Foovo Deep

  1. 米Wild Earth、2023年に細胞培養によるペットフード製品を市販予定

    細胞培養で代替ペットフードを開発するWild Earthは先月、細胞由来のミートブロススープを開発し、2023年に発売予定であることを発表した。同社の細胞由来の鶏がらスープは、ペットフード業界で最初に導入される培…

  2. ScaleUp Bio 、食品用途の2つの精密発酵施設を来年シンガポールで開設

    精密発酵の受託製造を行うシンガポール企業ScaleUp Bioは、2023年中に…

  3. シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2022)参加レポート(代替タンパク質にフォーカス)

    2022年10月26日~28日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズにある…

  4. ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

    二酸化炭素と微生物を活用して代替タンパク質ソレインを開発するソーラーフーズ(So…

  5. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表

    培養魚を開発する米ブルーナル(BlueNalu)は、大量生産に向けた運用コスト・…

  6. Change FoodsがUAEへの精密発酵タンパク質の工場計画を発表

  7. マイコプロテインの英ENOUGHが年産1万トンの工場をオランダに建設、年内上市を計画

  8. The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を使ったアルコール飲料を発売

  9. 昆虫で食品廃棄物をアップサイクルするLIVIN Farmsが約8.5億円を調達

  10. レタスを活用して乳タンパク質を開発するイスラエル企業Pigmentum

  11. オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン

最新記事

PAGE TOP