代替プロテイン

イギリスのマクドナルドがマックプラントを導入、2022年に全国導入へ

 

マクドナルドの植物肉バーガー「マックプラント」がついにイギリスで発売される。今月後半より、イギリスの一部店舗でマックプラントが販売される。

パテはアメリカの代替肉企業ビヨンドミートと共同開発したものを使用。2022年からはイギリス、アイルランドで全国展開する。

ファーストフード巨人のマクドナルドがビヨンドミートと3年間の提携を発表したのは今年2月のこと。同月にはスウェーデン、デンマークのマクドナルドで「マックプラント」の試験販売が実施された。

9月後半より、イギリス、コヴェントリーにある10店舗で「マックプラント」が試験販売される。これまでの試験販売と異なるのは、イギリス、アイルランドでで販売される「マックプラント」は100%ビーガンな仕様で、チーズ、マヨネーズも植物性を使用していること。

動物成分を含む食品とは別の専用グリルで調理されるため、ベジタリアンだけでなくビーガンの消費者へもリーチできる。

出典:マクドナルド

ファーストフードの中では、バーガーキングがプラントベースへの移行を積極的に進めている。バーガーキングも、イギリスで販売する植物肉バーガーにはパテだけでなく他の成分もすべて植物由来成分を使用している。イギリスのバーガーキングは今年3月に、2031年までにメニューの半分を植物ベースに移行させたいと発表していた。

イギリスでは今月後半からコヴェントリーにある10店舗で「マックプラント」が販売されたのち、年末までに250店舗に拡大される予定。2022年にはイギリス、アイルランド全国に展開する。イギリスのマクドナルド店舗は約1300箇所と推定され、来年にはマクドナルドで一挙にプラントベースへの移行が進むことが予想される。

出典:ビヨンドミート

競合バーガーキングは、地域毎にパテのサプライヤーを使い分けている。

アメリカではインポッシブルフーズ、中国、イギリスなどではユニリーバ傘下のベジタリアンブッチャー、日本や韓国はオーストラリアのv2foodを採用している。マクドナルドも香港では、地元の代替肉企業グリーンマンデーのオムニポークを使ったメニューを導入しているが、ビヨンドミートと複数年契約していることから、今後のパートナーシップがどうなるかはわからない。

マクドナルドは2019年9月にカナダでビヨンドバーガーの試験販売をしたが、半年にわたる試験販売後、完全導入には至らず、マクドナルドによる沈黙の終了にさまざまな憶測が飛んでいた。

今回の報道で、アメリカのマクドナルドがいつ「マックプラント」を発売するのか、詳細は発表されていない。昨年11月の「マックプラント」発表時、マクドナルドは2021年にいずれかの地域で販売予定であることを発表していた

その発表通りに導入が進んでおり、本場アメリカでいつ導入されるかが注目される。

 

参考記事

McDonald’s Launches First 100% Vegan McPlant Burger In The UK

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:マクドナルド

関連記事

  1. ScaleUp Bio 、食品用途の2つの精密発酵施設を来年シン…
  2. 代替母乳のTurtleTree、カリフォルニアに研究施設開設を発…
  3. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  4. 英Ivy Farm、欧州最大の培養肉パイロット工場をオープン
  5. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  6. ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を…
  7. TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2…
  8. 食肉大手JBSが培養肉に参入、培養肉企業BioTech Food…

おすすめ記事

フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功

フィンランドの研究チームは精密発酵技術により、動物を使うことなく卵白タンパク質の…

【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等なアニマルフリー卵タンパク質を発表

微生物発酵を活用して卵タンパク質を開発するクララフーズが社名変更を発表した。…

ユニリーバが精密発酵によるアイスクリーム発売計画を発表

食品・日用品大手のユニリーバが、精密発酵により作成したアイスクリームを約1年以内…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナライズ化」を導入

2018年にサンフランシスコにオープンし、話題となったロボットレストランCrea…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP