代替プロテイン

バイオテック企業が培養ペットフードを開発するGood Dog Foodを設立

 

スコットランドのリーディングバイオテック企業Roslin Technologiesは、同社の幹細胞技術を拡大し、高品質で環境に優しい、アニマルフリーなドッグフードを開発する英スタートアップ企業Good Dog Food設立した

培養ペットフードを開発するGood Dog Food

Roslin Technologies CEOのErnst van Orsouw氏 出典:Roslin Technologies

Roslin Technologiesはソーセージ、ハンバーガー、チキンナゲットなどを開発する世界の培養肉企業に「高品質な細胞株」を提供してきた。

今回設立したGood Dog Foodは、細胞農業に特化したベンチャーキャピタルAgronomicsとの合弁会社となり、環境に優しく健康的なペットフードを、培養肉を使って開発していくという。

Roslin TechnologiesでCEOを務めるErnst van Orsouw氏は、「このベンチャーは地球の炭素排出量削減に寄与し、ペットを飼う人々に畜産肉に代わる持続可能で健康的、高品質な代替品を提供します。人向けの高級ステーキやバーガーであれ、大切なペット向けの肉製品であれ、私たちの使命は食料システムの方向性を培養肉など代替タンパク質に向けて、環境にプラスの影響をもたらすことです」とコメントしている。

Roslin Technologiesはスコットランドのエディンバラ大学と協業関係にあり、世界一流の研究設備や動物科学の知見にアクセスできる。Good Dog FoodはAgronomicsの有する投資家、培養肉専門家のネットワークを活用しつつ、培養ペットフードの開発からローンチまで行っていく予定だ。

アメリカで食肉の約25%を占めるペットフード

出典:Roslin Technologies

ペットフードには動物由来のタンパク質が使用されてきたが、家畜や魚由来の製品は環境負荷、水産資源の乱獲を伴う。

ペットフードはアメリカで消費される肉全体の4分の1を占めるというデータも報告されている。アメリカだけでも、犬猫用のペットフードは6400万トンの二酸化炭素に相当するメタンや亜酸化窒素の原因だと推定されている

培養肉は、動物を飼育、屠殺することなく細胞に栄養を与えて動物の体外で生産されるため、ペットフードへの応用が進めば、環境への影響をさらに低減できる可能性を秘めている。

細胞農業でペットフードを代替する動き

出典:Wild Earth

畜産に伴う環境負荷を削減し、高まる食料ニーズに応えるために、現在国内外で培養肉の開発が進んでいる。

大部分の企業は人向けの培養肉の開発に焦点をあてているが、代替ペットフードに注目する企業はGood Dog Foodのほかにも登場している。

植物由来ペットフードを市販してきたWild Earthは今年、細胞培養によるペットフードの上市を予定している。同社は昨年9月に2300万ドル(当時約25億円)を調達した。

精密発酵によりペットフードを開発するBond Pet Foodsは昨年、ペットフードメーカーHill’s Pet Nutrition提携した。同社も今月、1860万ドル(約25億円)を調達しており、2023年の上市を目指している。

今後は人向けに続き、ペットフード業界での代替食品にも注目が集まっていきそうだ。

 

参考記事

Roslin Technology widens portfolio with foray into eco-friendly dog food

アイキャッチ画像の出典:Roslin Technologies

 

関連記事

  1. マクドナルドがアメリカでマックプラントの試験販売を終了
  2. 精密発酵で卵白タンパク質を開発するOnego Bio、米国進出に…
  3. オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を…
  4. 廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、ス…
  5. フランスの培養肉企業Vital Meat、シンガポール当局へ承認…
  6. ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表
  7. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億…
  8. 精密発酵で乳タンパク質を開発するBon Vivantが約24億円…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWo…

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

【2021年10月】代替シーフードの投資動向/大手、スタートアップの参入・提携状況

本記事は、2021年1月~9月までの代替シーフードの投資状況、大手×スタートアッ…

Meatable、EU初の培養肉試食会をオランダで開催

オランダの培養肉企業Meatableは今月、欧州連合(EU)で初めて培養肉の試食…

ShiruがAIプラットフォームで開発した最初の製品「OleoPro」を商用化

アメリカのバイオテック企業Shiruは今月、AIを活用した最初の食品原料の商用化…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/21 21:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 01:23時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/21 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP