代替プロテイン

菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調達、年内に発売予定

 

このニュースのポイント

 

●Meati Foodsが約29億円を資金調達

菌糸体から代替肉を開発

●Meati Foodsの代替肉は18時間で製造可能

年内に発売予定

 

 

コロラド発の代替肉スタートアップMeati FoodsがシリーズAラウンドで2800万ドル(約29億円)の資金調達に成功した。

調達した資金は製品の改良に使い、年内にD2Cで商品をリリースする予定

Meati Foodsは代替タンパク質でステーキ肉の切り身やチキンブリスケットになる代替肉を作るスタートアップ。

コロラド大学で出会った2人の青年が考え出した代替肉は他社とは違う。

出典:Meati Foods

細胞を培養するのでも、大豆を使うのでもない。

キノコの菌糸体を使うのだ。

しかも、プロセス全体にかかるのは1日だというから驚きだ。

菌糸体というのは、キノコの地中にある「根」に相当するもの。

糸状の形をしていることから菌糸体と呼ばれる。

この部分に有用な成分がたっぷりつまっている。

創業メンバーの2人 Tyler HugginsとJustin Whiteley 出典:Meati Foods

同社共同創業者のTyler Hugginsによると、現在は菌糸体から代替肉を製造するまでにかかる時間はわずか18時間。製パン、チーズ作りなどで使う100年前からある技術を用いる。

Meati Foodsの代替肉が作られるプロセスは次のとおり。

 

天然の菌糸体を屋内で栽培する。
室内栽培のため、汚染物質、農薬など外部の環境さらされず、純正の菌糸体を得られる。

 

ステンレスタンクで成長させる。増殖過程で与えるのは水、糖質、栄養のみ。

 

菌糸体が完全に成長したら採取する。完全に成長するまでは一晩。

 

菌糸体ができたら最終製品に応じた形状にする。菌糸体を天然素材が豊富な漬け汁に浸すと、菌糸体由来のおいしいタンパク質になる。プロセス全体にかかる時間は18時間。

 

 

植物性タンパク質を活用して、代替ブロック肉を製造する会社は多くない。

Meati Foodsの代替肉は、ステーキ肉の切り身チキンブリスケットにもできるうえ、タンパク質、繊維、必須ミネラル、ビタミンなど十分な栄養を有する。何より、製造にかかる時間が短いことが特徴だ。

出典:Meati Foods

今回の資金調達の先立ち、Meati Foodsは非公開でレストランでのトライアルを実施していた。調達した資金は、トライアルに参加したレストランからのフィードバックをもとに、製品の改良に使う予定。今年後半にはD2Cで商品をリリースしたいと考えている。

今回のラウンドには、Acre Venture Partners、Prelude Ventures、Congruent Venturesなどが参加した。クランチベースによると、今回の資金調達は今年になってから4回目。8月には2500万ドル(約26億円)を調達している。

 

参考記事

Mushroom Steak: Meati Foods Raises US$28M Series A Round For Its Fungi-Based Whole-Cut Meats

How is Meati made?

Crunchbase.com/organization/emergy-food

アイキャッチ画像の出典:Meati Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入
  2. パーフェクトデイの子会社The Urgent Companyがア…
  3. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  4. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  5. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  6. The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク…
  7. シンガポールのSophie’s Bionutrien…
  8. 細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァー…

おすすめ記事

「細胞培養の救世主」、クラウドで培養を受託する米企業Culture Biosciencesが培養肉開発を加速する

培養肉の開発では製造プロセスの最適化が重要となるが、これには莫大な時間がかかり、…

MeaTechが低コストな培養脂肪の生産方法で米国仮出願を提出

イスラエルの培養肉企業MeaTechは、米国特許商標庁(USPTO)に植物由来成…

フードロス削減のために米Surge Alertが開発した気候モニタリングデバイス

フードロスを減らすため、ニューヨークを拠点とするSurge Alertは24時間…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。…

【完全保存版】代替魚・代替シーフードベンチャー企業25社まとめ【2021年版カオスマップ】

この記事では、代替魚・代替シーフードの開発に取り組む国内外のベンチャー・スタート…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/19 17:57時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/19 11:49時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/19 23:06時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP