アグテック(AgTech)

農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達

スポンサーリンク

サンフランシスコを拠点として農業用ソフトを開発するArableが、シリーズBラウンドで2000万ドル(約20億円)を調達した。

2014年に設立された同社は、天候、温度、湿度といった農作物の収穫・品質に影響を与えるデータを収集し、農家に提供するソフトを開発。これにより、農家は最適なタイミングで必要な決断ができるようになる。

主力製品Arable Mark2はフリスビーのような形状で、分光センサーや温度センサーなどを搭載。ポールに取り付けて設置するが、セッティングは最短5分とお手軽だ。

出典:Arable

Arable Mark2は次の項目をモニタリングする。

・降水量

・湿度

・土壌水分

・植物の温度

・太陽放射

・風速

・風向

・クロロフィル指数

 

Arable Mark2はこれらのデータを収集し、農作物の成長速度、必要な水量、土壌の栄養状態といった情報をArableのアプリを通じて農家に届ける。

Arableは新たに調達した資金を海外展開にあてる予定。すでにブラジル、チリ、オーストラリアの農家と提携している。ArableのCEO Jim Ethingtonによると、当面のターゲットはブラジルだという。今回調達した資金は、非公表の新しいプロジェクトなど研究開発にも投入される予定。

出典:Arable

同じくアグテックに力をいれるInnerPlantは先月、同社初となるセンサープラントInnerTomatoをリリースした。警告を発する自然シグナルを増強するよう遺伝子操作されたバイオセンサーと、ドローンなどを組み合わせることで、ストレスにさらされた植物が異なる色に発色する。ストレス時に葉の色が変化するため、問題が発生する前に農家に「潜在的な問題」を伝えることができる。

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

ラウンドはサンフランシスコを拠点とするPrelude Venture Capital、ワシントンを拠点とするMiddleland Capitalなどが主導した。Arableがこれまでに調達した総額は3380万ドル(約35億円)となる。

参考記事

Arable Raises $20M to Expand Its Sustainable Farming Technology

Arable Cultivates $20M Series B To Digitize Agriculture

Arable Raises $20 Million Series B Round For Agriculture Data Collection Tools

アイキャッチ画像の出典:Arable

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerToma…
  2. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  3. Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の…
  4. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  5. Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキ…
  6. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…
  7. コーヒー副産物のアップサイクルに取り組むKaffe Bueno、…
  8. 農業スタートアップRevol Greensが約71億円を資金調達…

おすすめ記事

【完全保存版】代替魚ベンチャー企業25社まとめ【2020年版カオスマップ】

この記事では、代替魚の開発に取り組む国内外のベンチャー・スタートアップ企業25社…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

牛を使わない牛乳、鳥を使わないのチキン、牛を使わないステーキ、魚を使わない寿司・・・・ときたら、次は…

チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進出を目指す

チリのフードテックスタートアップのNotCoは、新たに約89億円の資金調達に成功…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートとのコラボが始まった。…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP