代替プロテイン

インドEvo Foodsが代替卵を年内に販売開始、2021年4月に米国進出へ

>> <<

代替卵市場の競争が激しくなりそうだ。

インド発の代替卵スタートアップEvo Foodsは今年、植物ベースの代替卵(植物卵)の販売を年内に開始することを発表した。オンラインショップやレストランを通じて、全インドで販売する。

次のターゲットは米国市場で、2021年4月までに米国進出を考えている。

Evo Foodsは2019年に設立されたフードテックのスタートアップ。アジア初の代替卵メーカーだ。

インド・ムンバイを拠点とする同社は、レンズ豆から抽出した植物性プロテインを使って100%植物由来の液卵を開発している。

出典:Evo Foods

同社の代替卵は、本物の卵に対抗できる価格帯で販売される予定。抗生物質を使用せず、コレステロール・動物性食品を一切含まない。

自社のオンラインストアで販売するほか、ムンバイ、デリー、ベンガルールのレストランと提携して販売する予定。

最初の海外進出は米国に狙いを定めており、2021年4月までの進出を目指す。ニューヨーク市のレストランとパイロット・テスト実施について交渉中だという。

Evo Foodsの代替卵は、現在は冷蔵が必要で、賞味期限は6ヶ月。今後はさらに開発をつづけ、冷蔵庫を使うための電気にアクセスできないアジアの発展途上国における問題を解決するため、常温保存可能にしたいと考えている。

プレシードで約3500万円を調達

同社は今年8月末のプレシードで、エンジェル投資家でありWild Earthの共同創業者のRyan Bethencourt(ライアン・ベザンコート)、Shiok Meats創業者のSandhya Sriram、ヴィーガン投資信託のVegInvest、Big Idea Venturesから資金を調達している。調達総額は33万5000ドル(約3500万円)。

出典:Evo Foods

Ryan BethencourtはシンガポールのShiok Meatsに出資しているほか、AngeliList初のローリングファンドとなるサステイナブル・フード・ベンチャー立ち上げを発表したばかり。

次々に登場する代替卵プレーヤー

注目を集めるEvo Foodsだが、グローバル展開を狙うのはEvo Foodsだけではない。

競合となるイート・ジャストは先月、全米での販売網拡大を発表。すでに中国市場へも進出している。中国ECサイトでの販売を展開するほか、今月には上海に料理スタジオを開設するなど、着実に販売網を広げている。

同じく代替卵のイスラエルのスタートアップZero Eggは米国進出を進めている。

グローバル展開はまだ不明だが、フランスのLes Merveilloeufsは卵黄と卵白を再現できるという、これまでの液卵とは異なる代替卵を開発している。

 

参考記事

India’s Evo Foods To Debut Plant-Based Liquid Egg This Year, Plans U.S. Expansion

Israeli-startup-Zero-Egg-enters-US-market-with-b2b-launch-of-plant-based-egg-replacement

Crunchbase

アイキャッチ画像の出典:Evo Foods

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラ…
  2. 韓国の培養肉企業SeaWithは2022年末までにレストランでの…
  3. 菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods
  4. 3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが…
  5. ショウジョウバエで成長因子を開発し、培養肉のコスト削減に挑むFu…
  6. 卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foo…
  7. チリのフードテックNotCoが約89億円の資金調達に成功、米国進…
  8. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…

おすすめ記事

農家に植物の「内なる声」を伝えるInnerPlantが約6.2億円を調達、植物のSOSを事前にキャッチ

自らSOSを発する「センサー植物」を開発するInnerPlantがプレシード、シ…

おいしい水分補給の実現を目指すCirkulが約32億円を調達

美味しい水分補給の実現を目指すCirkulが、シリーズBラウンドで3000万ドル…

精密発酵でアニマルフリーなチーズを開発する独Formoが約55億円を調達

微生物発酵でアニマルフリーなチーズを開発するドイツ企業FormoがシリーズAで5…

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シード…

精密発酵により代替タンパク質を開発する企業24社

微生物発酵は、代替タンパク質における第3の柱として注目される。発酵ベースのタンパ…

植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性の伸びるチーズと霜降り肉技術の使用権を獲得

Motif FoodWorksは植物肉・植物チーズをより本物に近づける技術の独占…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP