アップサイクル

食品製造で発生する廃糖水で菌糸体粉末を作るHyfé Foodsが約2.6億円を調達

 

Hyfé Foodsは低炭水化物、高タンパク質の菌糸体粉末の生産を目指す米国イリノイ州を拠点とする企業で、先月、プレシードラウンドで募集を上回る200万ドル(約2億6000万円)の資金調達をおこなった。

今回のラウンドは、MITからスピンアウトしたThe Engineが主導した。The EngineタフテックTough Tech:世界の最重要課題を、科学、工学、リーダーシップのブレイクスルーを融合することで解決しようとする変革的技術)のアーリーステージ企業に対し出資を行うベンチャーとされる。

このほか、Blue HorizonCaffeinated CapitalSupply Change CapitalLifelyGaingelsHack Venturesなどが参加した。Hyfé Foodsはまた、米国アルゴンヌ国立研究所のChain Reaction Innovations(CRI)のアクセラレータープログラムを通じて米国エネルギー省から助成金も獲得している。

この資金により製品化に向けたスケールアップが加速されるだろう。

環境問題と食料問題の解決に寄与する菌糸体タンパク質

共同創業者・CEOのMichelle Ruiz氏 出典:Hyfé Foods

Hyfé Foodsは、食品や飲料の製造で発生する廃糖水をアップサイクルし、様々な食品に利用できる菌糸体粉末を生産している。

独自に開発したカーボンニュートラルの手法により、高タンパク質、低炭水化物でアレルギーフリーの粉末を手頃な価格で生産するという。この技術は食料供給に貢献するだけでなく、水の保全や食料問題など社会全体の環境問題にも広く貢献することができる。

現在の食料システムは、世界の淡水の70%を使用し、温室効果ガスの25%を排出している。水をアップサイクルして使用することにより発酵に要する水を減らせるだけでなく、大量のメタンガスを発生する排水処理施設に回す処理水を原料に変換できる。

二酸化炭素の何倍の温室効果があるかを示す地球温暖化係数(GWP)で、メタンは二酸化炭素の84~86倍の温暖化効果があるとされていることから、メタンガスの発生原因となる排水をアップサイクルできる環境メリットは大きい。

精製炭水化物に伴う健康面の不安をなくす

共同創業者・CTOのAndrea Schoen氏 出典:Hyfé Foods

世界中で広く食されている小麦は高度に精製された炭水化物を含み、長年、慢性疾患の要因とされてきた。Hyfé Foodsは未来の食は持続可能であるだけでなく、体にも良いものであるべきだと考えている。

共同創業者兼CEOのMichelle Ruiz氏は、「Hyféのパスタは鶏胸肉と同じレベルのタンパク質を含み、食物繊維も豊富ですが精製した炭水化物は含んでいません。ヒトにも地球にもやさしい食品つくりが当社の理念です。Hyféの菌糸体粉末は味や作用が小麦粉に似ていて健康に対する好ましくない効果もなく楽しむことができます。バイオテクノロジーを活用することにより、この素材をカーボンニュートラルでありながら、安価に生産することを目指しています」と述べている。

健康面での利点に加えて、菌糸体を地域で工業的に生産できるようなれば、遠隔地や農業に適さない地域でも生産できるようになり、人類の食料不足に対する対策としてもメリットがある。

多様化しつつある菌類由来タンパク質

出典:Mycorena

菌類を代替タンパク質として用いている食品としてはQuornがよく知られている。1985年に英国で製品化されて代替肉として欧州や英国で普及したQuornは、2002年に市場参入した米国でも普及を目指している。

このほか食料問題や環境面でのニーズを背景に、近年、菌類を代替タンパク質として活用する企業が増えている。スウェーデンのMycorena、米国のMeati FoodsNature’s Fynd、そしてAqua Cultured Foodsなどのスタートアップが菌類由来タンパク質の製品化を進めており、未来の代替タンパク質候補の一つのカテゴリーになりつつあるように思われる。

 

参考記事

Hyfé Foods Turns Wasted Sugar Water into Flour Amidst a Supply Chain Crunch

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Hyfé Foods

 

関連記事

  1. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  2. 牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリ…
  3. 草食動物の腸内細菌で代替タンパク質を開発する米SuperBrew…
  4. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-
  5. 培養肉企業MeaTechが約100グラムの3Dプリントされた培養…
  6. モサミートが培養肉の工業生産に向けて生産施設を拡大
  7. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  8. チーズ大手のBelグループ、米Superbrewed Foodと…

おすすめ記事

高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Tech Webinar Fall 2021参加レポート

株式会社アドライト社が代替タンパク質の可能性にフォーカスしたセミナー「Food-…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600万円のシード資金を調達

発酵技術により油脂を開発するスウェーデン企業Melt&Marbleが、シ…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

「本物のようにほぐれる」ホールカットの代替タラを開発するアイルランド企業Sea&Believe

アイルランドのスタートアップSea&Believeは、ビーガン向けホール…

精密発酵でカカオを使わずにチョコレートを開発する独QOAとは

ドイツ、ミュンヘンを拠点とするスタートアップ企業QOAは、カカオを使わないチョコ…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(12/04 20:09時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/04 13:46時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/04 06:12時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/04 16:06時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP