フードロス

生鮮食品と花の鮮度を保持するコンテナを開発したRipeLockerが約5.3億円を調達、今年夏に商用化へ

 

生鮮食品の鮮度を保持する特別なコンテナを開発するRipeLockerがシリーズBラウンドで500万ドル(約5億3000万円)を調達した。

RipeLockerは特許技術を用いて、コンテナ内の環境(酸素、気圧、二酸化炭素、湿度)を正確に管理して、腐敗しやすい食品の鮮度を数週間~数ヵ月にわたって保持するソリューションを開発している。

コンテナはパレットサイズで積み上げ可能で、貨物船・トラックの冷蔵車に40個入れられる。再利用可能な材料で作られており、何度も使用できる。

出典:RipeLocker

RipeLockerのコンテナは生鮮食品や花の種類に応じて、パラメータ(酸素、気圧、二酸化炭素)を調整する。これらの状況は遠隔でリアルタイムでモニタリングされる。

同社によると、ベリー、ザクロ、チェリー、パパイヤ、フレッシュホップ、花の試験はすでに完了している。

プレスリリースでは、収穫された有機ブルーベリーを初期の新鮮な状態で8週間保持したと報告している。

また、フレッシュホップの保存期間を6週間延ばすことができる。フレッシュホップは非常に傷みやすい植物だが、同社のコンテナを使用すると、収穫時の形、色、香りを保つことができる。

さらにザクロを同社コンテナで5ヵ月保管したのち、家庭用冷蔵庫に1ヵ月ほど入れたところ、呼吸速度が50%遅くなり、色、湿度、全体の品質に損失がなかったという結果も報告されている。

5か月同社コンテナで保管されたザクロ 出典:RipeLocker

国連食糧農業機関(FAO)の報告によると、世界中で毎年約13億トンの食品が廃棄されており、この数は2030年までに21億トンに達すると予想される。

サプライチェーンにおける出荷過程のフードロスを解決できるソリューションがあれば、農作物を農家から遠くまで出荷することができ、農家の収益増にもつながる。

海運は空運や陸運などと比べ、一度に大量の物資を運ぶことができ、単位輸送当たりのCO2や大気汚染物質の排出量が少ないとされる

RipeLockerの公式サイトによると、同社のコンテナを使用すると、農産物や花を空運ではなく海運で出荷できるため、二酸化炭素排出量を1/44に減らせるという。

RipeLockerのコンテナ 出典:RipeLocker

こうした腐敗しやすい食品の出荷方法の改善に取り組むスタートアップ企業はほかにもいる。

ZanyuClean Crop Technologiesは特別なコンテナ内部で電気を使用することで、カビやバクテリアを殺し、食品の保存期間を延ばすソリューションを開発している。

Apeelは、植物由来のスプレーを吹きかけるだけで生鮮品の保存期間を延ばすソリューションを開発。農作物がマーケットに届くまで農作物の鮮度を保持できないという、発展途上国の農家が抱える悩みを解決しようとしている。

TeleSenseは穀物の保管状態をリアルタイムに検知、予測するソリューションを開発。

穀物保管庫に接続されたセンサーが湿度や温度の状態をモニタリングし、腐敗が生じる前に知らせる仕組みとなる。これにより、数週間にわたる輸送中でもコンテナの中の状態を把握し、問題が起きる前に把握できるようになった。

フレッシュホップ 出典:RipeLocker

今回の資金調達は、農業、テクノロジー、海運業界などのエンジェル投資家による出資で、昨年7月のシリーズAの200万ドルに続くもの。同社がこれまでに調達した総額は1200万ドル(約13億円)となる。

RipeLockerによると、同社のコンテナは今年夏に商用化される予定。

さらに、同社の技術によって、食品の貯蔵機関を延長するために通常使用される農薬の使用量を削減できるか検討するために、USDAが試験を開始したことも発表された。

RipeLockerは2016年に設立されたシアトルを拠点とするスタートアップ。

共同創業者George Lobisser氏の息子であるKyle Lobisser氏が設計・エンジニアを担当。Kyle氏はボーイング、アップルに勤務した経験を有し、アップルではiPadなどのデバイス開発に従事していた。

 

参考記事

RipeLocker Raises $5M for its Low Atmosphere Approach to Extending Food Freshness

Fresh blueberries 8 weeks after harvest? RipeLocker raises $5M to extend life of produce with patented containers

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:RipeLocker

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが…
  2. 香港IXON社が肉を2年間常温保存できるASAP技術を開発
  3. フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億90…
  4. 「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発…
  5. 食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf En…
  6. 青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologies…
  7. 漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に…
  8. 廃棄パンからクラフトビールを作る香港企業Breer、4名の香港大…

おすすめ記事

食料品店の救世主!食品廃棄を減らして売上を伸ばすShelf Engineが約44億円を調達

食料品店が直面する食品廃棄・在庫切れ問題を、AIを活用して解決するShelf E…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

インド発!ドーサ、ロティ、ビリヤニを作るMukunda Foodsの自動調理ロボット

日本でも人気の高いインド料理。このインド料理を自宅で手間をかけずに作れる…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

【完全保存版】培養肉ベンチャー企業20社まとめ【2020年】

この記事では、培養肉開発に取り組む国内外のベンチャー企業20社を紹介する。培養肉とは、牛…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP