代替プロテイン

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

 

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)

 

牛を使わない牛乳、鳥を使わないのチキン、牛を使わないステーキ、魚を使わない寿司・・・・ときたら、次はハチミツだろうか?

本当にミツバチを使わずに本物のハチミツを開発する企業が登場した。

アメリカのMeliBioだ。

Melibioは、合成生物学と微生物発酵によってミツバチを使わないハチミツを開発している。

米国のハチミツの市場規模は増加の一途をたどっている。

2018年の84億ドルから2025年には140億ドルに達すると予想される一方で、ウイルス、病原菌、気候変動などによりミツバチの数は減少している。

ミツバチの減少—これはハチミツ価格の上昇にとどまる問題ではない。

出典:grandviewresearch.com

ミツバチは多くの農作物の受粉を手助けする役割を担っている。つまり、ミツバチの数が減少すれば、農作物の収穫量にも影響がでる。

「地球上からミツバチが消えたら、人間は4年しか生存できない」とアインシュタインが語ったように、ミツバチは人間の生存に非常に重要な役割を持っているにもかかわらず、その役割はたいてい見過ごされている。

体に優しい甘味料として歓迎されるハチミツだが、その製造には倫理的な問題も伴う。

日本では養蜂でミツバチを殺しはしないが、煙を使っておとなしくさせている。煙は無毒であるものの、煙の高熱がミツバチの羽を溶かしてしまったり、ミツバチにパニックを起こさせてしまったりすることが報告されている。

こうした問題に終止符を打つために立ち上がったのがDarko Mandichだ。

「イノベーションによって養蜂産業にサステナビリティを実現しなければ、ミツバチと人間は重大な影響を被ることになる」と語るMandichが、Aaron Schallerと開発したのが、ミツバチを一切使わずに、本物のハチミツと同等のおいしさ・栄養をそなえた人工ハチミツだ。

Aaron Schaller(左)とDarko Mandich(右) 出典:MeliBio

年末までに仮出願を予定しているため、詳細な生産プロセスは非公開だが、製造には合成生物学と微生物発酵が関係している

MeliBioの人工ハチミツは、生合成されたハチミツで、本物のハチミツに含まれる主要成分をすべて含んでいるという。

「人々がハチミツを買うのは、ハチミツが驚くべき特性を備えた健康食品だからです。最終製品が本物のハチミツと区別できなくなるまで、商品はリリースしません」とMandichは語る。

同社がカリフォルニア州バークレーで実施したブラインドテストでは、参加者はMeliBioと本物のハチミツを区別できなかったという。

同社によると、CPG(Consumer Packaged Goods)ブランドとしてではなく、食品や飲料品に使われるブランド化された材料としてリリースする予定。すでに複数の会社からコンタクトがあり、2021年末のリリースを目指している

MeliBioはこれまでに資金調達に成功しているが、調達額は非公開。

10月のプレシードラウンドには、ベンチャーキャピタルでアクセラレーターであるBig Idea Ventures、エンジェル投資家でM13の共同創業者であるCourtney Reumが参加した。

 

参考記事

MeliBio: This Remarkable Food Tech Is Making Real Honey Without Bees

Real-honey-without-bees-Berkeley-based-startup-MeliBio-gears-up-for-launch-in-late-2021

Honey Market Size, Share & Trends Report Honey Market Size, Share & Trends Analysis Report By Application (Food & Beverages, Personal Care & Cosmetics, Pharmaceutical), By Distribution Channel, By Region, And Segment Forecasts, 2019 – 2025

The Stateof theBees

crunchbase.com

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:MeliBio

 

関連記事

  1. MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUma…
  2. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  3. オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pure…
  4. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  5. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  6. オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提…
  7. 中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、50…
  8. 微細藻類を活用するカナダのProfillet、ホールカットの植物…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2022)参加レポート(代替タンパク質にフォーカス)

2022年10月26日~28日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズにある…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

Umami BioworksとShiok Meatsが合併計画を発表

シンガポールの培養シーフード企業Umami BioworksとShiok Mea…

バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが約3.5億円を調達

スペインのスタートアップ企業であるCocuusは、プレシリーズAで250万ユーロ…

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP