代替プロテイン

菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調達、年内に発売予定

>> <<

 

このニュースのポイント

 

●Meati Foodsが約29億円を資金調達

菌糸体から代替肉を開発

●Meati Foodsの代替肉は18時間で製造可能

年内に発売予定

 

 

コロラド発の代替肉スタートアップMeati FoodsがシリーズAラウンドで2800万ドル(約29億円)の資金調達に成功した。

調達した資金は製品の改良に使い、年内にD2Cで商品をリリースする予定

Meati Foodsは代替タンパク質でステーキ肉の切り身やチキンブリスケットになる代替肉を作るスタートアップ。

コロラド大学で出会った2人の青年が考え出した代替肉は他社とは違う。

出典:Meati Foods

細胞を培養するのでも、大豆を使うのでもない。

キノコの菌糸体を使うのだ。

しかも、プロセス全体にかかるのは1日だというから驚きだ。

菌糸体というのは、キノコの地中にある「根」に相当するもの。

糸状の形をしていることから菌糸体と呼ばれる。

この部分に有用な成分がたっぷりつまっている。

創業メンバーの2人 Tyler HugginsとJustin Whiteley 出典:Meati Foods

同社共同創業者のTyler Hugginsによると、現在は菌糸体から代替肉を製造するまでにかかる時間はわずか18時間。製パン、チーズ作りなどで使う100年前からある技術を用いる。

Meati Foodsの代替肉が作られるプロセスは次のとおり。

 

天然の菌糸体を屋内で栽培する。
室内栽培のため、汚染物質、農薬など外部の環境さらされず、純正の菌糸体を得られる。

 

ステンレスタンクで成長させる。増殖過程で与えるのは水、糖質、栄養のみ。

 

菌糸体が完全に成長したら採取する。完全に成長するまでは一晩。

 

菌糸体ができたら最終製品に応じた形状にする。菌糸体を天然素材が豊富な漬け汁に浸すと、菌糸体由来のおいしいタンパク質になる。プロセス全体にかかる時間は18時間。

 

 

植物性タンパク質を活用して、代替ブロック肉を製造する会社は多くない。

Meati Foodsの代替肉は、ステーキ肉の切り身チキンブリスケットにもできるうえ、タンパク質、繊維、必須ミネラル、ビタミンなど十分な栄養を有する。何より、製造にかかる時間が短いことが特徴だ。

出典:Meati Foods

今回の資金調達の先立ち、Meati Foodsは非公開でレストランでのトライアルを実施していた。調達した資金は、トライアルに参加したレストランからのフィードバックをもとに、製品の改良に使う予定。今年後半にはD2Cで商品をリリースしたいと考えている。

今回のラウンドには、Acre Venture Partners、Prelude Ventures、Congruent Venturesなどが参加した。クランチベースによると、今回の資金調達は今年になってから4回目。8月には2500万ドル(約26億円)を調達している。

 

参考記事

Mushroom Steak: Meati Foods Raises US$28M Series A Round For Its Fungi-Based Whole-Cut Meats

How is Meati made?

Crunchbase.com/organization/emergy-food

アイキャッチ画像の出典:Meati Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  2. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  3. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  4. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  5. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  6. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  7. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  8. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…

おすすめ記事

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性の伸びるチーズと霜降り肉技術の使用権を獲得

Motif FoodWorksは植物肉・植物チーズをより本物に近づける技術の独占…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

Apeel Sciences、鮮度を保てるプラスチックフリーなキュウリ、ウォルマートで販売開始|食品ロス問題の解決に

食品ロス問題に取り組む米スタートアップのApeel Sciencesは、Houwelingグループと…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP