ロボット

タピオカティーロボットで未開拓市場を狙うBobacinoが約2.9億円を調達

 

完全に自動化されたタピオカティーロボットを開発する米スタートアップBobacinoがシリーズAラウンドで220万ドル(約2億9000万円)を調達した

Bobacinoは関節アームでタピオカティーを自動作成するタピオカティーロボットを開発している。

アメリカでは店舗設置と運営にかかるコストの高さ、利益率の低さのため、タピオカティーショップは海岸部に集中していると同社は指摘している。自動化することで利益率を向上できれば、未開拓エリアへタピオカティーショップを設置することが可能となる。

Bobacinoが狙うのは自動化による未開拓市場であり、同社は2025年までに5200万ドルの収益が見込めると予想している

出典:Bobacino

Bobacinoのタピオカティーロボットの価格は5万ドル、設置には1~2週間しかかからず、利益率は31%を見込めるという。

キオスク内部の関節アームに保持されたカップにタピオカ、シロップ、ミルクが順に投入される。注文は備え付けのタブレットで行い、ミルクの量やシロップの量など好みの味にカスタマイズできる。タピオカティーが完成すると、関節アームがピックアップし、取り出し口に置く。タピオカティーは封がされた状態で取り出し口に置かれるので、こぼれる心配はない。

出典:Bobacino

Bobacinoは先月、サンフランシスコを拠点とするタピオカカフェチェーンBoba Guysとの戦略的パートナーシップを締結した。二社はBobacinoの技術開発を加速し、コラボレーションの機会を探る。

iCrowd Newswireによると、 2019年の世界のタピオカの市場価値は53億ドルで、2024年までに80億ドルを超えると予想される

 

参考記事

Bobacino Announces Strategic R&D Partnership with Boba Guys to Accelerate the Development of Fully Automated Robotic Boba Shops

https://waxinvest.com/projects/bobacino/

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Bobacino

 

関連記事

  1. カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの…
  2. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…
  3. RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開…
  4. リング型カクテルメーカーBarsys 360|自宅のミクソロジー…
  5. Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業…
  6. スーパー・薬局が自宅までやってくる!Robomartの移動型スー…
  7. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  8. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Motif FoodWorks、精密発酵による代替タンパク質開発で新たな提携

植物由来食品の味・栄養の改良を目指す米フードテック企業Motif FoodWor…

菌糸体由来肉のMeati Foodsが全米で販売開始、Sprouts Farmers Market全店舗に導入

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは、アメリカのスーパーマーケ…

アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエルRemilkが約11億円を調達

イスラエルを拠点とするRemilkがシリーズAラウンドで11…

廃水を活用して菌糸体タンパク質を開発するHyfé Foods、スケールアップを前倒しで完了

代替タンパク質などの必需品を持続可能な方法で生産するアメリカの気候テック企業Hy…

コカ・コーラ、ペットボトルなど容器を回収するリバース自販機を発表

写真はOlynsがデザイン、開発したOlyns Cubeコカ・コーラは今月、…

二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnologiesがパイロット工場を開設

オーストリアのスタートアップ企業Arkeon Biotechnologiesは今…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP