代替プロテイン

細胞培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが約28億円を調達、実証プラント建設へ

 

培養ソーセージを開発するNew Age Meatsが9月にシリーズAで2500万ドル(約28億円)を調達した。同社は2022年までに細胞培養による代替ソーセージをアメリカで発売する予定。

このラウンドは2月のシードラウンドの約2億1000万円の資金調達に続くもので、調達した資金でカリフォルニアに実証プラントを建設する。

クランチベースによると、同社の調達総額は3200万ドル(約36億円)となる。

2022年までに米国で培養ソーセージ発売へ

出典:New Age Meats

New Age Meatsはカリフォルニア州バークレーを拠点とするスタートアップ企業。同社は培養肉と植物肉をブレンドした豚肉ソーセージを開発している。

ソフトウェア開発、12年間の化学系エンジニアのキャリアを有するBrian Spears氏が2018年に創業者した。プレスリリースによると、FDA承認を経て、2022年までに生産を開始し、アメリカで「さまざまなソーセージ製品」の発売を目指している。

同社は調達した資金で、カリフォルニア州アラメダに20000平方フィートの実証プラントを建設し、スタッフを2倍に増やす。

海外進出はアジアから

出典:New Age Meats

New Age MeatsはFDAの承認を得られ次第、アメリカで商品を発売するが、最初の海外進出先としてアジアを狙う。

具体的な国名は明らかにされていないが、世界の豚肉の約半分を消費する中国、世界に先駆けて培養肉の販売を許可したシンガポールを想定している可能性が考えられる。

マッキンゼーの報告によると、他国と比較してアジアの食肉消費量は突出している。豚肉の消費量でもアジアが他の地域よりとりわけ多い。

青色は豚肉を示す 出典:マッキンゼー

今回のラウンドは韓国の財閥企業ハンファグループの1つ、ハンファソリューションズが主導、IndieBioTechU VenturesSiddhi Capitalなどが参加した。ハンファソリューションズの出資が、New Age Meatsのアジア進出の追い風となると考えて間違いない。

Spears氏は今回の資金調達について、2022年までに生産を開始するうえで「重要なマイルストーン」だと表現している。

ハイブリッド戦略で迅速な市場投入を狙う

出典:New Age Meats

New Age Meatsは、市場投入を迅速にするために培養肉と植物肉をブレンドするハイブリッド戦略をとる。

イスラエルのFuture Meatも同様の戦略を採用する。最近では中国の植物肉企業HeroteinとアメリカのMission Barnsがハイブリッド肉の開発で提携している。

「パンデミックと気候危機が何かを強調しているとすれば、動物に危害を与えたり、環境をさらに傷つけたりすることなく、何十億という人々の高まるタンパク質需要を満たすために、世界は劇的に良い方法を見つける必要があるということです。」

(創業者・CEOのBrian Spears氏)

「培養肉と植物性タンパク質を組み合わせるハイブリッド製品がまさにこれを実現すると信じています」とSpears氏は述べ、「手頃な代替肉に対する世界的な需要の高まりに対応するために可能な限り迅速に行動していく」とコメントしている。

 

参考記事

New Age Meats Raises $25M in Series A Funding To Speed Development of Cultured Meat

New Age Meats To Launch Cell-Based Sausages By 2022 After $25M Series A

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:New Age Meats

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  2. 食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Me…
  3. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  4. MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プ…
  5. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  6. 6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カ…
  7. Aqua Cultured Foodsが微生物発酵による代替イカ…
  8. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…

おすすめ記事

機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億2400万円を調達

フードロス削減に取り組むFloWasteがシードラウンドで110万ドル(約1億2…

800DegreesとPiestroが提携し完全自動のピザ自販機製作を開始

自動ピザ製造販売機を製作しているPiestroは昨年8月、大手ピザレストランの8…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

イート・ジャストの代替卵JUST Eggが欧州の安全性承認を取得

米イート・ジャストの代替卵JUST Egg(ジャスト・エッグ)の主要成分が、欧州…

ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売

ネスレ・マレーシアが植物性食品に特化した生産施設をマレーシアに開設した。…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP