Foovo Deep

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

 

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の開発に挑戦している。

現在、フードテック業界で密かに熱いのが従来の動物由来着色料または合成着色料に代わるビーガンな代替着色料だ。そのリストに新たにMichromaが加わった。同社は菌類由来の熱に安定な赤色着色料を開発している。

クリスパーで実現した機能性に優れた菌類由来の着色料

出典:Michroma

Michromaは、合成生物学と発酵技術を活用して、菌類由来の着色料を開発している。

同社のホームページには現時点では情報はないが、Ingredients Network.comには「菌類のバイオファクトリーと精密発酵により素材の生産方法を改革し、サステイナブルで費用対効果が良く、スケーラブルな方法で次世代の天然素材を生産する」と書かれている。

同社最初の商品は、pHと熱に安定で、ビーガンかつコーシャ、ハラールに対応した赤色着色料となる。

Michromaはクリスパーキャスナインというゲノム編集技術によって糸状の非GMOな独自菌株を開発した。

出典:Michroma

この菌類を活用し、バイオリアクターの中で栄養を与えることで菌類に着色料を生産させる。菌類が培地中に分泌した着色料をろ過、乾燥し、濃縮させて最終産物とする。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 古細菌の力で二酸化炭素をタンパク質に変換|オーストリア企業Ark…
  2. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  3. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  4. 生鮮食品と花の鮮度を保持するコンテナを開発したRipeLocke…
  5. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画…
  6. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  7. 米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖…
  8. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…

おすすめ記事

世界初!アレフ・ファームズが3Dプリンターで培養リブロース肉を開発

イスラエルのアレフ・ファームズ(Aleph Farms)が培養リブロース肉の3D…

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

植物工場のスプレッドが40億円を調達、代替肉・いちごの新規事業を加速

京都を拠点とする植物工場スタートアップのスプレッドは今月、シリーズAラウンドで4…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/28 20:05時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/28 13:42時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(11/28 06:07時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/28 16:02時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP