代替プロテイン

香港の代替肉企業グリーンマンデーが植物ベースの代替魚に参入!

 

香港発の代替肉スタートアップ企業グリーンマンデーが、代替豚肉に続いて代替魚に参入する。

グリーンマンデー傘下のフードテック部門であるオムニフーズが、植物ベースの代替シーフードの新しいラインナップを発表した。

「ビヨンドミート」のアジア版グリーンマンデー

出典:グリーンマンデー

グリーンマンデーはアジアを代表する香港の代替肉企業。これまでに中国、マカオ、イギリス、日本、シンガポール、タイ、オーストラリアなどに進出している。

主力製品はえんどう豆、大豆、米、しいたけをベースとするオムニポーク(OmniPork)。

商品名「オムニポーク」が示すとおり、「豚肉」の代替品に特化して、ひき肉、ランチョンミート(オムニランチョン)、細切り肉(オムニポークストライプ)などさまざまな商品を開発している。

レストラン、小売で展開するほか、上海とシンガポールにはプラントベース食品を扱うヴィーガンカフェ「GreenCommon」をオープンしている。

昨年の香港・マカオに続き、今年3月には中国主要都市のマクドナルドに導入されるなど、ビヨンドミートの「アジア版」ともいえる展開をみせている。

オムニシーフード、8-9月に小売で販売

出典:グリーンマンデー

今回発表された代替魚オムニシーフード(OmniSeafood)シリーズは、魚の切り身、バーガー、サーモン、缶詰ツナ、クラブケーキなど6製品。

オムニポークシリーズと同様、えんどう豆、大豆、米のタンパク質をベースに作られている。

記者会見でCEOのDavid Yeung氏は次のようにコメントしている。

「3年前にオムニポークを開発してから、プラントベースのシーフードをいつ開発するのか常に聞かれました。」(David Yeung氏)

オムニシーフードは香港のレストランに導入されたのち、8月または9月に小売で販売される予定

これまでの代替豚肉の展開と同様、グリーンマンデーは香港でリリース後に海外展開を考えている。

対象国は、中国本土東南アジアオーストラリアイギリスをあげており、今後数ヵ月のうちに海外進出することが予想される。

世界シーフードの2/3はアジアで消費

乱獲される魚資源の量は、1980年の13%から2017年には34%と2倍に増えている。

乱獲による個体数の減少によって、このままいくと、2048年には魚はいなくなると言われている。

特にアジアはシーフードの3分の2以上を消費しており、2017年のデータによると、1人当たりの年間魚介消費量は、中国が38.1kg、韓国が54.97kg、日本が45.4kgなどアジア圏が突出して多い。

Yeung氏は、シーフード需要の73%がアジアであることに触れ、アジア企業としてこの地域で需要の高い豚肉に続き、代替シーフードに取り組む必然性があることをコメントしている。

プラントベース食品全体では代替魚のシェアはまだ小さいものの、魚介消費量は過去50年間で4倍に増えており、GFIは代替シーフード市場には「空白」があるとしている。

こうした高まる魚介消費のニーズにこたえつつ、海洋を守る新たな手段として最近では、代替シーフードに取り組む企業の台頭が目立つ。

アメリカではGood CatchOcean Hugger FoodsKuleanaNew Wave Foodsなどが植物シーフードで市場に参入している。ヨーロッパではHooked、3Dプリンターを活用するRevo Foodsといった企業も登場している。

先日には培養魚を開発するFinless Foodsが植物マグロへの参入を発表した。

代替シーフード分野では植物性に限らず、細胞培養により培養魚を作る企業も登場している。

アメリカのBlueNaluCultured Decadence、香港のAvant Meat、シンガポールのShiok Meats、ドイツのBluu Biosciencesなどがいる。

出典:グリーンマンデー

こうした企業と比べ、グリーンマンデーの優位性はすでに幅広い販路を確立していることだろう。

これまでに10カ国以上に進出しており、今年になってからイギリス、アメリカを攻めるなど、進出が止まらない

すでに確立してあるオムニポークの販路でオムニシーフードを販売すれば、一挙に市場へ投入していくと予想される。

代替シーフードにはネスレタイ・ユニオンなど大手企業も参入しており、市場の空白を狙って、競争が激化していくことは間違いない。

 

参考記事

Breaking: Green Monday Food Tech OmniFoods Debuts OmniSeafood Plant-Based Fish Range With Fillet, Tuna, Crab Cakes & Salmon

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:グリーンマンデー

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画
  2. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  3. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  4. ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200…
  5. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  6. ビヨンドミートとペプシコがジョイントベンチャーThe PLANe…
  7. 牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia
  8. Back of the Yards Algae Sciences…

おすすめ記事

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の…

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、パイロット工場の建設へ

シリコンバレーを拠点とする細胞農業スタートアップのMission Barnsがシ…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/05 18:34時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/06 12:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(07/05 23:47時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/06 14:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP