新しい食

精密発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約18億円を調達

 

精密発酵により天然の赤色着色料を開発するデンマーク企業Chromologicsは、シードラウンドで710万ユーロ(約10億円)を追加調達し、総額1260万ユーロ(約18億円)を調達したことを発表した

Chromologicsは調達した資金で、赤色着色料「Natu.Red」の商用化を加速させる。

今回のラウンドには、食品・飲料向け原料のリーディングカンパニーであるドイツ企業Doehlerの投資部門Doehler VenturesThia Venturesが新たに参加した。

Doehler Venturesは、「この種の持続可能な天然原料には競走上の優位性があり、Doehlerグループの完全なネットワークと知見を提供する準備ができています」と述べ、精密発酵による着色料の開発と商用化でChromologicsを支援する姿勢を示している。

Gerit Tolborg氏(左)とAnders Ødum氏(右) 出典:Chromologics

Chromologicsは、Gerit Tolborg氏Anders Ødum氏によって2017年に設立された。大学のスピンオフとして始まった同社は、現在は研究施設・パイロット生産施設を有している。

Chromologicsは精密発酵を使用した独自のプロセスで、食品・飲料メーカーに向けて環境に優しく、コスト競争力のある安定した着色料を開発している。同社の最初の製品となる「Natu.Red」は、pHと温度の影響を受けない安定なもので、水溶性かつ無味のビーガンな着色料となる。

Chromologicsはプレスリリースの中で「Natu.Redの最初の数百キロのスケールアップと生産の成功、そして当局による承認の見通しから、商用開発を加速する必要があります」と述べ、「Natu.Red」の数百キロの生産に成功していることに言及している。

Chromologicsは今後、承認申請の手続きを進め、商用生産ラインを確立し、開発する着色料を拡大していくとしている。

出典:Chromologics

精密発酵による天然着色料を開発する企業としては、アメリカとアルゼンチンに拠点を構えるMichromaも今年、シードラウンドで約8億4000万円を調達した。Michroma のラウンドでも、General Millsが支援するSupply Change Capital、韓国のCJ第一製糖など食品メーカーが出資した。

食品メーカーや原料サプライヤーによる精密発酵企業への出資は、特定成分を効率的に生産する精密発酵技術に対する注目度の高さを表している。精密発酵により乳タンパク質、卵白タンパク質、着色料、脂肪を開発するスタートアップは増加しており、アメリカ、シンガポールで上市が進んでいる。

 

参考記事

Chromologics raises additional funding, bringing the series seed to a total of EUR 12.6 M, and welcomes two new investors Doehler Ventures and Thia Ventures

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Chromologics

 

関連記事

  1. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  2. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…
  3. 二酸化炭素と水からウォッカを開発する米スタートアップAir Co…
  4. カカオのアップサイクルに取り組むKoaが約21億円を調達、廃棄カ…
  5. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  6. 【2024年1月16日】Foovo初の現地セミナー開催のお知らせ…
  7. FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認
  8. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億円を調達

微生物発酵により着色料を開発するChromologicsが、シードラウンドを60…

オランダ、培養肉の承認前試食の実施を認める 年内に試食会実施へ

オランダ政府は今月5日、限られた条件下において、培養肉・培養シーフードの試食がま…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発

イスラエルのChickPが、ひよこ豆を原料とした植物性マヨネーズを開発した。…

独GoodBytzが開発した1日3,000食を調理できるロボットキッチン

ドイツのスタートアップ企業GoodBytzは、1日最大3,000食を調理できるロ…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/21 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP