代替プロテイン

イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場の成長を見込む

>> <<

米フードテック企業イート・ジャスト(Eat Just)は、上海に初となるFuture Food Studioをオープンする。

同社が中国に開設する初の料理スタジオとなり、上海の静安嘉里中心(Jing An Kerry Centre)に開設される。

スタジオでは、有名シェフから同社の植物(緑豆)由来の卵ジャスト・エッグ(JUST Egg)の調理方法を学べる。

イート・ジャストは2011年にサンフランシスコに設立されたフードテックのスタートアップ。同社は米国に次いで中国市場に進出しており、2019年5月には中国でジャストエッグの販売を開始している。

スタジオの開設は2020年10月10日―30日の期間限定。申し込みはFuture Food Studioの微信(WeChat)から行うほか、レッスンがない時は予約なしで立ち寄ることも可能だという。

出典:Green Queen

イート・ジャストの新たな試みは、中国での植物食品への関心・ニーズの高まりを表している。特に、コロナウイルスの感染拡大によって、食の安全、健康、食肉サプライチェーンの危険性に対する消費者の関心が高まったことが関係している。

同社は中国市場に大きな成長を見込んでおり、消費者の手が届きやすい価格にジャスト・エッグの値下げを積極的に行っている

出典:Eat Just

実際に、2019年時点では中国のECサイト天猫で1本69元(約1060円)だったジャストエッグが、現在では49元(約760円)で販売されている。

出典:天猫

中国市場へ進出するのはイート・ジャストだけでない。

ビヨンド・ミートは中国でKFC、ピザハットなどファーストフード店を多数展開するヤム・チャイナ(Yum China)と提携し、ビヨンド・バーガーの販売を開始している。

スターバックスでは代替豚肉ブランド・オムニポークや、ビヨンド・ミートの代替肉、オートリ―(Oatly)の代替ミルクを使用したメニューが全国的に提供されている。

イート・ジャストは今月、全米での販売網拡大を発表したばかり。9月末には同社の製品が1万7000店を超える店頭に並ぶ。

植物由来食品メーカーの激しい競争が、アメリカから中国へ移行するのは間違いない。

 

参考記事:

“China To Account For Large Part Of Future Growth”: Eat Just Opens Country’s First Plant-Based Culinary Studio

Eat Just Opens Vegan Culinary Studio in China

 

 

アイキャッチ画像の出典:Eat Just

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fyn…
  2. 培養魚スタートアップのFinless Foodsが植物性マグロに…
  3. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  4. 微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Gel…
  5. 微生物でタンパク質を開発するNature’s Fyndが約385…
  6. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  7. 他社の発酵製品の市場投入を早めるSolar Biotechが約2…
  8. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…

おすすめ記事

食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaとは

スウェーデンの代替肉企業Mycorenaは、廃棄される植物をアップサイクルして、…

食品ロスに取り組むToo Good To Goが約31億円を調達、米国での進出拡大へ

フードロスに取り組むデンマーク企業Too Good To Goが2570万ユーロ…

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

酵母で油脂を開発するMelt&Marbleが約9600万円のシード資金を調達

発酵技術により油脂を開発するスウェーデン企業Melt&Marbleが、シ…

食肉生産者を培養肉生産者に変えるドイツ企業Innocent Meatの「Clean meat as a service」

培養肉はクリーンミート、細胞培養肉とも言われ、動物を殺さずに食肉を生産する新たな…

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/17 14:38時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/17 08:30時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/17 19:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP