代替プロテイン

イート・ジャストが中国上海に初の料理スタジオをオープン、中国市場の成長を見込む

米フードテック企業イート・ジャスト(Eat Just)は、上海に初となるFuture Food Studioをオープンする。

同社が中国に開設する初の料理スタジオとなり、上海の静安嘉里中心(Jing An Kerry Centre)に開設される。

スタジオでは、有名シェフから同社の植物(緑豆)由来の卵ジャスト・エッグ(JUST Egg)の調理方法を学べる。

イート・ジャストは2011年にサンフランシスコに設立されたフードテックのスタートアップ。同社は米国に次いで中国市場に進出しており、2019年5月には中国でジャストエッグの販売を開始している。

スタジオの開設は2020年10月10日―30日の期間限定。申し込みはFuture Food Studioの微信(WeChat)から行うほか、レッスンがない時は予約なしで立ち寄ることも可能だという。

出典:Green Queen

イート・ジャストの新たな試みは、中国での植物食品への関心・ニーズの高まりを表している。特に、コロナウイルスの感染拡大によって、食の安全、健康、食肉サプライチェーンの危険性に対する消費者の関心が高まったことが関係している。

同社は中国市場に大きな成長を見込んでおり、消費者の手が届きやすい価格にジャスト・エッグの値下げを積極的に行っている

出典:Eat Just

実際に、2019年時点では中国のECサイト天猫で1本69元(約1060円)だったジャストエッグが、現在では49元(約760円)で販売されている。

出典:天猫

中国市場へ進出するのはイート・ジャストだけでない。

ビヨンド・ミートは中国でKFC、ピザハットなどファーストフード店を多数展開するヤム・チャイナ(Yum China)と提携し、ビヨンド・バーガーの販売を開始している。

スターバックスでは代替豚肉ブランド・オムニポークや、ビヨンド・ミートの代替肉、オートリ―(Oatly)の代替ミルクを使用したメニューが全国的に提供されている。

イート・ジャストは今月、全米での販売網拡大を発表したばかり。9月末には同社の製品が1万7000店を超える店頭に並ぶ。

植物由来食品メーカーの激しい競争が、アメリカから中国へ移行するのは間違いない。

 

参考記事:

“China To Account For Large Part Of Future Growth”: Eat Just Opens Country’s First Plant-Based Culinary Studio

Eat Just Opens Vegan Culinary Studio in China

 

 

アイキャッチ画像の出典:Eat Just

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  2. 米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの…
  3. 代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達…
  4. 海藻由来の代替タンパク質を開発する米Trophic|大豆に代わる…
  5. スイスのフードテック企業Plantedが世界初の植物性ケバブを開…
  6. シンガポールFloat Foodsがインドネシアにフードインキュ…
  7. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  8. KFCがシンガポールで植物肉バーガーの販売を期間限定でスタート

おすすめ記事

AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性アイスクリームを発売

代替タンパク質に使われる原料は、大豆、えんどう豆、ひよこ豆から、菌糸体など菌類を…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を資金調達、2021年の市販化を目指す

このニュースのポイント 香港培養肉企業Avan…

ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio

↓ラジオ音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP