Foovo Deep

培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bioworks、年内にシンガポールで申請へ【創業者インタビュー】

 

世界のシーフード消費が増えるなか、絶滅の危機に瀕している魚種を細胞培養により開発する培養シーフード企業が増えている。

その中で、さまざまな企業との提携を拡大し、上市を目指すのが、ウナギ、マグロを開発するシンガポール企業Umami Bioworks(旧称Umami Meats)だ。同社はこれまでに培養つみれ、培養フィッシュケーキなどのプロトタイプを発表しており、年末までにシンガポール当局への承認申請を予定している。

昨年7月には培養シーフードの共同開発でイスラエルの培養肉企業Steakholder Foodsと提携。イスラエル・シンガポールからの助成金獲得を経て、今年4月には提携の成果として培養ハタの切り身を発表した

今年5月には日本進出を発表し、東京に日本支社を開設した。8月には、グローバルに展開する日本の大手水産食品会社マルハニチロとの提携に続き、ペットフード業界への参入を発表するなど勢いが止まらない。

創業者兼CEO(最高経営責任者)のMihir Pershad氏は、「私たちはシンガポールを拠点としていますので、最初の承認申請はシンガポールで行う予定です。しかし、マルハニチロとの提携により、日本でも承認申請のルートを探り始めています」と述べ、日本市場進出に意欲を見せる。

マルハニチロとの提携

Mihir Pershad氏 出典:Umami Bioworks

マルハニチロとの提携の目的は、「市場への導入と規模拡大を実現することです」とPershad氏は述べた。

提携の狙いは3つに細分化できる。1点目は、消費者調査を行い、製品化について理解を深めること。2点目は、消費者が求める美味しくて健康的な製品を開発すること。そして3点目は製造のスケールアップと市場投入に向けた規制プロセスの実施だ。

Umami Bioworksは現在、ウナギ、マグロ、ハタ、マダイなどの魚種に取り組んでいる。Pershad氏によると、マルハニチロの優先順位により、追加の魚種を開発する可能性もあるという。

日本では刺身、東南アジアではパンガシウス(ナマズの一種)など、地域によって好まれる魚種は異なる。市場のニーズに応じて、Umami Bioworksは商品化の優先順位を変えたり、製品化しやすいものから市場へ出したりするのだろうか。

この点についてPershad氏は、「“まあまあ”の刺身しか作れないのであれば、売れない“まあまあ”の製品で大きな市場を狙うよりも、本当に高品質な商品を作れるようになるまで待った方がいいでしょう」と述べ、市場投入にあたり商品の品質を下げないことを重視していることを強調した。

パートナー企業が自社工場で培養魚を製造・最適化するのを支援

出典:Umami Bioworks

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Umami Bioworks

 

関連記事

  1. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…
  2. 英Hoxton Farmsがロンドンに培養脂肪のパイロット工場を…
  3. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  4. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  5. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  6. ビヨンドミートが日本市場進出へ|U.S.M.Hと独占販売契約を締…
  7. 中国の培養肉企業CellXが培養肉のパイロット工場建設を発表
  8. Nature’s Fyndがカナダで微生物由来タンパク質Fyの認…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

香港発の代替肉スタートアップ企業グリーンマンデーが、代替豚肉に続いて代替魚に参入…

精密発酵セミナー動画-2023年4月開催-

2023年4月に開催した精密発酵セミナーの視聴用ページです。会員の方だけ視聴いただけます。…

おいしい水分補給の実現を目指すCirkulが約32億円を調達

美味しい水分補給の実現を目指すCirkulが、シリーズBラウンドで3000万ドル…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

フードロスに取り組む米Apeel Sciencesが約274億円を調達

フードロスに取り組む米Apeel SciencesがシリーズEラウンドで2億50…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP