Foovo Deep

精密発酵で天然着色料を開発するPhytolonがギンコ・バイオワークスと提携

 

サステイナブルな食用色素を開発するイスラエル企業Phytolonが、バイオテクノロジーのユニコーン企業ギンコ・バイオワークスと食用色素の生産で提携したことを発表した

Phytolonはギンコの技術を活用し、黄色から紫色の色素スペクトルを有するベタレインの生産で協力する。2社の提携はPhytolonの色素開発技術を次のレベルに引き上げ、食品および化粧品業界でのビジネスチャンスを最大化することを狙いとしている。

海外メディアによると、Phytolonは2023年の市販化を計画している。

精密発酵で天然着色料を開発するPhytolon

出典:Phytolon

人工着色料は視覚的に魅力的で安価に製造できるが、健康上の懸念から、多くの着色料は食品への使用が禁止されている。持続可能で天然由来の製品を求める消費者意識の高まりに伴い、食品業界では、石油由来のものと同等レベルの鮮やかさを備えた代替着色料の開発が進んでいる。

Phytolonは、人工着色料と同等の鮮やかさを備えた食用色素をよりサステイナブルに生産するために、精密発酵を活用している。

精密発酵は、微生物に作りたいタンパク質の遺伝子を挿入し、目的のタンパク質を生産する手法をいう。約40年前のヒトインスリン全合成のブレイクスルーから始まった同技術は、現在では食品業界に急速に浸透し、アイスクリーム、牛乳油脂ハチミツチョコレートなどの生産プロセスにおける脱アニマル化、持続可能性を促進している。

Phytolonは、イスラエル、レホボトにあるワイツマン科学研究所のAsaph Aharoni教授特許技術(US10767201B2)を使い、幅広い食用色素を開発するために2018年に設立された。同社は精密発酵を活用して、酵母をベタレインの「作り手」とし、ビートレッドなどの主要原料を使わずにベタレインを生産している。

天然着色料ベタレインの課題

出典:Phytolon

Aharoni教授は公開特許のなかで、ベタレインの課題について次のように言及している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Phytolon

  

関連記事

  1. イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自…
  2. Avant Meatsが中国バイオ医薬品企業QuaCellと提携…
  3. フルーツジュースの砂糖を減らすイスラエルのBetter Juic…
  4. トッピングから焼き上げまで3分で完成するピザ自販機Piestro…
  5. Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉…
  6. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…
  7. 分子農業スタートアップMiruku創業者に聞く「ベニバナによる乳…
  8. 牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Viv…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より…

タピオカティーロボットで未開拓市場を狙うBobacinoが約2.9億円を調達

完全に自動化されたタピオカティーロボットを開発する米スタートアップBobacin…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

カーギルがマイコプロテインの英ENOUGHと販売契約を締結

カーギルは今月、マイコプロテインを開発する英ENOUGHとの提携拡大を発表した。…

チーズ大手のベル、精密発酵企業Standing Ovationと独占提携

世界的なチーズブランドBabybel、Laughing Cow、Boursinで…

培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロにも参入、2022年までに市販化へ

培養魚を開発するアメリカのFinless Foodsが、植物性代替マグロに参入す…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP