済みコーヒーかす由来のグルテンフリー粉末パン、菓子、ピザ、パスタなどに活用できる。
Kaffibre コーヒー副産物由来の化粧品原料スクラブ、マスク、洗顔料、メイク落としとして活用できる。

KAFFLOURで作ったピザ 出典:Kaffe Bueno

今回調達した資金は、既存商品の量産化、新商品の開発、チーム拡充、知的財産権の保護に使われる予定。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7…
  2. パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがア…
  3. 培養肉企業21社の生産工場・稼働状況まとめ-2022年11月時点…
  4. Remilkがイスラエルで初めて精密発酵タンパク質の認可を取得
  5. オーストラリアの培養羊肉企業Magic Valley、アニマルフ…
  6. アジア初の精密発酵CDMO企業ScaleUp Bioが間もなく施…
  7. マイコプロテインを開発するフィンランド企業Eniferが約19億…
  8. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

微生物とAIで新素材を発見するKingdom Superculturesが約28億円を調達

天然の微生物を組み合わせて新しい素材を開発する米Kingdom Supercul…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

過去にはピザの自販機やサラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的な…

ノルウェー研究評議会が5年間の細胞農業プロジェクトに出資、培養肉・精密発酵による食品開発強化へ

ノルウェーの国家研究戦略を決める政府系機関ノルウェー研究評議会(The Rese…

シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2022)参加レポート(代替タンパク質にフォーカス)

2022年10月26日~28日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズにある…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP