アグテック

農業データ収集ソフトのArableが約20億円を資金調達

サンフランシスコを拠点として農業用ソフトを開発するArableが、シリーズBラウンドで2000万ドル(約20億円)を調達した。

2014年に設立された同社は、天候、温度、湿度といった農作物の収穫・品質に影響を与えるデータを収集し、農家に提供するソフトを開発。これにより、農家は最適なタイミングで必要な決断ができるようになる。

主力製品Arable Mark2はフリスビーのような形状で、分光センサーや温度センサーなどを搭載。ポールに取り付けて設置するが、セッティングは最短5分とお手軽だ。

出典:Arable

Arable Mark2は次の項目をモニタリングする。

・降水量

・湿度

・土壌水分

・植物の温度

・太陽放射

・風速

・風向

・クロロフィル指数

 

Arable Mark2はこれらのデータを収集し、農作物の成長速度、必要な水量、土壌の栄養状態といった情報をArableのアプリを通じて農家に届ける。

Arableは新たに調達した資金を海外展開にあてる予定。すでにブラジル、チリ、オーストラリアの農家と提携している。ArableのCEO Jim Ethingtonによると、当面のターゲットはブラジルだという。今回調達した資金は、非公表の新しいプロジェクトなど研究開発にも投入される予定。

出典:Arable

同じくアグテックに力をいれるInnerPlantは先月、同社初となるセンサープラントInnerTomatoをリリースした。警告を発する自然シグナルを増強するよう遺伝子操作されたバイオセンサーと、ドローンなどを組み合わせることで、ストレスにさらされた植物が異なる色に発色する。ストレス時に葉の色が変化するため、問題が発生する前に農家に「潜在的な問題」を伝えることができる。

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

ラウンドはサンフランシスコを拠点とするPrelude Venture Capital、ワシントンを拠点とするMiddleland Capitalなどが主導した。Arableがこれまでに調達した総額は3380万ドル(約35億円)となる。

参考記事

Arable Raises $20M to Expand Its Sustainable Farming Technology

Arable Cultivates $20M Series B To Digitize Agriculture

Arable Raises $20 Million Series B Round For Agriculture Data Collection Tools

アイキャッチ画像の出典:Arable

 

関連記事

  1. 【5/29】持続可能な畜産業に向けた江田畜産の挑戦|畜産セミナー…
  2. 家庭生ゴミを鶏の飼料に変える米Millが開発したキッチンデバイス…
  3. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…
  4. 宮崎発・江田畜産社セミナー動画(田中伶氏)|2024年5月開催
  5. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  6. ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約…
  7. メタン生成を阻害する飼料を精密発酵で開発するNumber 8 B…
  8. 米Pairwise、CRISPR技術により世界初の種なしブラック…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein」の発売を発表

スウェーデン企業Mycorenaが菌類由来の代替脂肪「Mycolein(マイコレ…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット生産に成功/培養脂肪企業10社の動向

中国の培養肉企業Joes Future Foodが培養豚脂肪のパイロット生産に成…

Motif FoodWorksが新成分ヘム「HEMAMI」を発売、新施設の建設も発表

植物ベース食品のアップデートに取り組む米Motif FoodWorksが開発した…

果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Labs、ベリー向けに商用化を発表

果物の鮮度を2倍に伸ばす独自シールを開発する米Ryp Labsが、ベリー向けの鮮…

米Matrix F.T.が独自マイクロキャリアで作成した培養鶏肉を発表

培養肉用の足場とマイクロキャリアを開発する米Matrix F.T.(旧称Matr…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP