代替魚

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

>> <<

 

このニュースのポイント 

●シンガポールのShiok Meatsが培養ロブスター試作品を発表

●エビ・ロブスターの次は培養カニを開発予定

●2020年までに現行価格1/140のコストダウンを目指す

●2022年までの商品化が目標

●販路はBtoB、シンガポール市場からアジア太平洋へ

 

 

シンガポールの培養肉スタートアップShiok Meatsが世界初となる培養ロブスターの試作品を発表した。

Shiok Meatsが開催したプライベートな試食イベントで披露されたのは、培養ロブスターを使ったガスパチョ(冷製スープ)テリーヌ。いずれもShiok Meatsが細胞を増殖して生産した培養ロブスターの肉を使っている。

今回発表された培養ロブスターは、同社が培養エビの開発に用いたものと同じ技術で作られている。ロブスターから採取した細胞を、バイオリアクターで数週間培養すると得られる。特許出願中の技術を用いると、これまでの4倍の速さで甲殻類を生産できるという

ロブスターはサイズ、形状、味の面でエビよりも複雑だ。

Shiok Meatsによると、細胞由来のエビの生産にかかる時間は現在6週間、ロブスターの場合はエビよりも数週間長くかかる

同社は今後2、3ヶ月で細胞からカニの試作品を作る予定であることを明かしている

Shiok Meatsの共同創業者Sandhya Sriram (左)とKa Yi Ling(右) 出典:Shiok Meats

現在、エビとロブスターの試作品は開発フェーズにあり、販売されていない。商品化するには、シンガポールの規制当局Singapore Food Agency(SFA)から培養水産物の販売承認を得る必要がある。

同社は商品化のゴールを2022年に設定しており、同じく2022年までにシンガポールのセノコに生産工場を建設する予定FoodNavigatorによると、工場が建設され、稼働を開始すれば、販売承認を得られるようになる。

Shiok Meatsは9月のシリーズAラウンドで1260万ドルの資金を調達しており、資金の一部を工場建設にあてる予定だ。

2020年末までのコストダウンが目標

出典:Shiok Meats

最大の課題はコストだ。

Shiok Meatsが2019年4月に最初に発表した培養エビの価格は、しゅうまい8個で4000ドル(約42万円)~5000ドル(約52万円)だった。同年12月には1キロ7000ドル(約73万円)までコストダウンしたものの、これはしゅうまい1個あたり300ドル(約3万円)に相当し、依然として高い。

同社は今年(2020年)年末までに、価格を1キロ50ドル(約5200円)に下げたいと考えている。現在の価格の1/140だ。

ShiokはレストランなどのBtoBで培養エビ・ロブスターを提供する予定。まずシンガポールで発売してから、アジア太平洋を狙う。

加熱する細胞農業レース

家畜・水産いずれの分野でも培養肉はまだ商品化されていない。しかし、培養肉スタートアップは次々と登場しており、投資動向もその流れを後押ししている。

主なプレーヤーが今年調達した資金額(公開されているもののみ)は総額68億円以上となる。内訳は次のとおり。

 

●モサミート、9月に約58億円を調達

●メンフィスミーツ、1月に約1億6千万円を調達

●Shiokと共同で培養エビを開発するインテグリカルチャー、5月に8億円を調達

●Biotech Foods、8月に約2億3千万円を調達

●BlueNalu、4月に約2000万円を調達

 

 

培養肉に取り組むプレーヤーは商品化までに15年ほどかかる覚悟でおり、コスト・量産化の課題はあるものの、環境的・倫理的・道徳的な面で畜産にはない価値がある

80年以上前にウインストン・チャーチルが語ったように、「胸肉や手羽先を食べるために鶏を丸ごと育てるなんてバカなことはやめて、それぞれの部位をふさわしい培地で別々に培養するようになる」世界はすぐそこまで来ている

「すべての変化は、気がつかないほどゆっくりと進行するだろう」と予言したチャーチルの言葉通り、Shiok Meatsが開発する培養エビはコストダウンに向かっている。

コストダウンに成功すれば、研究室で作られた肉を食べることはますます現実のものとなるだろう。

参考記事

Shiok Meats unveils world’s first cell-based lobster, outlines manufacturing and collaboration plans

Shiok Meats Unveils Prototype for Cell-Based Lobster

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Shiok Meats

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…
  2. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  3. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  4. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  5. イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガ…
  6. サケ・マス・コイを開発する欧州初の培養魚Bluu Bioscie…
  7. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  8. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…

おすすめ記事

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。…

ネスレがヴィーガンキットカットの販売を欧州で開始!

ネスレが植物ベースのヴィーガンキットカットを発売した。ヴィーガンキットカ…

Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bioは高級肉開発で差別化を図る

培養肉スタートアップ企業Orbillion BioがYコンビネーターのWinte…

培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最初の商品の販売へ

細胞培養でステーキを開発するイスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、シリーズ…

植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Dreamery、今年前半に初商品の発売へ

植物性チーズのシェアは大きくないが、代替チーズに取り組む企業は増えつつある。…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP