代替プロテイン

シンガポールFloat FoodsがインドネシアにフードインキュベーターNEWFOOD Startup 2020設立を発表

 

シンガポールの植物由来食品スタートアップFloat Foodsは、フードインキュベーターUltra Indonesiaと提携して、植物性フードインキュベーターNEWFOOD Startup 2020をインドネシアに設立した。

インドネシアで高まる植物由来食品の需要にこたえるために、開発のスピードアップを支援する。

NEWFOOD Startup 2020はインドネシア初の越境フードインキュベーターとなる。

プログラムには、植物由来食品を開発するインドネシア企業が参加する。対象は、植物性の代替肉・代替乳製品、代替プロテイン技術、包装ソルーションなどの分野に関わるフードテック企業。トップ10の企業は、約260万円(25000ドル)の資金援助を受ける。

出典:NEWFOOD Startup 2020

新型コロナウイルスのパンデミックによって、安全で健康な食品に対するニーズは急激に高まった。NEWFOOD Startup 2020の設立は、こうした人々の植物性食品へのニーズの高まりにこたえるためだ。

インドネシアで最近実施された世論調査では、植物性プロテインへの関心と植物性食品への切り替えを希望する声はいずれも高く、買い物客の約4分の1は今後もベジタリアンフードを選ぶことが示されている。

こうした植物性プロテインへの関心の高まりには、食肉工場におけるコロナウイルスのクラスター発生のほかに、従来の食肉加工工場の安全面・倫理面に対する問題意識も関係している。

ここ数年、インドネシアの植物性プロテイン市場は爆発的に成長を遂げており、アジア太平洋全体についていえば、2020年から2025年までの植物性プロテイン市場はCAGR(年平均成長率)が6%に達すると予想されている。

NEWFOOD Startup 2020のプログラムはすべてオンラインで実施される。登録は2020年9月25日まで。

最終的に11月16-17日のオンラインデモでTOP10が選出され、各社約260万円の資金援助を受ける。

 

参考記事:

Plant-Based Incubator NEW FOOD Startup 2020 Launches In Indonesia

Singapore’s Float Foods Unveils a Plant-Based Food Incubator for Indonesia

NEWFOOD Startup 2020

Asia-Pacific Plant Protein Market – Analysis of Growth, Trends, and Progress (2020 – 2025)

関連記事

  1. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  2. 精密発酵タンパク質のB2B生産プラットフォームを開発するFerm…
  3. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  4. 精密発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが…
  5. ドイツの培養脂肪Cultimate Foodsが約1億円を調達、…
  6. イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを…
  7. 精密発酵カゼインで乳製品業界の変革を目指すFermifyが約6.…
  8. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Alt Farmは3Dプリンターで作った植物代替和牛で2023年の上市を計画

香港科技大学からうまれたAlt Farmは3Dプリンター技術の活用を進める会社で…

KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

シンガポールのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が植物肉バーガーを期間限定…

イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試作品を発表

イスラエルの培養魚企業Forsea Foodsが培養うなぎの開発に成功し、初とな…

チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョコレート製品を発売

米チョコレート大手のマースは16日、精密発酵で開発されたアニマルフリーな乳タンパ…

モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研究者が論文を発表

オランダの培養肉スタートアップ企業モサミートは今月13日、ウシ胎児血清(FBS)…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP