着色料

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

 

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sensientによると、これはFDAが承認した最初の植物由来の天然青色着色料なる

FDAは、スポーツドリンク、炭酸飲料、フルーツジュース、アルコール飲料、お茶、乳飲料、栄養ドリンクなどのドリンクから、ガム、アイスクリーム、ヨーグルト、飴などの食品まで、幅広い製品カテゴリ向けにチョウマメ由来の着色料を承認した。

プレスリリースによると、チョウマメ由来の着色料は熱に非常に安定で、製品のpHに応じて、明るい青から、濃い紫、自然な緑色までさまざまな色合いを出すことができる。

たとえば、pH3.8を超えると明るいデニムの色合いとなり、スポーツドリンクなど低いpHでは、独特の濃い紫色の色合いとなる。

チョウマメは赤道付近のアジア原産であり、東南アジア全体に一般的にみられる。チョウマメの花びらは何世紀にもわたってカフェインフフリーなハーブティーを作るために使用されてきた。シェフはチョウマメの花を料理で鮮やかな色合いを出すために使用してきたが、着色料として製造する場合は複雑な工程となる。

Sensientは着色料としてFDAの承認を得るために、限外ろ過と濃縮に関するFDAの要件を満たすよう取り組んだ。

同社は脱塩水(純水)と乾燥させた無農薬チョウマメの花びらを組み合わせ、限外ろ過後に液体を濃縮、低温殺菌することで着色料を開発した。これにより得られる抽出物は水分が42~62%で、アントシアニンを主成分とする。

Sensientは2015年にスピルリナ由来の着色料も開発している。新しい研究では、赤キャベツに含まれる色素を使用して、天然の安定した青色着色料を作り出せることが報告されている。

これらの植物ベースの着色料に加え、最近では発酵技術を活用した着色料の開発も進んでいる。デンマークのChromologics、イスラエルのPhytolonなどは、微生物発酵によりサステイナブルな着色料の開発を進めており、この1年で2社とも資金提供を受けている。

 

参考記事

FDA Approves Sensient Butterfly Pea Flower Extract

New blue: FDA approves Sensient’s natural color made from butterfly pea flower

 

関連記事

  1. 精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワ…
  2. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  3. 植物性着色料を開発中のイスラエルフードテックPhytolonが約…
  4. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  5. 菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichrom…

おすすめ記事

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

オランダの培養肉企業Meatableが培地の共同開発でDSMと提携

オランダの培養肉企業Meatableは、手頃な培地の共同開発でオランダの総合化学…

培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約114億円を調達

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカ企業WildType(ワイルドタイプ…

蜜蜂を使わずにハチミツを作る米MeliBioがプレシードで約9400万円を調達

代替肉、代替ミルクなど代替タンパク質に取り組む企業が増える中…

精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワークスと提携

サステイナブルな食用色素を開発するイスラエル企業Phytolonが、バイオテクノ…

精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Biosciences

カカオ豆を使用せずカカオバターを開発する新たな企業が登場した。カリフォルニア州サ…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP