Foovo Deep

微生物発酵でシーフードを開発するAqua Cultured Foods、2022年の市場投入を目指す

 

アメリカを拠点とするAqua Cultured Foodsは、微生物発酵技術によりシーフードを開発している。プラントベースあるいは細胞ベースで代替シーフードを開発する企業は増えているが、微生物発酵で塊状(ホールカット)のシーフードを開発する試みは新しい。

Aqua Cultured Foodsはスズキ、タラ、マグロ、ポップコーンエビ、イカを開発中で、2022年初頭の市場投入を目指している。最終的にはレストラン、小売への展開を目指している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉…
  2. Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.…
  3. フードテックで注目|精密発酵セミナー開催のお知らせ
  4. Nature’s Fyndの微生物発酵によるタンパク質「Fy」が…
  5. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  6. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  7. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  8. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…

おすすめ記事

植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約155億円を調達

3Dプリンターによる代替肉を開発するイスラエル企業Redefine Meatが1…

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

カクテルに3DプリントするPrint a Drink、企業向けの小型3Dプリンターを開発

フード3Dプリンターという言葉を聞いたことある人は少なくないだろう。工業…

インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け準備

代表的な米代替肉企業インポッシブルフーズが1年以内に株式上場すると言われるなか、…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、2020年の約1.6倍に成長

代替タンパク質の普及を推進する非営利団体Good Food Institute(…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 17:58時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/21 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP