代替プロテイン

米イート・ジャスト、年内または2022年に30億ドルのIPOを目指す

>> <<

 

植物卵・培養肉を開発するアメリカのイート・ジャストが、今年第4四半期から2022年始めにかけて新規株式公開(IPO)することが報じられた。

イート・ジャストはIPOで「最低でも」30億ドルの評価額となることを目指している。Forbesが第一報を報じた。

イート・ジャストは代替タンパク質企業の中でも昨今、非常に注目を集めている企業といえる。

同社の植物卵JUST Eggの日本進出を待ち望む声は多い。

出典:イート・ジャスト

緑豆をベースとしたJUST Eggはアメリカのスーパーなど小売で販売されるほか、スターバックスを含むレストランにも導入されており、すでに2万箇所を超える小売、1000の飲食店で販売されるなど、アメリカでプラントベース卵商品の不動のポジションを獲得している。

これまでに販売したJUST Eggは、1億個の卵に相当する。

今年1月には、中国大手ファーストフードのDicosがJUST Eggをメニューに追加。これは中国の大手ファーストフードが動物性食品を植物性食品に切り替える初の事例となった。

3月にはカナダへ進出している。

植物卵で知名度をあげたイート・ジャストだが、最近では培養肉での相次ぐ「世界初」で、業界をリードしている。

同社の培養肉は、昨年12月に世界で初めて販売許可を取得

同月にシンガポールのレストランで培養鶏肉GOOD Meatを使った料理を販売、4月にはデリバリー企業フードパンダ(foodpanda)と提携し、世界初となる培養肉料理の宅配サービスを実施した。

イート・ジャストの培養チキン 出典:Eat Just

同社は2030年までに畜産肉と同等価格にすることを目指すとともに、鶏肉以外の肉にも取り組む考えを明らかにしている。

5月には、シンガポールのレストランが動物肉を同社の培養肉に完全に置き換えることを発表。イート・ジャストは現在、シンガポールに工場を建設している。

これまでの調達総額は、4億4000万ドル(約488億円)。

この中には、3月の219億円、5月の培養肉部門GOOD Meatが調達した約184億円が含まれる。

ジョシュ・テトリック氏 出典:イート・ジャスト

ジョシュ・テトリック氏は、今後半年から1年以内にアメリカで培養肉を販売するための規制をクリアできると考えている。

そして、アメリカに続く国は中国となると予想。中国には植物卵JUST Eggが小売・ファーストフード店Dicosですでに導入されている。

テトリック氏はForbsのインタビューに次のようにコメントし、培養肉がいずれは主流になるという見方を示している。

「まず忘れてはいけないのは、一見して突飛に思えることは、いずれ当たり前になるということです。

仮に僕が2002年に、音楽のほとんどは売れなくなって、ストリーミング配信されると言っていたら、おかしいと思ったはずです。

誰もが食べる肉になりますので、培養肉はいずれ話題にされることもなくなるでしょう」(共同創業者・CEOのジョシュ・テトリック氏)。

 

参考記事

Eat Just Mulls $3 Billion IPO To Eventually Make Cruelty-Free Food Mainstream

Report: Eat Just Aiming for $3B IPO in 2021

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:イート・ジャスト

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  2. コオロギタンパク質を生産するエントモファームズが約3億円を調達
  3. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性…
  4. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…
  5. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  6. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  7. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  8. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…

おすすめ記事

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスター…

海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わるタンパク質源の「主役」となるか?

植物ベースの代替肉といえば、大豆、えんどう豆などが主流だが、数年後には、海藻が主…

微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内に試食会を実施

ベルリンを拠点とするスタートアップFormoは微生物を使ってアニマルフリーなチー…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP