Foovo Deep

精密発酵で着色料を開発するMichromaが約8.4億円を調達

 

精密発酵により持続可能な天然着色料を開発するMichromaは今月、シードラウンドで640万ドル(約8億4000万円)を調達したことを発表した。

General Millsが支援するSupply Change Capitalがラウンドを主導した。Michromaは調達した資金で商品化を進め、研究開発を拡大し、自社の原料プラットフォームを拡大する。

新たな投資家には、40ヵ国以上に拠点を構える世界的な食品企業Dr. Oetkerが支援するBe8 Venturesと、発酵技術で60年以上の経験を有する大手食品・バイオテック企業である韓国のCJ第一製糖が含まれる。CJ第一製糖が精密発酵に出資するのはNew Cultureに続きMichroma が2社目となる。

Michromaは食品業界のバリューチェーンから、着色料の主要成分となっている石油を取り除くことを目指している。

菌類由来の熱とpHに安定な赤色着色料

出典:Michroma

2019年に設立されたアルゼンチン・アメリカを拠点とするMichromaは、精密発酵を使用して菌類から作成される高性能な着色料で、原料業界を変えようとしている。

精密発酵は、微生物を生産工場として目的のタンパク質を生産する手法をいう。約40年前のヒトインスリン全合成のブレイクスルーから始まった同技術は、現在では食品業界に急速に浸透し、アイスクリームミルク油脂ハチミツなどの生産プロセスにおける脱アニマル化、持続可能性を促進している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Michroma

 

関連記事

  1. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  2. Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表
  3. 酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600…
  4. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  5. 黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6…
  6. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologies…
  7. ダノンが細胞培養母乳を開発するイスラエル企業Wilkに出資
  8. 代替油脂の米Lypidが台湾大手コーヒーチェーンと提携、500店…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開始

ネスレは今月、精密発酵企業パーフェクトデイの乳タンパク質を使用したミルク製品「C…

中国の培養肉Joes Future Foodが約12億円を調達、実証プラント建設へ

中国の培養肉企業Joes Future Food(中国語名:周子未来)がシリーズ…

GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは10日、シンガポールでアジア最大…

インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け準備

代表的な米代替肉企業インポッシブルフーズが1年以内に株式上場すると言われるなか、…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

プラスチック使用削減のために食用スプーンを開発したIncrEDIBLE Eats

食事で使用されるプラスチック製品を減らすために、食べられるスプーンが登場した。…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/28 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/28 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/29 00:19時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/28 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/28 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP