代替プロテイン

GOOD Meatが培養肉生産に無血清培地を使用する認可をシンガポール当局から取得

 

米イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは18日、培養肉生産に無血清培地を使用する許可をシンガポール食品庁(SFA)から取得したことを発表した

無血清培地は、培養肉の生産プロセスから動物血清の除去を可能とし、培養肉の生産拡大と製造コストの削減に寄与するものとなる。

イート・ジャストの共同創業者兼CEOのジョシュ・テトリック氏は、「少し前まで、血清の除去は培養肉のスケールアップを制限する主要なものと考えられていました。当社チームがまさにこれを実現し、今週これを商用化するための承認を得たことをこの上なく誇りに思います。これは当社、培養肉業界、地球の健康にとって一歩前進です」とコメントしている。

出典:GOOD Meat

GOOD Meatは2020年12月に世界で初めて培養鶏肉製品をシンガポールのレストランで販売し、現在でも世界で唯一培養肉の販売許可を取得した企業となる。同社はその1年後、新しい培養鶏肉製品でも販売認可を取得した。今回、無血清培地の承認を得たことで、まもなく、より効率的で有利な生産プロセスへ移行するという。

GOOD Meatは現在、シンガポールに培養肉工場の建設を進めている。このパイロット工場は今年開設する予定で、生産能力は数万ポンド規模となる(1万ポンドは約4.5トン)。同社はABECと提携して、この工場に6000リットルのバイオリアクターを設置する予定であり、無血清培地を使用した生産プロセスで稼働するという。

出典:GOOD Meat

GOOD Meatの培養肉は会員レストラン1880をはじめ、人気ホーカー店(屋台)、高級レストランで限定販売されたほか、現在、Foodpandaのデリバリーで毎週木曜日に限定販売を実施している。

今月からは、高品質な精肉店で知られるHuber’s Butcheryに隣接したレストランで毎週、培養鶏肉を使用したメニューを注文できるようになった。予約注文開始から10分で枠が埋まるなど、培養肉の供給は現状ではまだ限定的だが、今回の無血清培地承認を受け、今年シンガポールで工場が稼働を開始すれば、供給量は徐々に増加していくと予想される。

GOOD MeatはABECと提携して25万リットルの大型バイオリアクターを製造しており、2024年後半にアメリカで操業予定の大規模工場に10基を導入することを計画している

同社はカタールにも培養肉工場の建設計画を発表しており、シンガポールから同国内外に向けて細胞農業のイノベーションを推進するうえで重要な役割を担っている。

 

参考記事

GOOD Meat Receives Approval to Commercialize Serum-Free Media

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:GOOD Meat

 

関連記事

  1. 代替脂肪(油脂)セミナー開催のお知らせ
  2. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  3. テキサスのBioBQ、世界初となる培養肉ブリスケット開発に挑戦
  4. 国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功
  5. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  6. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…
  7. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…
  8. インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ

おすすめ記事

トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro

新型コロナウイルスの影響により、人との接触を減らせる「次世代自販機」が海外では注…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

培養サーモンの米Wildtype、レストラン・小売との提携を発表

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカのWildtype(ワイルドタイプ)…

規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull Harvestが約26億円を調達

規格外・余剰の農産物をB2Bで販売するプラットフォームを構築するFull Har…

米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|動物を犠牲にしない「本物のコラーゲン」

アメリカ、ノースカロライナ州を拠点とするJellatechは、独自の細胞株の培養…

フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指す

フランスの昆虫食企業Ynsectが開発するバーガーやナゲットが、数年以内にイギリ…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/29 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP