代替プロテイン

【8/24】注目のフードテックベンチャー・ネクストミーツ社佐々木代表のセミナー開催のお知らせ

>> <<

 

↓↓↓↓↓↓

セミナー登録はこちらから
受付は終了しました

■登壇者

佐々木英之氏|ネクストミーツ株式会社 代表取締役

 

1980年生まれ。早くから起業した経験を活かし、海外に目を向け、中国のイノベーション都市・深センにて12年間さまざまな事業に携わる。
大企業向けのアクセラレータプログラムや、メディア運営で培った経験を生かし、2020年6月に現・取締役会長の白井とネクストミーツを共同創業、現職に至る。
焼肉ライクでの販売やユーグレナとのコラボなどで国内外のメディアで話題となる。刻一刻と悪化の一途をたどる気候変動に立ち向かうべく、日夜代替肉事業に取り組んでいる。

 

■セミナー概要

テーマ:爆速で環境問題解決に取り組むフードテックベンチャー・ネクストミーツの今後の展望

日時 2021/8/24(火)14:00 – 15:30
講師 ネクストミーツ株式会社代表 佐々木英之氏
会場 オンライン(Zoomウェビナー)
参加費(税込) 3,500円
対象 食品業界の方、商社の方、代替タンパク質に関心のある方

 

■概要

出典:ネクストミーツ

「地球を終わらせない」を理念に、地球環境の今後を真剣に考えるフードテックベンチャーとして2020年6月に設立されたネクストミーツ

社会問題解決型ベンチャーとして、温室効果ガスの排出量全体の14.5%を占める畜産肉に代わる代替肉を開発し、気候変動など地球規模での問題解決に取り組んでいる。

ネクストミーツ社を一言で表すとすれば「爆速」。

設立からわずか1年でイトーヨーカドーイケア焼肉ライクパレスホテル東京などで取り扱いをスタート。

今年1月にはアメリカで上場(SPACスキームでOTCBB上場)、6月にはアメリカでD2C販売スタート初日に完売。アメリカ以外でもベトナム、シンガポール、台湾、香港など海外10カ国以上に進出している。

4月にはテレビCMも開始、6月には代替卵「NEXT EGG 1.0」を商品化するなど、待ったなしの環境問題解決に向けて、歩みを止めることがない。

ネクストミーツは、現在の代替タンパク質市場をどう見ているのか、そして今後どのような展開を考えているのか?

同社代表の佐々木英之氏にお話いただきます。

 

■お申込方法(受付は終了しました)

セミナー登録はこちらから (クレジットカード支払いのみ)

※口座振込をご希望の方は下記までご連絡ください。折り返し、口座情報をメールでご連絡いたします。contact@foovo.co.jp

 

■参加方法

  • 開催3日前までにメールで参加URLをお送りします。
  • リアルタイムで見られない方向けに、後日アーカイブ配信します。
  • いただいたご質問はセミナー前に佐々木代表にお伝えします。

 

■当日の流れ

  • 佐々木代表講演
  • 質疑応答

 

■主催

主催・運営:フードテック専門メディア「Foovo」(Foovo合同会社)

 

■協賛(スポンサー企業様を募集中)

本運営への協賛・後援いただける団体・企業様を募集しています。

詳しくは下記までご連絡ください。折り返し、協賛ご提案書の資料をお送りいたします。
satoayumi@foovo.co.jp

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  2. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  3. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  4. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  5. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル…
  6. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  7. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  8. 香港グリーン・マンデーが約73億円の資金調達に成功、年内に広東に…

おすすめ記事

iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業MeatableがシリーズAで約50億円を調達

オランダの培養肉企業MeatableはシリーズAラウンドで4700万ドル(約50…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

培養魚のBlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け冷凍食品大手のノマド・フーズと提携

培養魚を開発する米BlueNalu(ブルーナル)がヨーロッパ進出へ向け動き出した…

代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を発表

カリフォルニアを拠点とする代表的な代替肉企業ビヨンド・ミートは、マクドナルドとヤ…

料理の失敗から解放!レシピアプリと調理器をシームレスに連動するスマート調理家電Hestan Cue

ステーキ肉を買ってきたけれど、焼き加減や時間がわからず失敗してしまったことはない…

培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変更、年内に培養鶏肉の販売を目指す

世界で最初に培養肉バーガーを発表し、話題を呼んだオランダ企業モサミートとあわせて…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP