キッチンOS

サムスンがIoTアプリに買い物機能を備えた「SmartThings Cooking」を追加、シームレスな料理を追求

 

サムスンはCES2021でレシピ検索から買い物機能まで備えたSmartThings Cookingを発表した。

サムスンのスマート冷蔵庫Family Hubで人気の高かった機能を、SmartThingsアプリに新しい機能「SmartThings Cooking」として追加した。

SmartThingsアプリとは、サムスンのスマートテレビ、スマート冷蔵庫、スマート洗濯機など、すべてのIoTデバイスを1つのアプリで制御することを可能としたもので、CES2018で最初に発表された。

 

今回、このSmartThingsアプリに新しい機能となるSmartThings Cookingの追加が発表された。

SmartThings Cookingは、スマートフォン、サムスンの調理デバイス、スマート冷蔵庫Family Hubをつなぐ

アプリを通じて、レシピの検索から、食材の購入1週間の食事計画・準備までをシームレスに行うことができる。

SmartThings Cookingができる機能は次のとおり。

・好み・冷蔵庫にある材料に応じてパーソナライズされたレシピを提案

1週間の食事プランを提案

・Whiskネットワークを通じた買い物機能(ウォルマート、クルーガー、インスタカート、Amazonフレッシュ)

・アプリを通じて料理のつくり方をガイド

・同期されたサムスンの調理デバイスにレシピの指示を送信(温度、焼き加減、時間など)

 

出典:サムスン

今回発表されたSmartThings Cookingは、WhiskのフードAIによる機能を使っている(サムスンネクストは2019年3月にWhiskを買収)。

スマート冷蔵庫Family Hubを持っている人なら、アプリと冷蔵庫のCooking Boardスクリーンを同期して、大きな画面に表示することができる。

広がるキッチンOSの波

SmartThings Cookingを使うには、サムスンのキッチン用電子機器をそろえる必要があるが、買い物機能などが追加されたレシピアプリはトレンドになりつつある。

サイドシェフも似たサービスをすでに展開している。

ウォルマート、Amazonフレッシュと提携し、レシピの検索から食材購入までをノンストップで可能とするサービスを提供している。

このように、レシピ検索から食材の発注、調理時の火力・温度・時間調節などをシームレスでつなぐ概念をキッチンOSといい、フードテックの新しいトレンドとして注目される。

今回、サムスンが発表したSmartThings Cookingも、「買い物」「レシピ」「調理」という、以前であれば連携していなかったバラバラの行動をシームレスにつなげるキッチンOSの1つだ。

出典:サムスン

日本にもこの動きが広がり始めている。

昨年には、レシピサービスで有名なクックパッドが、アプリ内に送料無料の買い物機能を追加した。レシピ検索と食材の調達がクックパッドのアプリ内で完結する。

購入した食材は、駅、コンビニなど約200か所のクックパッドの「マートステーション」に生産者から直送される。ユーザーは好きな場所・好きな時間に受け取ることができる

現在は東京・神奈川・埼玉に限定されているが、生産者と消費者を直につなぐ新しいシステムとして、全国に広がっていくだろう。

出典:mercatus

買出しまでシームレスで対応するレシピサービスの高まりは、コロナウイルスの感染拡大と密接に関係している

2025年までに食料品EC市場は2500億ドル(約26兆円)の売上になり、食料品全体の21.5%のシェアを占めると予想されている

 

参考記事

Samsung Introduces a One-Stop Shop that Curates Every Step of Your Cooking Journey

CES 2021: Samsung’s SmartThings App Adding Shoppable Recipe and Guided Cooking

レシピサービス「クックパッド」、アプリ内に送料無料の買い物機能を追加

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:サムスン

 

関連記事

  1. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…
  2. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  3. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…
  4. Cooler Screens|店舗の冷蔵食品棚を動的な広告に変え…
  5. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  6. キッチンOSのイニットがGoogleクラウドと提携、食料品購入の…
  7. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  8. フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億90…

おすすめ記事

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP