代替プロテイン

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが約2億1000万円を調達

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが、プレシードラウンドで200万ドル(約2億1000万円)を調達した。

同社は調達した資金で、食品、ドリンク、スキンケア、医療分野への応用に向けて研究開発を加速する。

動物を殺さないアニマルフリーなコラーゲンとゼラチン

Jellatechは2020年に設立されたノースカロライナ州ローリーを拠点とするスタートアップ企業。

同社は「細胞培養により、動物を殺さずに持続可能なコラーゲンとゼラチンを生産すること」を目標としている。

動物を飼育してコラーゲンとゼラチンを単離して精製する代わりに、Jellatechはバイオリアクターの中で細胞培養によりコラーゲンとゼラチンを生成する。

出典:Jellatech

これは細胞農業と言われるものだが、昨今話題の培養肉と完全に同じ製法ではない。

培養肉の場合、細胞がバイオリアクターの中で成長したものが商品(=培養肉)となるのに対し、Jellatechの場合、細胞は商品にはならない。

バイオリアクターで成長させる細胞が生成するものが商品(=コラーゲン、ゼラチン)となる。

似たスタートアップには、細胞ベースで母乳を開発するBiomilqTurtleTree Labsがある。

こうして生成されるコラーゲンとゼラチンは、動物を成長させるために広大な土地、飼料、飼育施設の必要がなく、商品開発のために動物を出荷したり、屠殺したりする必要もない。

適切な条件を維持できれば、連続生産もできる。

Jellatechの細胞培養によるコラーゲンは、食品、飲料、スキンケア、医薬品などさまざまな分野に利用できる。

コラーゲンとゼラチンの市場規模は35億ドル

出典:Jellatech

動物を殺さずにコラーゲンを作る企業にはGeltorもある。

Geltorは微生物を活用してコラーゲンを開発しており、Jellatechとは異なるアプローチを採用している。

微生物にコラーゲンを作る遺伝子を組み込んで、微生物を生産工場としてコラーゲンを作らせる(精密発酵という)。

微生物発酵の方が安価で効率的ではないのか?というFoodnavigatorの質問について、共同創業者のKylie van Deinsen-Hesp氏は、微生物よりも動物細胞は維持するのに高価で、成長が遅いとしたうえで、次のように回答している。

「(細胞農業は)コラーゲンのように、互いに複合体を形成する複雑なタンパク質を作るのに非常に優れています。この複雑さを微生物に設計するのは容易ではありません」。

出典:Jellatech 共同創業者のKylie van Deinsen-Hesp氏

Geltorの精密発酵によるコラーゲンが複雑さを再現できるかどうかについてはここでは割愛するが、2社とも、従来の動物に頼るコラーゲン・ゼラチンの生産を減らしたいという考えで一致する。

コラーゲンとゼラチンの市場規模は35億ドルといわれ、年9%で成長していくと見込まれており、動物に頼らないコラーゲン・ゼラチン製品は高まる需要だけでなく、環境への負荷が少ない点でも将来性が見込める。

プレスリリースでJellatechは次のように述べている。

「当社は、アニマルフリーなコラーゲンとゼラチン製品を入手したいと切望する潜在的なクライアントやパートナーから多くの問い合わせをいただいています」。

市場にはコラーゲンの代替品として使用される植物ベースの寒天やペクチンがあるが、これらは機能が制限されているため、不十分であるとJellatechは指摘。

これに対し、同社のコラーゲンは動物由来の細胞から作られるため、生物学的に同等であり、動物コラーゲンの「真の代替品」となるとしている。

今月末までに最初のサンプルを出荷

出典:Jellatech Judit Hunyadkurti氏(左)、CEOのStephanie Michelsen氏(中央)、Kylie van Deinsen-Hesp氏(右)

Jellatechは最初のサンプルを今月末までに出荷する。

最初のターゲット市場は化粧品・原料となる予定で、食品・医薬品市場への参入は規制をクリアしてからとなる。

規制上のハードルにもよるが、今後1年~1年半で商品化したいとしており、「食品への応用に向けて、現在FDA規制を調べている」という。

価格が動物製品と同等になるタイムラインについては、「可能な限り早くに同等価格を実現したい」と回答している。

今回のラウンドには、ニューヨーク・シンガポールを拠点とするアクセラレーターBig Idea Ventures、ライアン・ベザンコート氏による代替タンパク質に特化するローリングファンドSustainable Food VenturesIron GreyYellowDog7 Hound VenturesCapital VSentient InvestmentsBluestein Venturesが参加した。

 

参考記事

Jellatech Raises US$2M Pre-Seed To Bring Cell-Based Collagen & Gelatin To Market

Jellatech Raises $2M for Its Animal-Free Collagen and Gelatin

Jellatech carves novel path in alt protein market with animal-free, cell-based collagen, gelatin

アイキャッチ画像の出典:Jellatech

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  2. 藻類で培養肉用培地のコストダウンを図る東京女子医科大学、培養廃液…
  3. イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調…
  4. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  5. 中国の培養肉スタートアップ南京周子未来食品が約3億円を資金調達
  6. スイスの培養肉企業Mirai Foodsがシードで約2億3千万円…
  7. アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市…
  8. 世界初|スペインの乳製品メーカー、細胞農業による乳製品開発を支援…

おすすめ記事

精密発酵により代替タンパク質を開発する企業24社

微生物発酵は、代替タンパク質における第3の柱として注目される。発酵ベースのタンパ…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去10年の投資額の半分が2020年に集中

GFIは、2020年は植物ベースの肉、卵、乳製品など動物性食品に代わる代替品を開…

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

このニュースのポイント●培養肉パイオニアのモサミ…

培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが約1億7000万円を調達、州政府による細胞農業企業への初出資

細胞農業スタートアップのCultured Decadenceがプレシードで160…

6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールへ進出

6つの豆をベースに植物性の代替魚を開発する米Good Catchがシンガポールに…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP

Fatal error: Uncaught wfWAFStorageFileException: Unable to save temporary file for atomic writing. in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php:35 Stack trace: #0 /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php(659): wfWAFStorageFile::atomicFilePutContents('/home/xs648694/...', '<?php exit('Acc...') #1 [internal function]: wfWAFStorageFile->saveConfig('livewaf') #2 {main} thrown in /home/xs648694/foodtech-japan.com/public_html/wp-content/plugins/wordfence/vendor/wordfence/wf-waf/src/lib/storage/file.php on line 35