代替プロテイン

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

>> <<

 

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定で販売する。

提供されるバーガーはZero Chickenバーガー。シンガポールのKFC80店舗で期間限定で販売される。

Zero Chickenバーガーはマイコプロテインを主な原料とする。マイコプロテインとは、真菌由来の高繊維・低脂肪なタンパク質のこと。

Zero Chickenバーガーは動物肉を使わないが、完全にヴィーガンではない。バーガーは、植物パテのほか、チーズ、マヨネーズ(動物性卵を使用)、レタス、バーベキューソースでトッピングされる。

単品6.55ドル(約680円)、セット8.65ドル(約900円)で販売される。

KFCの植物ベース食品への取り組み

出典:KFC

KFCはこれまでにも、植物肉の試験販売を何度も実施している。

2020年1月には、イギリスの900店舗でZero Chickenバーガーを提供(100%ヴィーガン)。パテはQuornの植物肉を使用していた。

2019年、カナダで代替チキン(Lightlife Foodsのもの)を販売。6時間で売り切れとなった。このテスト販売後、カナダのKFCでは代替チキンを完全にメニューに導入した。

2020年には中国カーギルビヨンドミートの植物肉メニューを販売。

2020年6月、香港ではグリーンマンデーと共同開発してAlpha Foodsの代替ナゲット、Gardeinの代替パテを販売。

本国アメリカでもビヨンドミートとコラボしており、2019年に、アトランタでビヨンドチキンを試験販売。このときはわずか5時間で売り切れるという盛況ぶりだった。

出典:KFC

2020年6月には南カリフォルニアの50か所に試験販売を拡大しているが、アメリカ全土の完全導入にはまだいたっていない

KFCは植物肉だけでなく、培養肉にも関心をもっている。

ロシアの3Dバイオプリンティングソルーションズと協業して、ロシア市場へ3Dプリンティング技術を活用した培養肉と植物肉のハイブリッドチキンを提供したいとしている。

昨年7月の報道では、2020年秋までに最終製品をテスト、2021年中頃に承認申請を行うとしていた。

フードテックのハブとなるシンガポール

今回、期間限定とはいえ、KFCの新しい試みの場としてシンガポールが選ばれたことは、重要な意味を持つ。

ここ数ヵ月のフードテック企業の動きを見るかぎり、シンガポールはフードテック企業が成長を加速するうえで、重要な立地と言える

アメリカのフードテック企業イート・ジャストは、世界で初めて培養肉の販売許可をシンガポールで取得した。同社の代替チキンはGOOD meatのブランド名で、レストランで販売されている。

アニマルフリーな乳タンパク質を作るアメリカのパーフェクトデイは、今年4月にシンガポールに研究開発拠点を開設することを発表している。

地元発の培養肉企業Shiok Meatsは11月に培養ロブスター試作品を発表、2022年までにシンガポールに生産工場を建設する予定だ。

農業用地が国土のわずか1%であるシンガポールは、フードテック・アグテックを次の成長産業と位置付け、2030年までに食料自給率を30%まで引き上げる新たな目標を打ち出した昨年4月には、フードテックのイノベーションに2100万ドルを出資する助成金プログラムをたちあげている。

参考記事

KFC Launches Plant-Based Zero Chicken Burger in Locations Across Singapore

KFC’s Meatless Chicken Burger Launches at More than 80 Locations in Singapore

KFC Bringing Beyond Meat Plant-Based Chicken to SoCal, 3D Printed Chicken to Russia

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:KFC

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  2. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…
  3. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億…
  4. 昆虫由来の代替タンパク質に取り組むTebritoが約1億円を調達…
  5. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始
  6. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  7. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…
  8. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…

おすすめ記事

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

動物を使わずに「牛乳」を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達

このニュースのポイント●イスラエルRemilkが…

イスラエルの培養肉企業MeaTechが世界で初めてNasdaq市場に上場

イスラエルの培養肉企業MeaTech(Nasdaq:MITC)がNasdaq市場…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Pr…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP