アグテック

フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 2020が13日から3日間オンライン開催

 

2020年10月13日―15日にSmart Kitchen Summit 2020(SKS2020、スマートキッチンサミット2020)が開催される。

SKSとは、フードテック専門米メディアThe Spoonが毎年10月に主催するフードテックの展示会。

今年は初のオンライン開催となる。

参加費用は次のとおり。

General Admission:395ドル すべてのセッション、展示エリアに参加可能。
Startup Exhibitor Pass:895ドル 参加に加え、出展費用を含む。プレシード/エンジェル/シードラウンドのスタートアップであれば自社の商品を展示できる。

 

登壇するゲストは、

インポッシブル・フーズのPat Brown

Eat JUST(植物性代替卵)のJosh Tetrick

サイドシェフ(料理アプリ)のKevin Yu

Pairwise(Crisprを使った食品改良)のTom Adams

Wild Type(細胞培養による寿司用サーモン)のJustin Kolbeck

NOVAMEAT(3Dプリントによるステーキ)のGiuseppe Scionti

Motif Foodworks(代替肉)のMike Leonard

Higher Steaks(細胞培養によるベーコン、豚バラ肉)のBenjamina Bolag

Tovala(スマートオーブン)のDavid Rabie

DishCraft(皿洗いロボット)のLinda Pouliot

など多数。

 

今年のSKSで見られるものには、

などがあり、選りすぐりのスタートアップ10社の展示は要チェックだ。

また、参加しているフードテック各社と商談もできる。

参加費395ドルには、The Spoonの有料情報「Plus」の購読料金も含まれており、SKS2020に参加すると、無料版では得られない有料情報にも1年間アクセスできる。

海外からの参加で動画を見られなくても、The Spoonで動画をオンデマンドで見られるという。

SKS2020の申込はこちらから。

 

関連記事

  1. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…
  2. 【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等…
  3. 大手乳業メーカーLeprino FoodsとオランダのFoodi…
  4. 代替母乳を開発するTurtleTreeがシリーズAで約34億円を…
  5. 植物の葉緑体を活用して成長因子を開発するBright Biote…
  6. 精密発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約18億…
  7. オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pure…
  8. 3Dプリンターを活用する上海企業CellXが培養豚肉のサンプルを…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Change Foodsが約13億円を調達、精密発酵の市場投入を加速するパートナーシップを締結

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsは、シードラウンドで追加の…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

チェコの培養肉企業Mewery、チェコ政府から約3200万円の助成金を獲得

微細藻類を活用して培養豚肉を開発するチェコのスタートアップ企業Meweryが、チ…

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

クラフト・ハインツがカスタマイズ可能なソースディスペンサーHEINZ REMIXを発表

グローバルな食品メーカー・クラフト・ハインツは、同社初のカスタマイズ可能なソース…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/20 13:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP