代替プロテイン

ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売

スポンサーリンク

ビヨンドミート(Beyond Meat)は、肉を使わない植物性ソーセージの販売開始を発表した。今月から全米の食料品店で販売する。

販売価格は1パック8個入りで5.99ドル(約630円)。

コロナウイルスの感染が続く中、ビヨンドミートの躍進が続いている。9月には中国に最大の生産拠点建設を発表した。

中国上海のスターバックスにもビヨンドミートの商品が使われている 出典:ロイター

植物由来代替肉に対する需要の高まりは、コロナウイルスのパンデミックにより自宅で食事をする人が増えたほか、これまでの畜産の限界・倫理的問題が浮き彫りになったことも関係している。

ビヨンドミートは続々と商品をリリースしている。ソーセージは2020年4つ目の商品。8月にはD2CのオンラインECサイトを開設した。

今年になってから、朝食用パティヴィーガンバーガー用パティのCookout Classic、そして先月にはミートボール販売を発表。7月にはケンタッキー・フライド・チキン(KFC)と提携した。

朝食用パティ 出典:ビヨンドミート

ヴィーガンバーガー用パティのCookout Classic 出典:ビヨンドミート

ミートボール 出典:ビヨンドミート

新商品のソーセージは、遺伝子組み換え作物、合成着色料などを含まず、これまでのソーセージよりも塩分を40%カットできるという。

ビヨンドミートはカリフォルニアを拠点とする植物性代替肉の大手。2009年に設立された。これまでにビルゲイツ、タイソンフーズなどから資金を調達している。

 

参考記事

Beyond Meat Serves Up New Sausage Links

Beyond Meat launches new breakfast sausage links across US

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  2. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  3. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  4. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  5. 植物性ペットフードV-planetが日本、韓国で発売を開始
  6. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルクを発表、2021年に研究…
  7. 大豆ミートを食べてみた感想【意外とおいしい】
  8. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…

おすすめ記事

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2020に初登場!

スマートキッチンサミット2020には10社のスタートアップが登場した。そ…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土への展開を狙う

中国の植物肉ブランドHey MaetはShuangta Food(双塔食品)より資金調達に成功したと…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発

香港のスタートアップIXON Food Technologyは画期的な食品保存方…

イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉の協業も

植物性代替卵のイート・ジャストがアジア進出拡大に乗り出した。投資機関Proterraから1億…

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP