代替プロテイン

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

>> <<

 

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを600万ユーロ(約7億9000万円)でクローズしたことを発表した。

このラウンドはBlue Horizon VenturesNovo SeedsVækstfondenNordic Food Techのほか、エンジェル投資家Giampaolo Cagnin氏が参加した。

この調達により、これまでの調達総額は790万ユーロ(約10億円)となる。

Chromologicsは真菌を発酵させて赤色着色料を開発するデンマークのスタートアップ。

精密発酵という近年注目される技術によって生成される着色料は、ヴィーガン、コーシャ、ハラールの食事にも使用できるため、カルミンなど動物をベースにした着色料よりも幅広いニーズに対応できるものとして期待される。

出典:Chromologics

精密発酵では通常、目的のタンパク質を作るよう遺伝子組換えされた微生物を生産工場として、目的タンパク質を生成させる。

代表的な例がアメリカのパーフェクトデイで、同社は遺伝子組換えした酵母を用いて乳タンパク質を製造している。

これに対し、Chromologicsは遺伝子組換えされていない微生物を使用する。

発酵が完了すれば、着色料と微生物は分離され、着色料のみを処理する。

「最終的に残る赤色着色料にはアレルギーを引き起こすタンパク質は一切含まれません」(CEOのGerit Tolborg氏)

Chromologicsによると、同社の赤色着色料ChromoRedはカルミンと同様の安定性を持ち、pH、温度に安定で、味や匂いはなく、水に溶ける性質を持つ。

微生物発酵で生産するため、室内で年間を通じて安定した製造が可能となり、気候の影響を受けない。

植物ベースの着色料と比較して、原料を栽培するための多くの土地や水を必要とせず、サステイナブルな着色料となる。

ChromoRedを使ったマフィン 出典:Chromologics

この20年で、天然着色料市場は合成着色料を上回り、着色料の主流となりつつある。しかし、天然着色料にはいくつかの課題が指摘される。

その1つが、エンジムシの雌の体から得られるカルミンが、動物由来であるためヴィーガンには対応できないことだ。

これに対し、植物ベースの着色料の場合、光、pH、温度が色合いに影響を及ぼす可能性があり、安定性の課題が指摘される。

Chromologicsの微生物ベースの着色料は、動物由来成分を含まず、植物ベースの着色料より安定であることから、新しい着色料として今後の成長が注目される。

同社は現在、アメリカとヨーロッパでの許認可取得に向けて取り組んでいる。

今回調達した資金で、承認作業を早め、生産を産業規模までスケールアップするほか、潜在クライアントとの交渉を進める。この調達で、さらに多くの食品企業と交渉し、発酵着色料の試験運用を進めたい考えだ。

現在は赤色の発酵着色料を可能な限り早期に市場へ出すことに注力しているが、長期的には黄色やオレンジ色などほかの製品開発もしたい考えを明らかにしている。

 

参考記事

Chromologics: Precision fermentation addresses ‘main challenges’ facing natural colours

Chromologics in a €6M seed round from Blue Horizon Ventures, Novo Seeds and Nordic Food Tech.

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Chromologics

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogen…
  2. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  3. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…
  4. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  5. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…
  6. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  7. 植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円…
  8. スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉…

おすすめ記事

農業に塩水を活用するRed Sea Farmsが約17億円を調達、北米展開も視野に

作物の栽培に塩水を活用するRed Sea FarmsがシリーズAで600万ドル(…

培養肉企業インテグリカルチャーによる 「CulNetコンソーシアム」が本格始動、細胞農業の社会実装を目指す

日本を代表する培養肉企業インテグリカルチャーによる細胞農業オープンイノベーション…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP