Foovo Deep

菌類由来の熱安定性に優れたビーガン着色料を開発するMichromaとは

 

アルゼンチンのMichroma(ミクロマ)は菌類を活用してビーガンな赤色着色料の開発に挑戦している。

現在、フードテック業界で密かに熱いのが従来の動物由来着色料または合成着色料に代わるビーガンな代替着色料だ。そのリストに新たにMichromaが加わった。同社は菌類由来の熱に安定な赤色着色料を開発している。

クリスパーで実現した機能性に優れた菌類由来の着色料

出典:Michroma

Michromaは、合成生物学と発酵技術を活用して、菌類由来の着色料を開発している。

同社のホームページには現時点では情報はないが、Ingredients Network.comには「菌類のバイオファクトリーと精密発酵により素材の生産方法を改革し、サステイナブルで費用対効果が良く、スケーラブルな方法で次世代の天然素材を生産する」と書かれている。

同社最初の商品は、pHと熱に安定で、ビーガンかつコーシャ、ハラールに対応した赤色着色料となる。

Michromaはクリスパーキャスナインというゲノム編集技術によって糸状の非GMOな独自菌株を開発した。

出典:Michroma

この菌類を活用し、バイオリアクターの中で栄養を与えることで菌類に着色料を生産させる。菌類が培地中に分泌した着色料をろ過、乾燥し、濃縮させて最終産物とする。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 精密発酵により代替タンパク質を開発する企業23社
  2. 菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会…
  3. ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パー…
  4. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  5. 植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を…
  6. 単細胞タンパク質を開発する独MicroHarvest、ポルトガル…
  7. アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、…
  8. 精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドイツのPlanet A Foodsが代替チョコレートをスーパーに初導入

持続可能な代替チョコレートを開発するドイツ企業Planet A Foods(旧称…

培養魚のBLUU Seafoodが約24億円を調達、年内にパイロット工場稼働へ

ドイツの培養シーフード企業BLUU Seafoodは先月、シリーズAラウンドで1…

培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソーセージのスケールアップ生産を完了

植物性原料を使った代替肉が普及するなか、代替肉をより本物に近づける試みとして、細…

米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミート…

世界初!米Biomilqが細胞培養でヒトの母乳を体外で作製することに成功

ノースカロライナ州を拠点とするスタートアップ企業Biomilqが、ヒトの母乳を体…

MycorenaとRevo Foodsが3Dプリント用マイコプロテインの開発で約2.1億円の欧州助成金を獲得

マイコプロテインで代替肉や代替バターを開発するスウェーデン企業Mycorenaは…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP